ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

修学院離宮行ってまいりました。(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取いたします 古美術風光舎名古屋店)

2022.05.24

みなさまこんにちは、スタッフYでございます。

 

今回は、先日の修学院の続編でありますが、後から見直しますと写真の出来が今一つが多く、この感動をお伝えすることができるのか…と、思いつつ本日は綴ってまいりたいと思います。

修学院、もとは10世紀後半に修学院という寺が建立したことが名前の由来でありますが、その後明暦元年から2年(1655~1656年)にかけて御水尾上皇によって造営工事がなされた山荘であります。

その後幾度の造営を繰り返しますが、昭和39年には各離宮の間にありました8万㎡に及ぶ水田畑地を買い上げて附属農地とし、景観保持の備えにも万全を期して現在の修学院離宮をなしております。

 

さてさて、中に入ってまいりましょう。

上・中・下の三つの離宮に分かれておりますが、それぞれの離宮にはいるところに門扉がございます。それぞれの離宮は少々はなれておりまして、先ほどお伝えした水田畑地を抜けながら訪れるようになっております。

 

まずは寿月観のございます下離宮から。

まずは、板戸の御幸門(上段写真)から下離宮に入るのですが、そこをくぐりますともはや別世界。まず、感動。御幸門と相対する位置にある東門から出ると視界が大きく開け,田圃の向うに比叡の霊峰から東山,北山の山並みが一望。比叡山も借景にしっかりはいっております。

 

 

さらに中門を潜り、眼前に庭園がひらけ、緩やかな石段の上には寿月観の玄関「御輿寄」が。

袖形灯籠,朝鮮灯籠等を配した苑路を上ると寿月観は、大変おとなしい佇まい。文政年間に旧規のとおりに再興されたものでありますが、一の間に掛かる「寿月観」の扁額は後水尾上皇の宸筆だそうです。

 

 

建物は柿葺入母屋数寄屋風造りでして、どこを拝見しましても、大変手入れされております。
こちらは、三の間の襖絵。筆者は岡本豊彦であります。

 

 

襖絵からもわかるように、決して華美ではないのですが、当時は、今はない彎曲閣とともに相当なもてなしの出来る設備は備わっていたようです。

 

 

そして、水田畑地をぬけて中離宮へ向かいます。

この移動の空間もまさに別世界でして、人や車が行き交うこともなくこの空間にいるのは定員の見学者のみ。私もですが、みなさんこの空間を少しでも感じ取ろうと大変静かあります。

広い敷地の中をゆったりとした清々しい風を感じながら中離宮へ。

 

 

そして楽只軒へ。

 

 

楽只軒はかなり古い建物で,現在の林丘寺にある扁額の年紀銘から推察すると寛文8年(1668年)かその前年に創建されたものと思われます。南側には庭に面して広縁を設け,床を低くとり庭との一体感を深めておりまして、特別な技巧は凝らしていませんが,簡素な中にも趣があります。

 

中を覗きますと、当時の配色としては斬新的な色彩の市松模様の柄の襖と一間半の飾り棚が,まず目に入ります。互い違いに配された大小五枚の棚板がいかにも霞がたなびいているように見えることから「霞棚」と呼ばれ、桂離宮の桂棚、三宝院の醍醐棚とともに天下の三棚と称されているようです。違い棚にも「三大○○」があったのか…。

 

今まで日本に暮らして数十年ですが、床の間や違い棚などに注視したことなどなかったわけでして、こうして改まって拝見いたしたしますと、この限られた空間に季節や家人の趣味などさまざまな情報や世界感を表現できるスペースを作るなんて、あらためて斬新さを感じたりも致しました。

 

 

また、祇園祭の鉾の絵を描いた杉戸の筆者は住吉具慶と言われ、こちらの鯉の絵の筆者は不祥でありますが、鯉の絵の網だけは円山応挙の筆と伝えられております。鯉が逃げ出さないように、網を夜に描き加えたとの逸話が。

 

そして、いよいよ上離宮。

下離宮へいったん戻り。田畑の中の高い刈込みの間をぬって急な石段を上ってゆきます。両側の刈込みで視界をさえぎられ,石段がカーブしているので上りつめたところに何が待ちうけているのか見当もつかない中、頂上に隣雲亭が。

 

 

ふり向けば眼下に浴龍池が見え、その向こうには洛北の山々が見渡せ、すでに離宮が山々の借景になじんでいることを感じとれます。自分もこの借景の中にすっぽり入りこんでいるんでしょうね。かなり登ってきておりますので、ずっと左手にの方には洛中の街並みがひろがり,かなりその向うに西山の峰々も。晴れておりますと大阪のあべのハルカスまで見通せるそうです。

ここからの眺望、これは作られたものなのかたまたまそのような風景があったものなのかは存じませんが当時の後水尾上皇もさぞご満悦だったでしょうね。

 

そして、木橋の楓橋を渡ると中島のいよいよ頂上に、宝形造りの茶屋窮邃亭が。文政年間に修復はあったものの創建当時の建物で現存する唯一のものなのですが、こちらも本当にシンプル。中は、こんな感じ。

 

 

「窮邃」の扁額は後水尾上皇の宸筆であり、十八畳と附属の水屋の一間からなるのですが、一隅に直角に折れて畳一枚高くした上段を設け,上段西側いっぱいに低く一枚板を渡して御肘寄としております。この建物の中からの景色を眺めてみたいものですが、さやさやと通りぬける畳の上にお布団を敷いてお昼寝したいとも誰かきっと思ったのでは。(失礼いたしました)

 

 

 

そして、浴龍池をぐるりと回りながら今まで訪れた山荘を振り返ります。浴龍池には楓橋や土橋、紅美谷や三保ヶ島など人の手でつくられた庭などの物静かでいて周りの景色と馴染んだ景観と、大刈込みの上に位置するはっきりと作られた浜辺の西浜など明るくのびのびとした風景などが対照的に展開している印象。さりげなく池を配しておりますが、よくよく考えますとこれってかなり大変な工事だったのではないでしょうか。ですが、いたってさりげない。

 

とまあ、駆け抜けて参りました修学院離宮。どこを切り取っても洛北や比叡の山々がこの広大な離宮の背景を描いており、それでいてその中に、離宮や池そして田畑はあくまでもさりげなくたたずんでおりました。

贅沢にもそんなさりげない風景の中に入りこめ、借景の極みを心行くまで堪能できた5月の青天にも感謝であります。

皆様も、一度は修学院離宮訪れてみてくださいませ。

 

それでは、ごきげんよう。

 

 

Hello everyone, this is Staff Y.

 

This time, it is a sequel to Shugakuin the other day, but if you review it later, there are many photos that are not good enough, and I would like to spell it out today, wondering if I can convey this impression.

Shugakuin, originally a temple called Shugakuin, was built in the latter half of the 10th century, but it was a mountain cottage that was built by Emperor Emeritus Mimizuo from the first year of the Meireki to the second year (1655-1656). I have.

After that, the construction was repeated many times, but in 1964, the paddy field of 80,000 m2, which was located between each palace, was purchased and used as an attached farmland, and the current Shugakuin palace was opened to prepare for the preservation of the landscape. I am doing it.

 

Well, let’s go inside.

It is divided into three palace, upper, middle and lower, and there is a gate at each palace. Each palace is a little far away, and you can visit it while passing through the paddy fields I mentioned earlier.

 

First of all, from the lower palace where you can see the view of Suzuki.

First of all, you will enter the Shimo Rikyu from the Miyuki Gate of Itado (upper photo), but when you pass through it, you will be in another world. First of all, I was impressed. When you exit from the east gate, which is located opposite the Miyuki gate, you can see a wide field of view, and you can see the mountains of Higashiyama and Kitayama from the Hiei sacred mountain beyond the rice fields. Mt. Hiei is also in the background.

 

Further down the middle gate, a garden opens in front of you, and on the gentle stone steps is the entrance to the view of the Suigetsu, “Mikoshi Yori”.

When you go up the garden road with sleeve-shaped lanterns, Korean lanterns, etc., the view of Sugetsu is very quiet. It was revived according to the old regulations during the Bunsei era, but it is said that the flat amount of “Suzukikan” that hangs in one hour is written by Emperor Gomizuo.

 

The building is a persimmon-roofed main building with a sukiya-style structure, and it is in great condition no matter where you look.
This is a fusuma painting of Sanma. The author is Toyohiko Okamoto.

 

As you can see from the fusuma paintings, it is by no means gorgeous, but at that time, it seems that it was equipped with facilities that could provide considerable hospitality along with the now-defunct Kyokukaku.

 

Then, go through the paddy fields to the Nakarikyu.

This space of movement is also a different world, and only a limited number of visitors are in this space without people and cars coming and going. As for me, everyone is very quiet to feel this space as much as possible.

Go to Nakarikyu while feeling the refreshing breeze in the large site.

 

And then to Rakudaiken.

 

Rakudaiken is a fairly old building, and it seems that it was built in Kanbun 8 (1668) or the year before, judging from the biane chronological inscription in the present Hayashiokaji Temple. On the south side, a wide rim facing the garden is set up, and the floor is lowered to deepen the sense of unity with the garden.

 

If you look inside, you will first see the fusuma sliding doors with a checkered pattern and a half-length display shelf, which are the novel colors of the time. It is called “Kasumi shelf” because the five large and small shelves arranged alternately are called “Kasumi shelf” because it looks like the haze is fluttering. And it seems. Was there “three major XX” on the difference shelf?

 

I have lived in Japan for several decades, but I have never looked at the alcove or the different shelves, so when I look at it again, there are various seasons and hobbies of the family in this limited space. I felt a new sense of novelty in creating a space that can express new information and a sense of the world.

 

In addition, the author of Sugito who drew the picture of the halberd of Gion Matsuri is said to be Gukei Sumiyoshi, and the author of this carp picture is unscrupulous, but it is said that only the net of the carp picture is the brush of Maruyama Okyo. .. There is an anecdote that a net was added at night to prevent the carp from escaping.

 

And finally, the upper palace.

Return to Shimo Rikyu. Go up the steep stone steps through the high pruning in the fields. The view is obstructed by the pruning on both sides, and the stone steps are curved, so I have no idea what is waiting for me when I climb up, but next door is at the top.

 

 

 

If you turn around, you can see Yuryu Pond below, and beyond that you can see the mountains of Rakuhoku, and you can feel that the palace is already familiar with the scenery of the mountains. I’m sure I’m completely in the background. I’ve climbed quite a bit, so the cityscape of Rakuchu spreads out to the left, and the peaks of Nishiyama are far beyond that. When it’s sunny, you can see Abeno Harukas in Osaka.

I don’t know if the view from here was made or if it happened to have such a landscape, but Emperor Gomizuo at that time would have been very happy.

 

Then, when you cross the Kaede Bridge of the wooden bridge, you will finally find the treasure-shaped teahouse Kakutei at the top of Nakajima. Although it was restored during the Bunsei era, it is the only existing building at the time of its construction, but this is also really simple. Inside is like this.

 

 

 

The flat frame of “Kanjou” is written by Emperor Gomizuo and consists of 18 tatami mats and a room of the attached Mizuya. I handed a low plate to the emeritus. I’d like to see the scenery from inside this building, but I’m sure someone would have wanted to take a nap by laying a futon on a tatami mat that passes through the pods. (excuse me)

 

Then, while going around Yuryu Pond, we look back on the mountain cottages we have visited so far. In Yuryu Pond, there is a quiet and familiar landscape such as Kaede Bridge, Dobashi, Benimiya, Mihogashima and other gardens made by humans, and a clearly made beach located on the large pruning. The impression is that the bright and laid-back landscapes such as Nishihama are contrasting. The ponds are arranged casually, but if you think about it carefully, it might have been a lot of work. However, it’s very casual.

 

Well, I ran through the Shugakuin Imperial Villa. No matter where you cut it, the mountains of Rakuhoku and Hiei drew the background of this vast palace, yet the palace, ponds and fields stood casually in it.

I am also grateful to the blue sky in May, where I was able to lavishly enter into such a casual landscape and enjoy the extremes of the scenery to my heart’s content.

 

 

*********************

 

爽やかなお天気が続いておりますね。お片付けなどされてる方もおおいのではないでしょうか。

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

また風光舎は、出張買取も強化しております。

ご近所はもちろん、愛知県内、岐阜県、三重県その他の県へも出張いたします。

まずは、お電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

名東区のお客様より買受いたしました(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取いたします 古美術風光舎名古屋店)

2022.05.22

 

 

名東区のお客様より、掛軸、茶器、花瓶、絵画、等を買受いたしました。

この度は大切な御品をお譲りくださいまして、誠にありがとうございました。

 

またご縁がございましたら、古美術風光舎名古屋店をよろしくお願い申し上げます。

 

 

*********************

 

新年度を迎えました。

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

また風光舎は、出張買取も強化しております。

ご近所はもちろん、愛知県内、岐阜県、三重県その他の県へも出張いたします。

まずは、お電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

蛸唐草文様の花器(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取いたします 古美術風光舎名古屋店)

2022.05.22

皆さま、こんにちは。スタッフMです。

 

朝9時頃にはまだ雨上がりの涼しい風が吹いていたのですが、10時頃になりますとどんどん気温も上がってジリジリと照り付ける日差しでバテてしまいそうです。

 

外にお出かけになる際は、必ず水分補給をしっかりしながら体調管理を気を付けましょう。

 

さて、本日は皆さまにお見せしたい作品がございます。

 

 

こちらは、蛸唐草文様の花器です。

見ているだけで涼しげな、また存在感のある作品ですよね。

 

蛸唐草とは、渦巻き状の唐草の片側に、抽象的な葉の文様を付けてあらわされる文様のことです。

蛸唐草文様の原型とされる唐草文様の由来は、古代エジプトまで遡ります。

 

唐草文様は、古代エジプトから古代オリエント、古代ギリシャ、古代インド、古代中国を経て、飛鳥時代に日本にももたらされました。

古代エジプトでは、蓮をモチーフにした「ロータス」と呼ばれる唐草文様が作られましたが、各国でその土地の文化と結びつき、さまざまな唐草文様が誕生いたしました。

 

蛸唐草のような、葉のついた唐草文様が見られるようになったのは、10世紀初頭の中国です。

当時中国でつくられた陶器には、そのような文様が多く描かれていました。

日本にこの文様が伝えられたのは鎌倉時代、この葉のついた唐草文様の形が蛸の足のように見えることから「蛸唐草」という呼び名が付けられたということです。

 

この蛸唐草文様が人気となったのは江戸時代の中頃です。当時、佐賀県や長崎県を中心とした肥前国でつくられていた伊万里焼には、この蛸唐草文様を描いた器が多く作られています。

伊万里焼の人気に伴って蛸唐草も広く知られるようになったのですね。

 

当時作られた伊万里焼は現代では古伊万里と言われ、コレクションされる方も多いと思われますが伊万里焼に描かれる蛸唐草文様は、時代が下るにつれて、渦や葉の文様が大きくなっていくようで、時代が古いものほど蛸唐草が綿密のようです。

 

今回のブログは、スタッフMの古美術学習編になりますね。(書いていて今気づきました)

唐草文様は風呂敷などでよく見る柄ではありますが、蛸唐草についてはあまり馴染みが無かったので、とても勉強になりました。

 

皆さまにもこの”蛸唐草”が少しでも身近なものになりますよう。まずは是非直接見に来てください。

お待ちしております。

 

 

Hello everyone. This is Staff M.

The cool breeze after the rain was still blowing around 9 am, but it seems that the temperature will rise steadily around 10 am and the sun will shine. When you go out, be sure to keep hydrated and take care of your physical condition. By the way, today I have a work I would like to show you.

 

This is a vase with an octopus arabesque pattern. It’s a work that is cool and has a strong presence just by looking at it. Octopus arabesque is a pattern that is expressed by attaching an abstract leaf pattern to one side of the spiral arabesque. The origin of the arabesque pattern, which is said to be the prototype of the octopus arabesque pattern, dates back to ancient Egypt.

 

The Karakusa pattern was introduced to Japan during the Asuka period from ancient Egypt through ancient Near East, ancient Greece, ancient India, and ancient China. In ancient Egypt, arabesque patterns called “lotus” were made with a lotus motif, but various arabesque patterns were born in each country in connection with the local culture.

 

It was in China in the early 10th century that arabesque patterns with leaves, such as octopus arabesque, began to be seen. Many such patterns were drawn on pottery made in China at that time. This pattern was introduced to Japan in the Kamakura period, when the shape of this arabesque pattern with leaves looks like an octopus foot, so it was named “Octopus arabesque”.

 

This octopus arabesque pattern became popular in the middle of the Edo period. At that time, Imari ware, which was made in Hizen Province centered on Saga and Nagasaki prefectures, has many vessels depicting this octopus arabesque pattern. With the popularity of Imari ware, octopus arabesque has become widely known. The Imari ware made at that time is said to be Koimari in modern times, and it seems that many people collect it, but the arabesque pattern of 蛸 Karakusa drawn on Imari ware becomes larger as the times go by. It seems that the older the age, the more meticulous the arabesque.

 

This blog will be the antique art learning edition of Staff M. (I just noticed it while writing) The arabesque pattern is a pattern that you often see in furoshiki, but I wasn’t very familiar with octopus arabesque, so I learned a lot. I hope this “octopus arabesque” will become familiar to everyone. First of all, please come and see it in person. We’ll be expecting you.

 

 

*********************

 

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

また風光舎は、出張買取も強化しております。

ご近所はもちろん、愛知県内、岐阜県、三重県その他の県へも出張いたします。

まずは、お電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

石黒亜矢子ねこまたごよみ原画展(愛知県名古屋市千種区姫池通 古美術買取いたします 古美術風光舎名古屋店)

2022.05.21

皆さま、こんにちは。スタッフNでございます。

今日はあいにくの雨ですが、朝から買取が続いておりましてありがたい日でございました。

先日、石黒亜矢子「ねこまたごよみ」原画展に行ってまいりました。

 

 

猫好きなら一度は見たことのある絵だと思いますが、一匹一匹に物語があり、笑いもあり、いつ見てもくすっとしてしまいます。

初めて見た時は少しおどろおどろしいと思ってしまったのですが、見れば見るほど愛着がわいてまいります。

春夏秋冬のテーマで書かれた絵本には、猫家族の成長過程もあり、何回読んでも発見があるので楽しいです。

ウォーリーを探せのように、猫家族が絵のどこにいるかを探すのも楽しいですね。

今回は、ねこまたについて調べてみました。

猫又猫股(ねこまた)は、日本の民間伝承や古典の怪談、随筆などにあるネコの妖怪でございます。大別して山の中にいる獣といわれるものと、人家で飼われているネコが年老いて化けるといわれるものの2種類があるそうです。

中国では日本より古く隋時代には「猫鬼(びょうき)」「金花猫」といった怪猫の話が伝えられていましたが、日本においては鎌倉時代前期の藤原定家による『明月記』の天福元年(1233年)8月2日の記事に、南都(現・奈良県)で「猫胯」が一晩で数人の人間を食い殺した という記述があるそうです。これが、猫又が文献上に登場した初出とされており、猫又は山中の獣として語られていました。ただし『明月記』の猫又は容姿について「目はネコのごとく、体は大きい犬のようだった」と記されていることから、ネコの化け物かどうかを疑問視する声もあり、人間が「猫跨病」という病気に苦しんだという記述があるため、狂犬病にかかった獣がその実体との解釈もございます。また鎌倉時代後期の随筆『徒然草』(1331年頃)に「奥山に、猫またといふものありて、人を食ふなると人の言ひけるに……」と記されております。

 

 

江戸時代の怪談集である『宿直草』や『曽呂利物語』でも、猫又は山奥に潜んでいるものとされ、深山で人間に化けて現れた猫又の話があり、民間伝承においても山間部の猫又の話は多くあります。山中の猫又は後世の文献になるほど大型化する傾向にあり、1685年(貞享2年)の『新著聞集』で紀伊国山中で捕えられた猫又はイノシシほどの大きさとあり、1775年(安永4年)の『倭訓栞』では、猫又の鳴き声が山中に響き渡ったと記述されていることから、ライオンやヒョウほどの大きさだったと見られています。1809年(文化6年)の『寓意草』で犬をくわえていたという猫又は全長9尺5寸(約2.8メートル)とありました。

越中国(現・富山県)で猫又が人々を食い殺したといわれる猫又山、会津(現・福島県)で猫又が人間に化けて人をたぶらかしたという猫魔ヶ岳のように、猫又伝説がそのまま山の名となっている場合もあります。猫又山については民間伝承のみならず、実際に山中に大きなネコが住みついていて人間を襲ったものとも見られております。

一方で、同じく鎌倉時代成立の『古今著聞集』(1254年稿)の観教法印の話では、嵯峨の山荘で飼われていた唐猫が秘蔵の守り刀をくわえて逃げ出し、人が追ったがそのまま姿をくらましたと伝え、この飼い猫を魔物が化けていたものと残したが、前述の『徒然草』ではこれもまた猫又とし、山にすむ猫又の他に、飼い猫も年を経ると化けて人を食ったりさらったりするようになると語っております。

江戸時代以降には、人家で飼われているネコが年老いて猫又に化けるという考えが一般化し、前述のように山にいる猫又は、そうした老いたネコが家から山に移り住んだものとも解釈されるようになった。そのために、ネコを長い年月にわたって飼うものではないという俗信も、日本各地に生まれるようになりました。

 

 

江戸中期の有職家・伊勢貞丈による『安斎随筆』には「数歳のネコは尾が二股になり、猫またという妖怪となる」という記述が見られます。また江戸中期の学者である新井白石も「老いたネコは『猫股』となって人を惑わす」と述べており、老いたネコが猫又となることは常識的に考えられ、江戸当時の瓦版などでもこうしたネコの怪異が報じられておりました。

一般に、猫又の「又」は尾が二又に分かれていることが語源といわれますが、民俗学的な観点からこれを疑問視し、ネコが年を重ねて化けることから、重複の意味である「また」と見る説や、前述のようにかつて山中の獣と考えられていたことから、サルのように山中の木々の間を自在に行き来するとの意味で、サルを意味する「爰(また)」を語源とする説もございます。老いたネコの背の皮が剥けて後ろに垂れ下がり、尾が増えたり分かれているように見えることが由来との説もあるそうです。

ネコはその眼光や不思議な習性により、古来から魔性のものと考えられ、葬儀の場で死者をよみがえらせたり、ネコを殺すと7代までたたられるなどと恐れられており、そうした俗信が背景となって猫又の伝説が生まれたものと考えられております。また、ネコと死者にまつわる俗信は、肉食性のネコが腐臭を嗅ぎわける能力に長け、死体に近づく習性があったためと考えられており、こうした俗信がもとで、死者の亡骸を奪う妖怪・火車と猫又が同一視されることもあるそうです。

また、日本のネコの妖怪として知られているものに化け猫があるが、猫又もネコが化けた妖怪に違いないため、猫又と化け猫はしばしば混同されることがございます。

なお、カナダで2本の尾を持つネコの写真が撮られているとか。

江戸時代には図鑑様式の妖怪絵巻が多く制作されており、猫又はそれらの絵巻でしばしば妖怪画の題材になっております。1737年(元文2年)刊行の『百怪図巻』などでは、人間女性の身なりをした猫又が三味線を奏でている姿が描かれていますが、江戸時代当時は三味線の素材に雌のネコの皮が多く用いられていたため、猫又は三味線を奏でて同族を哀れむ歌を歌っている、もしくは一種の皮肉などと解釈されております。

このように、日本では昔は猫が恐れられていたわけですね。

昔22歳の猫様で竜のように美しい猫様に出会ったことがありますが、妖怪というか何か超越したような顔立ちにハッとさせられたのを覚えております。

ある一定の年齢を重ねた猫は何か、オーラをまとうのでしょうか。

犬より猫が人気になってしまったこの時代、ねこまた達はどのような気持ちで迎えているのでしょう。

お部屋に物がたくさんあり、掃除が行き届いていないと猫又が来るかもしれませんね。

妖怪が心配な方は是非古美術風光舎まで、買取のご連絡お願い致します。

ではでは

 

Hello everyone. This is Staff N.

Unfortunately it was raining today, but it was a thankful day for the purchases to continue from the morning.

The other day, I went to Ayako Ishiguro’s “Neko Matagoyomi” original painting exhibition.

If you like cats, you’ll probably have seen this picture once, but each one has a story, laughter, and always makes you feel dull.

When I first saw it, I thought it was a little frightening, but the more I see it, the more I become attached to it.

The picture book written on the theme of spring, summer, autumn and winter is fun because there is a growth process of the cat family and you can discover it no matter how many times you read it.

It’s fun to find out where the cat family is in the picture, like looking for Wally.

This time, I investigated Nekomata.

Nekomata is a cat youkai found in Japanese folklore, classic ghost stories, and writings. There are two types of cats, one is said to be a beast in the mountains and the other is a cat kept in a private house.

In China, the story of monster cats such as “cat demon” and “golden flower cat” was told in the Sui period, which is older than Japan, but in Japan, “Meigetsuki” by Fujiwara no Teika in the early Kamakura period. In the article on August 2, the first year of Tenpuku (1233), there is a description that “Cat” in Nanto (currently Nara Prefecture) ate several people overnight. This is said to be the first appearance of Nekomata in the literature, and was described as a cat or a beast in the mountains. However, since it is stated that the cat or appearance in “Meigetsuki” was “the eyes were like a cat and the body was like a big dog”, some people questioned whether it was a monster of a cat, and humans said ” Since there is a description that it suffered from a disease called “cat straddle disease”, there is also an interpretation that the beast with rabies is the substance. Also, in the essay “Tsurezuregusa” (around 1331) in the latter half of the Kamakura period, it is written that “There is a cat or a cat in Okuyama, and people can say that they eat people …”.

Nekomata, a collection of ghost stories from the Edo period, is said to be lurking in the mountains or in the mountains, and there is a story about Nekomata, who appeared as a human in the deep mountains. There are many stories about Nekomata in the club. It tends to become larger as it becomes a cat in the mountains or later literature, and it is about the size of a cat or a wild boar caught in the mountains of Kii Province in 1685 (Jokyo 2nd year) “New Book Collection”, 1775 (1775) In “Jokyo Shiori” (4th year of Yasunaga), it is described that the bark of Nekomata echoed in the mountains, so it is thought that it was as big as a lion or a leopard. There was a cat that had a dog in it in 1809 (6th year of culture), or a cat with a total length of 9 shaku and 5 inches (about 2.8 meters).

Nekomata is said to have eaten people in Etchu Province (currently Toyama Prefecture), and Nekomata is said to have eaten people in Aizu (currently Fukushima Prefecture). It may be the name of a mountain. It is believed that Nekomatayama is not only folklore, but that large cats actually lived in the mountains and attacked humans.

On the other hand, in the story of the Kokon Chomonju (1254 manuscript), which was also established in the Kamakura period, the Karaneko kept at the Saga Sanso escaped with a treasured guardian sword, and people escaped. He told him that he had disappeared after chasing him, and left this domestic cat as a monster. It is said that after a while, it will become garbled and eat and kidnap people.

After the Edo period, the idea that cats kept in private houses became old and turned into cats became common, and as mentioned above, it is also interpreted as a cat in the mountains or such an old cat moving from the house to the mountain. It became so. As a result, the popular belief that cats are not kept for many years has been born in various parts of Japan.

In “Anzai Essay” by Sadatake Ise, a profession in the middle of the Edo period, there is a description that “a cat of several years old has a bifurcated tail and becomes a youkai called Nekomata.” Arai Hakuseki, a scholar in the middle of the Edo period, also stated that “old cats become’nekomata’and mislead people.” However, the mystery of such a cat was reported.

In general, it is said that the etymology of Nekomata’s “mata” is that the tail is divided into two parts, but this is questioned from a folkloric point of view, and since cats become older and more garbled, in the sense of duplication. There is a theory that it is seen as “again”, and as mentioned above, it was once thought to be a beast in the mountains, so it means that it can freely move between trees in the mountains like a monkey. There is also a theory that the etymology is “)”. There is also a theory that the origin is that the skin on the back of an old cat peels off and hangs down behind, and the tail seems to increase or divide.

Due to its eyesight and mysterious habits, cats have been thought to be magical since ancient times, and it is feared that they will be revived at funerals and that if they are killed, they will be killed by their 7th generation. It is believed that the legend of Nekomata was born. In addition, it is believed that the popular beliefs about cats and the dead are due to the fact that carnivorous cats have a good ability to sniff out rotten odors and have a habit of approaching dead bodies. And Nekomata are sometimes equated.

Also, there is a ghost cat that is known as a Japanese cat youkai, but Nekomata and a ghost cat are often confused because they must be ghosts.

In addition, a picture of a cat with two tails is taken in Canada.

In the Edo period, many picture scrolls of the youkai style were produced, and cats or their picture scrolls are often the subject of youkai paintings. In 1737 (Hyakkai Zukan) published in 1737 (Hyakkai Zukan), Nekomata dressed as a human woman is depicted playing the shamisen, but at the time of the Edo period, the material of the shamisen was female. Since the skin of cats was often used, it is interpreted as playing a cat or shamisen and singing a song that pity the family, or a kind of irony.

As you can see, cats were feared in Japan in the past.

A long time ago, I met a 22-year-old cat who was as beautiful as a dragon, but I remember being surprised by the transcendental features of a youkai.

What is a cat of a certain age wearing an aura?

How do cats and cats feel in this era when cats have become more popular than dogs?

There are a lot of things in the room, and if they aren’t cleaned properly, Nekomata may come.

If you are worried about youkai, please contact the antique art Fukosha to purchase it.

See you soon

*********************

 

爽やかなお天気が続いておりますね。お片付けなどされてる方もおおいのではないでしょうか。

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

また風光舎は、出張買取も強化しております。

ご近所はもちろん、愛知県内、岐阜県、三重県その他の県へも出張いたします。

まずは、お電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

千種区のお客様より買受いたしました(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取いたします 古美術風光舎名古屋店)

2022.05.21

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千種区のお客様より、茶器等を買受いたしました。

この度は大切な御品をお譲りくださいまして、誠にありがとうございました。

 

またご縁がございましたら、古美術風光舎名古屋店をよろしくお願い申し上げます。

 

 

*********************

 

新年度を迎えました。

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

また風光舎は、出張買取も強化しております。

ご近所はもちろん、愛知県内、岐阜県、三重県その他の県へも出張いたします。

まずは、お電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

我が家の眠り姫(愛知県名古屋市千種区姫池通 古美術買取いたします 古美術風光舎名古屋店)

2022.05.20

皆さま、こんにちは。スタッフMです。

 

梅雨入り前のカラッとした暑さが続く名古屋は、現在の気温26度。お日様は隠れ、一日中曇りのようですが、紫外線がすごそうです。

 

昨晩、今日のお天気を見ようとスマートフォンのアプリを開くと・・・

 

 

軽度の汚染となっていました。

日中はあまり見ない画面なので少し驚きました…

「敏感な人には健康被害が生じるおそれがあります。」とあったので、皆さまも夜寝る時は窓を開けっぱなしにして寝ないように。

ですが、熱中症などはもう気を付けなければいけない季節です。ご注意ください。

 

 

ところで皆さま、夏も近づくこの季節になりますと、我が家のネムノキがとっても美しい花を咲かせます。

 

 

ネムノキはマメ科ネムノキ属の落葉高木です。地植えにしておくと10mくらいにまで大きくなります。日本の風土に良く合い丈夫な事から、庭木の他、公園や寺社などにも好まれて使用されます。山野に自生していることもよくあります。

 

ネムノキの特徴は、水鳥の産毛のようなふわふわとした花と、葉の就眠運動です。花は花芯近くの白から花びらの先端に向かって淡いピンクへとグラデーションがついているのが印象的です。

そしてこのネムノキは、暗くなると眠る就眠運動と花の美しさからよく詩歌の題材とされます。

特に有名なのは芭蕉の「奥の細道」にある名句「象潟や雨に西施がねむの花」ですね。

 

このネムノキの葉は、鳥の羽に似た形状の「羽状複葉(うじょうふくよう)」です。羽状複葉とは葉柄の両側に小さな葉が羽のように広がっている様子を言います。

ネムノキの名前のは夜になると、葉を眠るように閉じることからつけられたと言われていて、「合歓木(ねむのき)」という漢字も、中国ではこの葉を閉じる様子を夫婦円満に見立てて名付けられたと言われています。縁起の良い植物ですね。

 

 

昼間は写真の奥にもあるように、花も萎れたように元気がなく見えるのですが、夕方になり辺りが暗くなってくると手前のように少しずつ開き始めます。

 

それとは反対にネムノキの葉は、暗くなると眠くなってしまうように葉を閉じてしまう姿が、いつ見ても可愛らしく、我が家の「眠り姫」と呼んでいます。

私も負けないくらい眠り姫ですが、私の場合は昼間の暖かい日を浴びると眠くなってしまいます。(笑)

現在14時ですが、もうそろそろ丁度良い時間になってきました・・・

 

 

話が逸れてしまいましたが、このネムノキたくさんの花を咲かせるのですが、夜になって必ず花が咲くというわけでもなく気まぐれで開かない花たちもあるのです。

今日はいくつ咲いたかな~と数を数えたりするのも、その日の楽しみだったりするのです。

 

また今日の夜家に帰ったら数えてみなくてはいけないですね。皆さまはいくつ咲いていると思いますか?

 

それでは、また今度のブログで結果発表したいと思います。

 

Hello everyone. This is Staff M.

The current temperature in Nagoya is 26 degrees Celsius, where the crisp heat before the rainy season continues. The sun is hidden and it seems cloudy all day, but the ultraviolet rays are amazing.

 

 

Last night, when I opened the smartphone app to see the weather today … It was mildly polluted. I was a little surprised because the screen I don’t see much during the day … “Sensitive people may suffer health problems,” so please do not leave the windows open when you go to bed at night. However, heat stroke is a season that you should be careful about. Please be careful.

 

By the way, everyone, in this season when summer is approaching, the silk tree of my home will bloom very beautiful flowers. Albizzia is a deciduous tree of the genus Albizia in the family Leguminosae. If you plant it in the ground, it will grow to about 10m. Because it fits well with the Japanese climate and is durable, it is also used in parks and temples as well as garden trees. It often grows naturally in the mountains.

 

The characteristics of Albizia japonica are the fluffy flowers like the hair of a waterfowl and the sleep movement of the leaves. It is impressive that the flowers have a gradation from white near the core to pale pink toward the tips of the petals. And this silk tree is often the subject of poetry because of the sleep movement that sleeps when it gets dark and the beauty of flowers. One of the most famous is Basho’s “Oku no Hosomichi”, which is the famous phrase “Kisakata and the flowers of Xi Shiganemu in the rain.”

 

The leaves of Albizia japonica are “feather-like compound leaves” that resemble the feathers of a bird. A pinnate compound leaf is a state in which small leaves spread like feathers on both sides of the petiole. It is said that the name of Albizia japonica is given because it closes the leaves to sleep at night, and the Chinese character “Nemunoki” is also named after the closing of the leaves in China. It is said that it was done. It’s an auspicious plant.

 

In the daytime, as you can see in the back of the photo, the flowers look dull as if they were withered, but in the evening, when the area becomes dark, they start to open little by little like the front. On the other hand, the leaves of Albizia japonica are so cute that they close their leaves so that they become sleepy when it gets dark, and they are called “sleeping princesses” at home. I’m a sleeping princess as much as I can, but in my case, I get sleepy when I’m exposed to warm daytime days. (Smile) It’s 14:00 now, but it’s almost time for me …

 

The story goes awry, but this silk tree blooms a lot of flowers, but it does not always bloom at night, and there are some flowers that do not open on a whim. Counting how many flowers have bloomed today is also a pleasure of the day. Also, when I get home tonight, I have to count it. How many do you think are in bloom? Well then, I would like to announce the results in the next blog again.

 

*********************

 

爽やかなお天気が続いておりますね。お片付けなどされてる方もおおいのではないでしょうか。

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

また風光舎は、出張買取も強化しております。

ご近所はもちろん、愛知県内、岐阜県、三重県その他の県へも出張いたします。

まずは、お電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

無謀にも修学院離宮の当日券を狙うという(愛知県名古屋市千種区姫池通 古美術買取いたします 古美術風光舎名古屋店)

2022.05.19

皆様こんにちは、スタッフYでございます。

 

先日の友人との会話なのですが、「お天気って、旅の8割くらい気分と印象を決めるよね。」という話になりました。お天気に恵まれた旅って、それがどんな場所でも、あとからの自分の記憶はまあまあ2割増しほど印象が良く、「あそこよかったよね。」と、いうことになるのですが。

 

だったらお天気もよく気候の良い日を目掛けていけばよいでははないか、と最近逆の発想を思いつきまして。本来の衝動派と相まって、先日急に朝思い立って行ってまいりました「修学院離宮」。

 

一度訪れたことはあったのですが、その際の大変感動したことがずっと私の中では忘れられない場所でありました。訪れたのは、もちろん紅葉の美しい最高の快晴の日。ですから、また訪れる際も、ここは絶対お天気の良い日にしたいと以前から勝手に心に誓っておりました。

 

 

 

 

というわけでの突然の訪問というわけですが、さらなる突然過ぎる理由がもう一点。

 

ご存知のとおり、こちらの修学院離宮、桂離宮や京都仙洞御所と同じく宮内庁が管理しておりまして、見学は無料ですが見学の際は事前の予約申し込みが必要になります。なにせ事前予約の人数が現在は各回20名、一日2回ですので一日に合計40名。(変更する可能性もごさいますので、ご興味のございます方は、宮内庁の申し込みをご覧になってください)トップシーズンなどではやはり人気でして、3か月前からすでに抽選となり、予約で埋まってしまうという激戦でございます。

 

事前予約もなく何故に突然行こうと?。それはですね、なんと各回10名の当日券というものがございまして、無謀にもそこの枠を狙っていって行ってまいりました。

 

お天気の良い日を絶対に狙いたいという私のような人間にとっては、この10名の枠をダメもとで狙った方がよいのではということで、この10名×2回の枠を目掛けて整理券配布開始11時にあわせて、現地へ向かいます。

 

しかし、道事情がいろいろ思うようにいかず、到着はなんと11:30。ダメかな…。と、半ばあきらめていたのですが、なんと残り数枚が!。15:00スタートの回になんとか滑り込めました泣。

 

そんな修学院離宮、詳しいご説明は次回のブログにつづってまいりたいと思いますが、何故私にとって印象深いのかと申しますと、私の中ではここは「借景の極だな」と、その風景に感動しながら離宮を巡った記憶がございます。けして華美な離宮ではございません。

 

扉をくぐった途端、その扉の向こうに「ここは桃源郷か」と、錯覚するかのような景色と時間流れの中、自然と融合するかのようなさりげなくお手入れのされた山荘と庭、そして広い敷地内では附属農地として農作物をゆったりと育てていたりと、比叡山などの山々を背後にこんな世界があったのかと大変感動致しました。

 

そして、その日はもちろんぬけるような青空でありました。ここの風景と共に映えた青い空が今でも大変記憶に残っております。

 

そんな感動を季節を違えてまたいつか訪れたいと、ひそかに企て、いよいよ先日、快晴を選んで無謀にも予約券もなく訪れることになったというわけであります。

 

時間は15:00少し前になりました。

 

これから1時間30分ほどですが、職員の方の説明を聞きながら離宮内を巡ってまいりますが、写真は自由ということでしたので、皆さまと少しでも共有できたらと思いまして、次回のブログは、つたない写真ではありますが、お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

それでは門が開きましたので、行ってまいります。

 

ごきげんよう。

 

 

Hello everyone, this is Staff Y.

 

I had a conversation with a friend the other day, and he said, “The weather determines the mood and impression of about 80% of the trip.” No matter where the weather is, my memory will be about 20% more impressive, and I will say, “It was good over there.”

 

If so, I recently came up with the opposite idea that it would be best if the weather was good and the weather was good. Coupled with the original impulsive faction, the other day I suddenly came up with the idea of ​​”Shugakuin Imperial Villa”.

 

I had visited it once, but I was very impressed at that time and it was a place I will never forget. Of course, I visited the beautiful sunny day of the autumn leaves. Therefore, when I visit again, I have always vowed to have a nice day here.

 

That’s why it was a sudden visit, but there is another reason why it is too sudden.

 

As you know, the Imperial Household Agency manages the Shugakuin Imperial Villa, Katsura Imperial Villa, and Kyoto Sento Imperial Palace, so you need to apply for a reservation in advance when you visit. After all, the number of people who make advance reservations is currently 20 people each time, twice a day, so a total of 40 people. (If you are interested, please see the application of the Imperial Household Agency as it may change.) In the top season etc., it is a fierce battle that reservations are already filled from 3 months ago.

 

Why do you want to go suddenly without prior reservation? .. Well, there is a ticket for 10 people each time, and I recklessly aimed at that frame.

 

For a person like me who absolutely wants to aim for a sunny day, it is better to aim for this 10 people frame with no use, so I am aiming for this 10 people x 2 times frame We will head to the site at 11 o’clock when the numbered ticket distribution starts.

 

However, the road conditions did not go as expected, and the arrival was at 11:30. Is it not good…. I had given up halfway, but there were still a few left, and I managed to slip into the start at 15:00 and cry.

 

I will continue to explain the details of Shugakuin Imperial Villa in the next blog, but the reason why it is so impressive to me is that this is the pole of the scenery, and I was impressed by the scenery. I have a memory of visiting. It is not a gorgeous palace.

 

As soon as I passed through the door, I was wondering, “Is this the Taoyuan Township?” I was very impressed by the fact that there was such a world behind the mountains such as Mt. Hiei, as I was able to relax and grow crops as an attached farmland in the garden and on the large site.

 

And, of course, that day was a clear blue sky. The blue sky that shined with the scenery here was still very memorable.

 

I secretly planned to visit such an impression in different seasons, and finally the other day, I chose fine weather and recklessly visited without a reservation ticket.

 

The time is a little before 15:00.

It will be about 1 hour and 30 minutes from now, but I will go around the palace while listening to the explanation of the staff, but since it was said that the photos are free, I thought that I could share it with everyone, so the next blog will be It’s a photo that doesn’t show up, but I’ll tell you.

 

Now that the gate has opened, I will go.

 

 

*********************

 

爽やかなお天気が続いておりますね。お片付けなどされてる方もおおいのではないでしょうか。

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

また風光舎は、出張買取も強化しております。

ご近所はもちろん、愛知県内、岐阜県、三重県その他の県へも出張いたします。

まずは、お電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

お食い初め(韓国編)(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取いたします 古美術風光舎名古屋店)

2022.05.18

皆さま、こんにちは。スタッフMです。

 

今朝は、よく通る道の花々がいつもより美しく見えたので写真を撮ってみました。

 

 

同じ道でも、その日の気分だったり、時間によって全く見え方が違うことってありませんか。

私は、今日の運勢が最下位でしたが、この花々のおかげでとても癒されたので気持ちも少しハッピーになりました。

 

以前のブログで「お食い初め」についてお話させていただいたのですが、今回は最近、私の韓国の知人の子供が生後100日のお祝いをしたという話を聞いたので、「お食い初め(韓国編)」としてご紹介させていただきます。

 

お隣の国、韓国では日本と同じように生後100日を迎えると、感謝の意味も込めて家族や親戚、近所の方も呼んで皆でお祝いするそうです。

現在は家族や身内だけで行うことも多いようですが、生後100日を祝う習慣というのは昔から変わりません。

 

具体的にお祝いの日には、元気で長生きするよう願いが込められたチマチョゴリなどの服を着て、皆で食事をします。

そして1段または2段からなる、専用のお祝いの台座を用意し、果物や花、お餅、ケーキ、写真等を綺麗に飾りつけし、記念日を過ごします。

 

韓国ではお祝い事の際に、お餅を食べたり配ったりする習慣がありますが、生後100日のお祝いにもお餅が欠かせません。

100日のお祝いとして用意されるのは、白いお餅と小豆の粉をふったお餅の2種類が代表的です。

 

白いお餅は、神聖さや純潔さを表すものとして、長寿の意味が込められています。小豆の粉をふったお餅は、小豆色が悪い気を払うものとされています。

どちらのお餅もたくさん用意して、台座に飾ったあとは、お祝いに来てくれた人たちやご近所さんに配ったり、食べたりします。

この2種類の他にも、万物の調和を意味する5色のお餅や丈夫に育つようにという意味を込めたきな粉餅を用意する場合もあるそうです。

 

そして最近、韓国では日本も増えてきていますが、家族写真を写真館で撮る文化が浸透しています。もともと韓国には写真館がたくさんあり、節目節目で記念に写真におさめることが一般的になっているようです。

 

そして贈り物編として、韓国では赤ちゃんに「ペギルパンジ」と呼ばれる小さな金の指輪が贈られるそうです。

それこそよく知られているのが、ヨーロッパの100日の贈り物として「銀のスプーン」。中国では100日になると人生初めての剃髪を行い、剃った頭髪で「胎毛筆(たいもうふで)」と呼ばれる筆を作る習慣があります。一生に一度しか作れない貴重な筆は、とっても記念になりますよね。

 

当店にも様々な骨董品がありますが、もしかしたらこれも誰かからの大切な贈り物だったのかもしれません。そしてとっても大切にされて、今このように綺麗な形で残っているのでしょう。

そう考えると、やはり魅力があるこのお仕事です。

 

 

 

Hello everyone. This is Staff M.

This morning, the flowers on the road I often go through looked more beautiful than usual, so I took a picture.

Even on the same road, isn’t it the mood of the day or the way it looks completely different depending on the time? I had the lowest fortune today, but I was a little happy because I was so healed by these flowers.

 

 

I talked about “beginning of eating” in my previous blog, but this time I heard that my Korean acquaintance’s child celebrated 100 days after birth, so “beginning of eating (Korean edition)” ) ”.

 

In the neighboring country, South Korea, as in Japan, when we reach the 100th day of life, we will invite family members, relatives, and neighbors to celebrate with a sense of gratitude. Nowadays, it seems that it is often done only by family and relatives, but the custom of celebrating 100 days after birth has not changed from old times. Specifically, on celebration days, we all eat together, wearing clothes such as chima jeogori, which wishes to live a healthy and long life.

 

Then, prepare a special festive pedestal consisting of one or two tiers, decorate fruits, flowers, rice cakes, cakes, photos, etc. beautifully and spend the anniversary. In Korea, it is customary to eat and distribute rice cakes during celebrations, but rice cakes are indispensable for the celebration of the 100th day after birth. Two types of rice cakes, white rice cakes and rice cakes sprinkled with azuki bean powder, are typically prepared as a celebration of the 100th day. White rice cake has the meaning of longevity as an expression of sacredness and chastity.

 

Mochi sprinkled with red bean powder is said to dispel the bad color of red beans. After preparing a lot of both rice cakes and decorating them on the pedestal, we will distribute and eat them to the people and neighbors who came to the celebration. In addition to these two types, there are also cases where we prepare five-colored rice cakes, which means the harmony of all things, and kinako rice cakes, which means to grow strong.

 

And recently, in Korea, Japan is increasing, but the culture of taking family photos at photo studios is pervading. Originally, there are many photo studios in Korea, and it seems that it is common to take pictures at milestones.

 

And as a gift, in Korea, a small gold ring called “Pegil Panji” will be given to the baby. It is well known that “Silver Spoon” is a gift for 100 days in Europe. In China, it is customary to shave for the first time in life after 100 days, and to make a brush called “Taimofude” with the shaved hair. A precious brush that can only be made once in a lifetime is a very memorable one.

 

There are various antiques in our shop, but maybe this was also an important gift from someone. And it is very important, and it seems that it remains in such a beautiful shape now. With that in mind, this job is still attractive.

 

*********************

 

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

また風光舎は、出張買取も強化しております。

ご近所はもちろん、愛知県内、岐阜県、三重県その他の県へも出張いたします。

まずは、お電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

平安神宮会館で朝食を(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取いたします 古美術風光舎名古屋店)

2022.05.17

皆さま、こんにちは。

最近、家の近所を散歩し始めたのですが、公園でダッシュしている男性がいたので真似して走ってみたら太もも裏を痛めたスタッフNでございます。

準備運動の大切さを身に沁みて感じました。

さらに、先ほど、ポスティングの帰りに歩きスマホの男性とぶつかりそうになり、大事故になりかけました。

歩きスマホ本当に危ないです。やめましょう。

ひやっと続きだったので、平安神宮の写真でも観て癒されることにいたしましょう。

 

 

 

平安神宮と言えば、藤原紀香が結婚式をしたところというイメージが強いですね。

ここで平安神宮について調べてみました。

平安神宮(へいあんじんぐう)は、京都市左京区にある神社でございます。

1895年(明治28年)4月1日に平安遷都1100年を記念して京都で開催された内国勧業博覧会の目玉として平安京遷都当時の大内裏の一部復元が計画されました。当初は実際に大内裏があった千本丸太町に朱雀門が位置するように計画されましたが、用地買収に失敗し、当時は郊外であった岡崎に場所を移して1893年(明治26年)9月3日に地鎮祭が執り行われました。社殿は平安京の大内裏の正庁である朝堂院を模し、実物の8分の5の規模で復元されて1895年(明治28年)に完成しました。

 

 

博覧会に先立つ3月15日には、平安遷都を行った天皇である第50代桓武天皇を祀る神社として創祀されました。皇紀2600年にあたる1940年(昭和15年)に、平安京で過ごした最後の天皇である第121代孝明天皇が祭神に加えられました。平安神宮では京都を守る四神の御守が授与されております。

1976年(昭和51年)1月6日、火災(平安神宮放火事件)が発生し本殿・内拝殿など9棟が炎上、焼失しました。ただし、東西の両本殿から御神体は運び出されて無事、外拝殿である大極殿も延焼をまぬがれました。創建が比較的新しかったことから当時はこれらの建物は文化財指定を受けていなかった為、再建の為の国からの補助金が見込めませんでした。しかし、全国からの募金により、本殿や内拝殿は1979年(昭和54年)4月に再建されました。この火災は、後に日本の新左翼活動家加藤三郎の犯行と判明したそうです。

 

 

 

社殿は、平安京の大内裏の正庁である朝堂院八省院)を縮小(長さ比で約8分の5)して復元したものでございます。大きく赤く光る朱色が特徴的な正面の門は、朝堂院の応天門を模しております。その内側の左右の殿舎は朝集堂の再現でございます。外拝殿は朝堂院の正殿である大極殿(左右には蒼龍楼と白虎楼が付属する)を模しております。1895年(明治28年)に完成致しました。

基本的にはこれらの建築様式は、平安時代後期(11 – 12世紀)の第3次八省院(延久4年(1072年)再建、治承元年(1177年)焼亡)を再現したものとなっております。この時の大極殿などの姿は、後白河法皇が作らせた「年中行事絵巻」に描かれているそうです。ただ、大極殿と応天門の間には本来は会昌門朝堂12堂が存在し、応天門の左右には翔鸞楼と栖鳳楼という楼閣が付属していましたが、これらは平安神宮では復元されておりません。また、平安神宮の社殿の瓦はすべて緑釉瓦となっていますが、近年の研究によると平安時代の大極殿では軒先と棟部分だけにしか緑釉瓦は使われていなかったと推定されております。

2010年(平成22年)12月、大極殿など6棟が国の重要文化財に指定されました。また、参道の大鳥居は24.4mの高さがあり、国の登録有形文化財に登録されております。

敷地面積は約10,000坪の日本庭園である「平安神宮神苑」を含め、約20,000坪ほどございます。

 

 

 

今回、平安神宮神苑を眺めながらの朝食プランというのがホテルでついておりまして、恐れながら行ってまいりました。

平安神宮神苑(へいあんじんぐうしんえん)は京都府京都市左京区にある池泉回遊式の近代日本庭園でございます。平安神宮の大極殿背後の周囲三方に配された南神苑、西神苑、中神苑、東神苑で構成され、面積は33,000平方メートル、作庭は小川治兵衛、1975年(昭和50年)に国の名勝に指定されております。

明治28年(1895年)、平安遷都千百年祭が開催されるにあたり創建されることになった平安神宮の社殿一帯の風致保存のために庭園を築造することになり、神苑造営が企画されました。 当初に設けられた本殿東西の蒼龍池(東池)と百虎池(西池)の二つが最も古いそうです。

生きてきた中で、こんな優雅な朝食はないくらい幸せなひと時でありました。

たまたま他にお客様がおらず、貸し切りだったので、朝の静かな平安神宮を堪能することができました。

庭園の椅子や石が、作者が風景が美しく見える場所を教えてくれていると、スタッフの方が教えてくださったので、素敵な風景の写真を撮ることができました。

 

 

途中まで自分が貴族のような気分で歩いておりましたが、途中の橋で鯉と亀に麩菓子をあげるのに夢中になっておりました。

亀と小さい魚にあげたいのですが、風で飛ばされて大きな鯉ばかりに横取りされるのが悔しくてついつい・・・。

同じ時間に結婚式もされていたようですが、残念ながら会えませんでした。

今から1200年前、京都が生まれたばかりの風景をさながらに体感し、感動致しました。

日本に生まれて良かったとしみじみ感じた日でございました。

ではでは

Hello everyone.

Recently, I started taking a walk in the neighborhood of my house, but there was a man dashing in the park, so when I tried to imitate it, it was Staff N who hurt the back of his thighs.

I felt the importance of the preparatory movement.

In addition, I was about to hit a man on my smartphone while walking on the way home from posting, and I was about to have a big accident.

Walking smartphone is really dangerous. let’s stop.

It was a continuation, so let’s take a look at the pictures of Heian Jingu and let’s be healed.

Speaking of Heian Jingu, the image of Norika Fujiwara having a wedding is strong.

I checked about Heian Shrine here.

Heian Jingu is a shrine located in Sakyo Ward, Kyoto City.

A part of the back of Ouchi at the time of the relocation of Heiankyo was planned as the centerpiece of the National Industrial Exhibition held in Kyoto on April 1, 1895 (Meiji 28) to commemorate the 1100th anniversary of the relocation of Heian. Initially, it was planned that Suzakumon would be located in Senbon Marutamachi, where the back of Ouchi was actually located, but the land acquisition failed and the location was moved to Okazaki, which was a suburb at that time, in 1893 (Meiji 26). The groundbreaking ceremony was held on September 3rd. The shrine was reconstructed on a scale of 5/8 of the actual shrine and completed in 1895 (Meiji 28), imitating the Chodoin, which is the main office of the Ouchi back of Heiankyo.

It was founded on March 15th, prior to the exposition, as a shrine dedicated to the 50th Emperor Kanmu, the emperor who relocated to Heian. In 1940 (Showa 15), which is the 2600th year of the imperial era, the 121st Emperor Komei, the last emperor to spend in Heiankyo, was added to the deity. At Heian Jingu, the amulets of the four gods that protect Kyoto are awarded.

On January 6, 1976 (Showa 51), a fire (Heian Jingu arson incident) broke out and nine buildings including the main shrine and the inner worship hall were burnt down. However, the Shintai was carried out from both the eastern and western main shrines, and the Daigokuden, which is the outer worship hall, also survived the spread of fire. Since the construction was relatively new, these buildings were not designated as cultural properties at that time, so subsidies from the country for reconstruction could not be expected. However, the main hall and the inner hall of worship were rebuilt in April 1979 (Showa 54) by raising funds from all over the country. The fire was later discovered to be the crime of Saburo Kato, a new left-wing activist in Japan.

The main shrine is a reduced version (about 5/8 of the length) of the Chodoin (Hachishoin), which is the main office behind the Ouchi area of ​​Heiankyo. The front gate, which is characterized by a large red glowing vermilion, imitates the Otenmon gate of Chodoin. The left and right halls inside it are a reproduction of the morning assembly hall. The outer hall of worship imitates the main hall of the Chodoin, the Daigokuden (with the Souryu Tower and the White Tiger Tower attached to the left and right). It was completed in 1895 (Meiji 28).

Basically, these architectural styles are reproductions of the 3rd eight provinces of the late Heian period (11th-12th centuries) (reconstructed in the 4th year of Enkyu (1072) and burned down in the first year of the Jisho period (1177)). It has become. The appearance of Daigokuden at this time is said to be depicted in the “Annual Event Picture Scroll” made by Emperor Go-Shirakawa. However, between Daigokuden and Otenmon, there were originally Kaishomon and 12 Chodo, and on the left and right of Otenmon, there were towers called Shogunro and Suhoro, but these are at Heian Jingu. It has not been restored. In addition, all the tiles of the shrine of Heian Jingu are green glazed roof tiles, but according to recent research, it is estimated that green glazed roof tiles were used only for the eaves and ridges in the Taikyokuden during the Heian period. ..

In December 2010, 6 buildings including Daigokuden were designated as national important cultural properties. In addition, the large torii gate on the approach road has a height of 24.4m and is registered as a national tangible cultural property.

The site area is about 20,000 tsubo including “Heian Jingu Shrine” which is a Japanese garden of about 10,000 tsubo.

This time, the hotel had a breakfast plan with a view of Heian Jingu Shrine, so I was afraid to go there.

Heian Jingu Shrine is a modern Japanese garden with a strolling style of Ikezumi in Sakyo Ward, Kyoto City, Kyoto Prefecture. It is composed of Nanjinen, Nishijinen, Nakajinen, and Higashijinen, which are arranged around the Taikyokuden of Heian Jingu, with an area of ​​33,000 square meters, and the garden is Ogawa Jihei. It is designated as.

In 1895, a garden was to be built to preserve the scenic beauty of the Heian Jingu shrine, which was to be built when the Heian-kyo 1000th Anniversary Festival was held. I did. It is said that Soryu Pond (Higashi Pond) and Hyakutora Pond (Nishi Pond), which were originally established in the east and west of the main shrine, are the oldest.

In my life, I was so happy that I couldn’t have such an elegant breakfast.

It happened that there were no other customers and it was reserved, so I was able to enjoy the quiet Heian Shrine in the morning.

The staff told me that the chairs and stones in the garden tell me where the landscape looks beautiful, so I was able to take pictures of the landscape.

I was walking halfway like an aristocrat, but I was absorbed in giving carp and turtles sweets at the bridge on the way.

I’d like to give it to a turtle and a small fish, but I’m disappointed that it’s blown away by the wind and stolen by only a big carp.

It seems that the wedding was held at the same time, but unfortunately I couldn’t meet.

I was impressed by experiencing the scenery of Kyoto just born 1200 years ago.

It was a day when I was happy to be born in Japan.

See you soon

 

*********************

 

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

また風光舎は、出張買取も強化しております。

ご近所はもちろん、愛知県内、岐阜県、三重県その他の県へも出張いたします。

まずは、お電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

建仁寺(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取いたします 古美術風光舎名古屋店)

2022.05.15

皆さま、こんにちは。

携帯だけ持ってスーパーにお昼ごはんに行きましたが、paypayが使えず、ICカードで支払うも残高不足、仕方がないのでいつもの店に来てみたらまさかのお休み。薬局に来てみたら、マスクとビニールシートで声が届かず、悲しいスタッフNでございます。

しかし、いいこともございました。

ポスティング中に、ポストの上にいる可愛らしい白黒にゃんこに出会いました。

近くに行っても逃げないので、いつもの定位置なのでしょう。

この家に来た郵便屋さんはさぞ、ほっこりなさることでしょうね。ただし、猫好きに限りますが。

先日行った建仁寺のお話をしたいと思います。

 

実は建仁寺、知り合いにつれていかれるまでは存じ上げませんでした。

いざ行ってみると、今まで知らなかったのが悔やまれるくらい素晴らしいところでございました。

建仁寺(けんにんじ)は、京都市東山区にある臨済宗建仁寺派の大本山の寺院でございます。創立者は源頼家、開山は栄西でございます。かつて京都五山の第3位でありました。

俵屋宗達の「風神雷神図」、海北友松の襖絵などの文化財を豊富に伝えております。山内の塔頭としては、桃山時代の池泉回遊式庭園で有名であり、貴重な古籍や漢籍・朝鮮本などの文化財も多数所蔵していることで知られる両足院などがございます。また、豊臣秀吉を祀る高台寺や、「八坂の塔」のある法観寺は建仁寺の末寺だそうです。寺号は「けんにんじ」と読むが、地元では「けんねんさん」の名で親しまれております。なお、しばしば日本最初の禅寺といわれますが、これは間違いで、博多の聖福寺(妙心寺派)が最初の禅寺だそうです。

 

日本に臨済宗を正式に伝えたのは栄西であるとされております。栄西は永治元年(1141年)、備中国に生まれました。13歳で比叡山に上り翌年出家。仁安3年(1168年)と文治3年(1187年)の2回、南宋に渡航致しました。1度目の渡宋はわずか半年でしたが、2度目の渡宋の際、臨済宗黄龍派(おうりょうは)の虚庵懐敞(きあんえじょう)に参禅致しました。

建久2年(1191年)、虚庵から印可(師匠の法を嗣いだという証明)を得て帰国致します。当時、京都では比叡山延暦寺の勢力が強大で、禅寺を開くことは困難でありました。栄西は初め九州博多に聖福寺を建て、のち鎌倉に移り、北条政子の援助で正治2年(1200年)に建立された寿福寺の開山となります。

その2年後の建仁2年(1202年)、鎌倉幕府2代将軍源頼家の援助を得て、元号を寺号とし、京都における臨済宗の拠点として建立されたのが建仁寺でございます。

 

特に、中庭は四方どこから見ても美しく時間を忘れて皆畳の上に静かに座っておりました。

畳に座って中庭をぼんやり眺めるだけでも、建仁寺に来る価値があると思います。

創建当時の建仁寺は真言院・止観院を構え、天台・真言・禅の3宗並立でありました。これは当時の京都では真言、天台の既存宗派の勢力が強大だったことが背景にあるそうです。

寛元4年(1246年)6月と翌寛元5年(1247年)、そして建長8年(1256年)7月に焼失し衰微しました。しかし、正嘉元年(1258年)5月、東福寺開山の円爾(聖一国師)が当山に入寺し仏殿などを復興致します。翌、正元元年(1259年)には宋僧の蘭渓道隆が11世住職として入寺し、臨済禅道場となりこの頃から純粋禅の寺院となります。文永2年(1265年)には臨済禅寺となり、寺名を建寧寺に改名致します。

そして、康永元年(1342年)寺名を建仁寺に戻します。

 

 

応永4年(1397年)11月、応仁の乱に巻き込まれて焼失致します。文明13年(1481年)にも炎上しており、当寺は火災が多く創建当時の建物は残って。おりません。

天正年間(1573年 – 1592年)に安国寺恵瓊が復興に努め、江戸時代にも修理が継続して行われました。

法堂(京都府指定有形文化財) は仏殿(本尊を安置する堂)と法堂(はっとう、講堂にあたる)を兼ねている当寺の本堂でございます。明和2年(1765年)再建され、2002年(平成14年)創建800年を記念して天井に小泉淳作により「双龍図」が描かれました。方丈と渡り廊下で繋がっております。

写真で見ても伝わるこの迫力、素晴らしいですね。実際には、想像よりも天井が高く広かったので驚きました。

方丈(重要文化財) – 長享元年(1487年)の建立で、もと安芸国の安国寺にあり、安国寺恵瓊が慶長4年(1599年)に建仁寺に移築したものでございます。東側に設けられた大玄関を介して本坊と連結しており、創建当初は杮葺であったが元文元年(1736年)に瓦葺きに改められました。建物の外周すべてに建具が入り壁が少ない構造のためか、1934年(昭和9年)の室戸台風で倒壊し、1940年(昭和15年)に創建当初の杮葺で復旧されました。その後1962年(昭和37年)に銅板葺きに改められていたが、2013年(平成25年)に杮葺に復しました。各室には桃山時代の画壇を代表する画家の一人である海北友松の水墨障壁画がありましたが、現在は襖から掛軸に改装され、京都国立博物館に寄託されております。台風被害の復旧後は、日本画家橋本関雪による障壁画『生生流転』(しょうじょうるてん)『伯楽』『深秋』『蕭條』『松韻(寒山子)』(計60面、1940年完成)が設置されております方丈前庭「大雄苑」 -枯山水庭園。1940年(昭和15年)の作庭。

庭園「〇△□乃庭」 – 2006年(平成18年)北山安夫による作庭でございます。

 

 

風神雷神図 – 俵屋宗達筆。金地の二曲一双屏風のそれぞれに風神と雷神を描いております。たっぷりと取られた余白が広い空間を暗示し、天空を駆ける両神のダイナミックな動きを感じさせます。印も落款もありませんが、俵屋宗達の代表作として名高いです。原本は京都国立博物館に寄託され、常時の公開はされておりませんが、複製の屏風および陶板は建仁寺で見ることができます。元々は京都の豪商・打它公軌(うだきんのり/糸屋十右衛門)が建仁寺派である妙光寺再興の記念に俵屋宗達に製作を依頼したもので、その後、妙光寺から建仁寺に寄贈されました。

 

 

壮大な天井画、絵にかいたような中庭、今にも飛び出しそうな襖絵などが堪能できるアーティスティックな建仁寺、大好きになりました。

次回京都旅行に来た時も、ぜひ行きたい場所です。

このようにいろんな土地に自分のお気に入りが増えるのは素敵なことでございますね。

古美術風光舎も、皆さまのお気に入りにいれていただけると幸いでございます。

ではでは

 

*********************

 

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

また風光舎は、出張買取も強化しております。

ご近所はもちろん、愛知県内、岐阜県、三重県その他の県へも出張いたします。

まずは、お電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ