ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

ミモザ(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取いたします 古美術風光舎)

2022.03.25

 

こんにちは、スタッフMです。

 

昨日は久しぶりに気温も上がり暖かく、天気も良かったので公園へ散歩に出かけました。

 

公園の桜の蕾もピンクに色づき始め、日当たりのよいところは1輪、2輪咲き始めていました。

来週あたりには満開を迎えそうです!

 

 

桜とは関係ないお話になってしまいますが、そのお散歩の途中とても可愛らしいものを見つけました。

 

 

これを見つけた瞬間、とても愛おしく優しい気持ちになりました。

 

「ミモザです。ごじゆうに、おもちかえりください」

 

このメッセージとともに、約10本のミモザがバケツに入って置いてありました。

きっと、幼い子が一生懸命書いてくれたメッセージですよね。

 

とても美しく咲くミモザにも心奪われましたが、そのメッセージにも幸せをお裾分けしてもらった気持ちになりました。

 

こちらのお家のミモザはとても立派で、背の高い木に細かく鮮やかなお花がポンポンと咲き、枝全体が黄色い雲か綿菓子のようにふんわり見えました。

 

ミモザの花言葉は、国や地域によって違いますが、イタリアでは「感謝」だそうです。

女性に感謝を伝えるための花であるところからついたそうです。

 

最初はすみれの花が候補に挙げられていましたが、高価なすみれに対し、ミモザはイタリアに自生する身近な花で、これならば貧富の差に関係なく誰でも身近な女性に感謝の意を表すことができる、とミモザに決まったそうです。

 

イタリアでは日常のちょっとした時にも花を贈る習慣が根付いていて、街のいたるところに花屋があります。

特に3月8日の女性に感謝を伝えるイタリアの記念日「Festa della Donna(=女性の日)」別名「ミモザの日」には街中の花屋にミモザがあふれ、街を歩く人々の手にはミモザが。

夫から妻へ、息子から母へだけではなく、同僚の女性に、常連のお客様に、更には女性同士でもミモザを贈り合います。

もらったミモザは、胸につけたり壁に吊るしたりして大切に飾ります。

 

 

きっとこのお家の方はこのような花言葉まで意識して配っていたわけではないかもしれません。

ただここ最近、暗いニュースが溢れている中でこのような小さな優しさや、幸せが私にとってはとても身に沁みたのです。

 

私が経験したこの小さな幸せが、このブログを読んでくださる皆さまにも届くといいな~と思い、つづりました。こんな風に小さな幸せがもっと増えますように。

 

 

ちなみに余談ですが、ミモザは水落しやすい花=乾燥しやすい花なので、茎を麻紐やラフィアできつく縛り吊るすだけで一週間から10日程度できれいなドライフラワーになります。

花の先端を下に向けて天井から吊るすようにし、新鮮な状態でドライフラワーにすれば、色鮮やかに綺麗に仕上がるそうです。

私ももう少しお花を楽しんだら、ドライフラワーにして大切に残しておきたいと思います。

 

Hello, this is Staff M.

Yesterday, the temperature rose for the first time in a long time and it was warm, and the weather was good, so I went for a walk in the park.

The buds of the cherry blossoms in the park also began to turn pink, and in sunny areas, one and two flowers began to bloom. It looks like it will be in full bloom next week!

 

It’s a story that has nothing to do with cherry blossoms, but I found something very cute during the walk.

The moment I found this, I felt very dear and kind.

 

“This is Mimosa. Please come back to me.”

 

Along with this message, about 10 mimosas were placed in a bucket. I’m sure it’s a message that a young child wrote so hard.I was fascinated by the beautifully blooming mimosa, but I felt that the message also shared happiness.

The mimosa in this house was very splendid, with fine, bright flowers blooming on tall trees, and the entire branch looked fluffy like a yellow cloud or cotton candy.

The flower language of mimosa varies depending on the country or region, but in Italy it is said to be “thank you”. It seems that it came from the place where it is a flower to express gratitude to women.

 

At first, violet flowers were listed as candidates, but for expensive violets, mimosa is a familiar flower that grows naturally in Italy, and if this is the case, everyone will be grateful to the women who are close to them regardless of the difference between rich and poor. It seems that Mimosa has decided that it can represent.

In Italy, the custom of giving flowers even at small times in daily life has taken root, and there are flower shops all over the city.Especially on March 8th, the Italian anniversary “Festa della Donna (= Women’s Day)”, also known as “Mimosa Day”, the florist in the city is full of mimosa, and it is in the hands of people walking in the city. Mimosa.

Not only from husband to wife, from son to mother, but also to female colleagues, regular customers, and even women give mimosas to each other. The mimosa you receive will be carefully decorated by attaching it to your chest or hanging it on the wall.

 

I’m sure this house wasn’t conscious of this kind of flower language.

But lately, in the midst of the dark news, such a little kindness and happiness have become very memorable to me. I hope that this little happiness I experienced will reach everyone who reads this blog, so I spelled it. May you have more little happiness like this.

 

By the way, as an aside, mimosa is a flower that easily drops water = a flower that dries easily, so you can make a beautiful dried flower in about a week to 10 days just by tying the stem tightly with a linen string or raffia.

If you hang the flower from the ceiling with the tip of the flower facing down and make it a dried flower in a fresh state, it will be colorful and beautiful. If I enjoy the flowers a little more, I would like to make them dried flowers and keep them carefully.

 

*********************

 

春は転居などの方も多くいらっしゃる季節ですよね。

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

また風光舎は、出張買取も強化しております。

ご近所はもちろん、愛知県内、岐阜県、三重県その他の県へも出張いたします。

まずは、お電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ