ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

愛知県へ聖火リレーがやってきました。(愛知県名古屋市千種区 骨董買取・古美術風光舎名古屋店)

2021.04.07

聖火リレーが各都道府県に到着と連日ニュースになっていますね。

こんにちは、スタッフY  です。

ここ愛知県もいよいよ聖火リレーが昨日、一昨日と到着いたしました。

 

 

愛知県瀬戸市からスタートし、名古屋市や愛知県内の市町村を経由し、豊田市へ。

ランナーの皆さまお疲れ様。本当に良い笑顔をされて走っていましたよね。次の方へとトーチを渡す際に、トーチの受け渡しと共に、みなさまの笑顔も受け渡っていたのが印象的でした。大勢の方がなかなか近くで応援とはいかない中、私も映像を通してですが、応援いたしました。

 

 

 

好奇心がいつも取っ散らかっているのでとりあえず見ておこうと、一昨年日本オリンピックミュージアムにてトーチを見にいってきました。今となっては、悲しいかな随分と遠い記憶です。

ですが、印象は日本の細かな技術、ていねいなものづくりの精神を本当に反映しているトーチです。実に、繊細な作りだなと、素人の私でも分かりました。

 

デザイナーは「ガラスの茶室」などで知られる吉岡徳仁さんです。

今回のトーチは高さ71センチ、重さ約1.2キロ。上から見るとトーチの上部は桜の花びらのように5つに分かれており、5つの部分から上がった炎が頂点部分でひとつなるというデザイン。まさに、炎をデザインしたとのこと。聖火ランナー1人ずつに配布され(みなさん、いただけるんですね)予備を含めると1万本以上が製造される予定。

 

吉岡さんは今回のトーチに対して、

炎のかたちをデザインしました。この光り輝くトーチは、桜型の多面体の造形により太陽の光を反射し、聖火ランナーに輝きを与えるようにデザインされています。ランナーは常に動きますから、トーチはそのたびにきらきらと光を放ち、見ている人にも光を与える。そのシーンを思い浮かべながらデザインしました。

デザインのきっかけは、被災地の子どもたちとみんなで、桜のエンブレムを描いたことで、子どもたちが描いた力強い桜の絵のように、被災地の方々が苦悩を乗り越え、立ち上がる姿を世界の人々に伝えたい。その想いでデザインをさせていただきましました。とのこと。

 

材料もまた東日本大震災の復興仮設住宅にアルミサッシを提供していた企業が、役割を終えた仮設住宅の解体が始まっていたので、そのアルミニウムを使えるかもしれないということで、それは素晴らしいと、再利用。ここにも、吉岡さんのメッセージが込められていますね。

 

 

当時制作された頃には、吉岡さんもきっとこの状況を知る由もなかったでしょう。

状況はかわってしまいましたが、気持ちは一緒ですよね。何度でも立ち上がる希望を象徴する炎として、日本の桜の開花と共に、この桜のトーチがそれを手にして走るランナーさんにより、たくさんの方々へむけて、日本全国駆け巡ってほしいものです。

私も、走ろうかなぁ。

 

 

The news of arrival at each prefecture of the torch relay is news every day.

Hello, this is staff Y.

The torch relay has finally arrived here in Aichi prefecture yesterday and the day before yesterday.

 

Start from Seto City, Aichi Prefecture, and then to Toyota City via Nagoya City and municipalities in Aichi Prefecture.

Thank you to all the runners. You were running with a really nice smile. When I handed over the torch to the next person, it was impressive that everyone smiled along with the handing over of the torch. While many people weren’t very close to cheering, I also cheered through the video.

 

My curiosity is messed up, so I went to see the torch at the Japan Olympic Museum two years ago to see it for the time being, but alas, it’s a long memory.

However, the impression is a torch that reflects Japan’s detailed technology and the spirit of careful manufacturing. As an amateur, I realized that it was really delicate.

 

The designer is Tokujin Yoshioka, who is known for his “Glass Tea Room”.

The torch this time is 71 cm high and weighs about 1.2 kg. When viewed from above, the upper part of the torch is divided into five parts like cherry blossom petals, and the flame that rises from the five parts becomes one at the top. He said he designed the flame. It will be distributed to each torchbearer (everyone can get it), and if you include the spare, more than 10,000 will be manufactured.

Mr. Yoshioka responded to this torch

I designed the shape of the flame. This brilliant torch is designed to reflect the sun’s rays and give the torchbearer a shine by shaping a cherry-shaped polyhedron. Since the runners are constantly moving, the torch shines brightly each time, giving light to the viewer. I designed it with that scene in mind.

The reason for the design was to draw the cherry blossom emblem together with the children in the disaster area, and to show the people of the world how the people in the disaster area overcome their distress and stand up like the powerful picture of cherry blossoms drawn by the children. I want to tell. I designed it with that in mind. And that. As for the material, the company that provided aluminum sashes for the reconstruction temporary housing after the Great East Japan Earthquake has begun to dismantle the temporary housing that has finished its role, so it may be possible to use that aluminum, which is wonderful. I reused it. And that.

 

By the time it was produced at that time, Mr. Yoshioka probably had no way of knowing this situation. The situation has changed, but the feelings are the same. As a flame that symbolizes the hope of rising up many times, I hope that the runners who run with this torch of cherry blossoms in their hands will run around all over Japan with the blooming of Japanese cherry blossoms. I wonder if I should run too.

*********************

 

新生活を始めた皆さま、お片付けの際にでられた行先の迷われたお品はございませんでしょうか。

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

気持ち良く整理整頓して、新しい新生活を迎えましょう。

 

また風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内のみならず、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

お気軽にご相談下さい。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL:052-734-8444

 

For those of you who have just started a new life, are there any items that you lost your destination when cleaning up?

At Fukosha, we purchase various genres such as paintings, jewelry, and hobby items in addition to antiques and antiques.

Let’s be comfortable and tidy and welcome a new life.

 

Fukosha is also strengthening business trip purchases.

We will travel not only to Aichi prefecture but also to Gifu prefecture, Mie prefecture and other prefectures.

No matter how close you are, we are looking forward to hearing from you.

Please feel free to contact us.

 

Chikusa-ku, Nagoya-shi, Aichi, antique purchase “Antique Fukosha Nagoya store”

TEL: 052-734-8444

 

今も昔もお弁当(愛知県名古屋市千種区・骨董 買取 古美術 風光舎より)

2021.04.06

 

皆さま、こんにちは。

行楽シーズン真っ只中、いかがお過ごしでしょうか。

激しい雨の日を挟みながらも、気持ちの良いお天気の日が続いています。

このような時期の最大のお楽しみはやはり自然の中へ出掛け、景色を楽しんだり、美味しいものを食べることでしょう。

忙しい毎日のリフレッシュにはかかせません。

もっぱら現在のスタイルは混雑のないアウトドアやおうちキャンプが主流でしょうか。

日本人はこの行楽に携えていくお弁当が本当に好きなようです。

そしてこのお弁当文化、今新たな関心を呼んでいるようで…

 

小さな箱にバラエティに富んだ様々なおかずが彩り美しく詰められている日本のお弁当は、日本独自の食文化。

とある記事より_

お弁当に炊いたご飯が一般となったのは、17世紀末のこと。

江戸時代の元禄の頃、それまでの朝夕二食から一日三食の食習慣が定着。

昼食としてお弁当が広まっていったそうです。

時間が経ってもご飯が傷まず、冷めてもおいしく食べられるように工夫された弁当箱が、皆さまご存じ「曲げわっぱ」。

檜や杉で作った曲げ物で通気性に優れ、木肌が余分な水分を吸収し、米粒の表面をアミノ酸の膜で包むという優れもの。

先人たちの知識と技のおかげでおいしくいただけます。感謝^^

 

『泰平の世の経済の発展は人々の生活を安定させ、暮らしを楽しむ気持ちの余裕ももたらしました。享保年間に八代将軍吉宗が飛鳥山などへ数千本の桜を植樹し、庶民の花見を奨励したことから、花見は年中行事ともいえる楽しみになりました。宵の中心にはお弁当があり、「花見弁当」はみんなで楽しむもの、重箱に詰められたご馳走は花見気分をさらに高揚させ、仲間の絆を深めました。重箱は重ねると小さくなり、広げると多くの料理を一度に供することができます。携行しやすいように提げ手を付けた「提重」も登場しました。江戸時代後期には多くの料理本が出版され、料理指南も載っており、お弁当の副菜や彩り、詰め方にも工夫をこらすようになります。お弁当はみんなで楽しむものになりました。』

 

お弁当の歴史、深かったのですね。

当タイトルのすぐ下の画像は、歌川広重の錦絵『江戸名所図会 飛鳥山』の一部です。

(東京・北区飛鳥山博物館蔵)

お花見スタイル、今も昔もそんなには変わりないでしょうか。

お弁当と宴好きというのは古来より日本人に受け継がれているDNAなのでしょうね。

例年より早いお花見はあっという間に終わってしまった今回ですが、美味しいものは去っていきません笑。

江戸の人たちが楽しんでいたように、自分なりの食の芸術を小さな箱に詰めれば、ちょっと心が豊かになるかもしれません。

新しい環境で気を張った日々が続いている方もいらっしゃると思います。

大層なことはしなくても、ちょっとおいしいものを携えて、春の自然を感じてみてはいかがでしょう。

 

Staff I

 

 

Hello everyone.

How are you doing in the middle of the holiday season?

Even though it is raining heavily, the sunny days continue.

The biggest pleasure of this time is to go out into nature, enjoy the scenery and eat delicious food.

It is indispensable for busy daily refreshment.

Is the current style mainly for outdoor activities and home camps that are not crowded?

It seems that Japanese people really like the bento that they bring with them to this excursion.

And this bento culture seems to be attracting new interest now .

 

Japanese bento boxes, which are beautifully packed with a variety of side dishes in a small box, are a unique Japanese food culture.

From a certain article _

It was at the end of the 17th century that rice cooked in bento boxes became popular.

During the Genroku period of the Edo period, the eating habit of eating three meals a day was established from two meals in the morning and evening.

It seems that lunch boxes have become widespread for lunch.

As you all know, “Magewappa” is a bento box designed so that the rice will not be damaged over time and you can eat it deliciously even when it gets cold.

A bent product made of cypress or cedar that has excellent breathability, the bark absorbs excess water, and the surface of rice grains is wrapped in an amino acid film.

You can enjoy it thanks to the knowledge and skills of our predecessors. Thanks ^^

 

“The economic development of Taihei’s world has stabilized people’s lives and provided them with a sense of enjoyment. During the Kyoho era, Hachidai Shogun Yoshimune planted thousands of cherry trees in Asukayama and other areas to encourage the common people to see the cherry blossoms, making cherry blossom viewing an annual event. There is a lunch box in the center of the evening, and the “hanami lunch box” is something that everyone can enjoy, and the treats packed in a heavy box further enhance the feeling of cherry blossom viewing and deepen the bonds of friends. The jubako can be stacked to make it smaller, and unfolded to serve many dishes at once. A “bearing weight” with a carrying handle has also appeared. In the latter half of the Edo period, many cookbooks were published, including cooking instructions, and we began to devise side dishes, colors, and packing methods for bento boxes. Bento has become something that everyone can enjoy. ”

 

The history of bento was deep, wasn’t it?

The image just below this title is part of Hiroshige Utagawa’s Nishiki-e “Edo Famous Places Asukayama”.

(Collection of Asukayama Museum, Kita-ku, Tokyo)

Isn’t the cherry-blossom viewing style so different now and in the past?

Bento and banquet lovers are probably the DNA that has been passed down to Japanese people since ancient times.

The cherry-blossom viewing, which is earlier than usual, has ended in a blink of an eye, but the delicious food will not go away .lol

As the people of Edo enjoyed, packing your own food art in a small box may enrich your heart a little.

I’m sure there are some people who continue to be careful in the new environment.

Even if you don’t do much, why not bring some delicious food and feel the nature of spring.

 

 

生活様式の変化とともに、整理されている方もいらっしゃると思います。

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

また風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL:052-734-8444

 

I think that some people are getting organized as their lifestyle changes.

At Fukosha, we purchase various genres such as paintings, jewelry, and hobby items in addition to antiques and antiques.

Please feel free to contact us even if you have been tidied up and are wondering if this kind of thing is okay.

 

Fukosha is also strengthening business trip purchases.

We will make business trips not only to Aichi prefecture but also to Gifu prefecture, Mie prefecture and other prefectures.

No matter how close you are, we are looking forward to hearing from you.

 

Chikusa-ku, Nagoya-shi, Aichi, antique purchase “Antique Fukosha Nagoya store”

TEL: 052-734-8444

新しい茶道の在り方(愛知県名古屋市千種区 古美術風光舎 出張買取致します)

2021.04.05

こんにちは!古美術風光舎です。

こちら名古屋店にご来店下さるお客様の中にも

茶道を嗜まれる方が大勢いらっしゃいます。

 
そのような皆さまにおかれましては、
『各服点(かくふくだて)』についてのお聞き及びはございましたでしょうか?
(流派によっては違う呼称で同じようなお点前があるのかも知れません。)

いわゆる抹茶には濃茶・薄茶とありますが、

本来、厳粛な雰囲気の中、

その場に居る皆さまで喫み回していただく濃茶こそが

一座での絆を深める大切なものだと聞いております。

しかしながら、現在のこの世相ではその機会を持つことは大変難しいですね。

 

そんな世相の中でもお濃茶の精神を受け継ぐために

行われているのが『各服点』なのです。

濃茶各服点を考案されたのは、茶道裏千家第13代お家元・圓能斎鉄中(えんのうさいてっちゅう)宗室。

 
約100年前のこと、日本で、そして世界でもスペイン風邪が流行していました。

今日の新型コロナウイルスの流行で危惧されているように、

第一波よりも第二波で多くの尊い命が失われた厳しい時代でした。

そのような中で考案された新しいお点前なのでした。

 
裏千家 第14代宗匠 淡々斎 宗室の著書『風興集』の一節も紹介させていただきますが、成程と思います。

「濃茶は一碗の茶を各自喫み回すことが規定でありまして、すなわち親しみを増す意味で大切なことでありますが、時勢の進化に伴い、衛生思想が著しく発達してまいりまして、すでに宴会の献酬、すなわち盃の交換をするさえ問題にされる時代であります。そんな際に、幾ら厳粛な基調の下に行われるお茶にしても、連客の中には、老人もあれば病人もある、また常に在ってはならぬことでありますが、保健上から見ても、最も危険性の伴う人と同席した場合、いわず語らず気が臆して、同一碗で喫み回すことなどの、躊躇せられることもあります。これらのことに心をつけて、客に嫌忌の念を起こさしめないように謀らうのも、亭主の真情でありました、客に敬意を払った真実な所作でありましょう。 」(淡々斎 千宗室著/淡交社)

(ちなみに現在、茶道裏千家のお家元は第16代坐忘斎玄黙(ざぼうさいげんもく)宗室です。)


新しいことをすると批判されるのが常ですが、

それでも歴代のお家元が新しいお点前を考案されるのは、

やはり茶の湯の精神を守っていくためなのですね。

 

茶道だけでなく、今の生活全般において変わってしまった沢山のことがあります。

たとえ様式は変わったとしても、その本質を見失わなわずに大切にしていきたいものです。

Staff T

Everyone who comes to the antique art style building

There are many people who enjoy the tea ceremony,

About “each clothing point”

Did you hear from us?

 

So-called matcha is called dark tea or light tea,

Originally in a solemn atmosphere

The dark tea that everyone on the spot can enjoy

I hear that it is important to deepen the bond in the troupe.

However, it is difficult to have that opportunity in this current world.

 

Even so, in order to inherit the spirit of dark tea

What is being done is “each dressing point”.

 

It was the 13th generation of the tea ceremony Urasenke, Ennosai Tetsuchu, who devised each of the dark tea clothing points.

(Enno Usatechu) This is Somuro.

About 100 years ago, the Spanish flu was prevalent in Japan and around the world.

As feared by today’s epidemic of the new coronavirus,

It was a tough time when more precious lives were lost in the second wave than in the first wave.

 

Urasenke 14th Sect Master Tantansai Sect’s book “Fukoshu”

I would like to introduce it, but I think it is true.

 

“Dark tea is a rule that each person enjoys a bowl of tea, which is important in terms of increasing familiarity, but with the evolution of the times, hygiene ideas have developed remarkably, and already It is an era when even the exchange of sake cups, that is, the exchange of banquets, is a problem. At that time, even if the tea is made under a solemn tone, some of the guests are old and some are sick. There are some, and it shouldn’t always be there, but from a health point of view, if you are present with the most dangerous person, you don’t have to talk about it, and you can enjoy it in the same bowl. Sometimes I hesitate, such as things. It was the owner’s true intention to keep these things in mind and try not to cause dislike to the guests, paying respect to the guests. Let’s be a true act. ”

 

People is always criticized for doing new things,

Still, it is the reason why successive owners devise new points

After all it is to protect the spirit of the tea ceremony.

 

Not only in the tea ceremony, but in all aspects of life today

Even if the style changes

I want to cherish the essence without losing sight of it.
*********************

新しい生活様式にシフトしたことにともない、
思い出の品物を整理しなければならない、

そんな時は古美術風向舎名古屋店までご相談下さい。

出張買取も致しております。

名古屋近郊だけでなく、愛知・岐阜・三重・その他の地域へも伺えますので、
先ずはご連絡をお待ちしあげておます。

古美術風光舎 名古屋店(店舗営業時間10:00~17:00)
052-734-8444

*********************

You  have to organize your memorable items,

In such a case, please contact the antique art style building Nagoya store.

We also do business trip purchases.

You can visit not only the suburbs of Nagoya but also Aichi, Gifu, Mie, and other areas.
First of all, we look forward to hearing from you.

Antique Art Fukosha Nagoya Store (Store business hours 10: 00-17: 00)
052-734-8444

*********************

千種区の名東区のお客様より再度煎茶道具持ち込みいただきました。ありがとうございました。

2021.04.04

 

千種区の名東区のお客様より、再度持ち込みがございました。茶道具、煎茶道具、掛軸などお持ち込みいただきました。

お足元の悪い中お越しいただき、大切なお品をお譲りいただき誠にありがとうございました。

また何かございましたら、古美術風向舎名古屋店をよろしくお願いいたします。

 

 

ただ今、古美術風向舎 名古屋店では買取を強化しております。

愛知県のみならず、岐阜県三重県全国へ出張いたします。

 

【古美術風光舎 名古屋店】

TEL052(734)8444

(10;00~17:00 OPEN)

 

 

曜変天目におめにかかれました。(愛知県名古屋市千種区 骨董買取古美術風光舎名古屋店)

2021.04.04

みなさま、こんにちは。スタッフYです。

先月、実はどうしてもいきたくて、気を付けながら行って参りましたよ、静嘉堂文庫美術館へ。

目的はひとつ。『曜変天目』です。

ここ、静嘉堂文庫美術館は、岩崎弥之助(三菱第二代目社長)らのコレクションを収めた美術館。『陽変天目が落ち着いて見られるのは、ここでしょう。』と、お連れさんが教えてくれ、ほいほいとついて行った次第です。場所は、都内世田谷区、二子玉川駅から少し離れた閑静な住宅街。岩崎彌之助(三菱第二代社長)の別宅ということもあり、静かな美術館の中、贅沢にも本当にゆったりと曜変天目を鑑賞することができたんです。暫く、展示のガラスケースをじーっと張り付いてのぞき込みました。時に、丸の内の三菱一号館美術館でも展示されることもあるようですが、その時はたくさんの人でこのように張り付いて鑑賞などはできないようです。

 

 

 

HPによると、「曜変」とは、元来「窯変」を意味した言葉とされ、文献で「星」または「輝く」を意味する「曜」の字が当てられるようになるのは、15世紀前半頃からである。室町時代の文献『君台観左右帳記』において、「曜変」は、唐物茶碗「土之物」(陶製の茶碗)のうち、もっとも貴重で高価な茶碗として、分類格付けされてきた。福建省建窯の焼成品で、これは偶然の所産と見られている。
静嘉堂文庫美術館所蔵の曜変天目(茶碗)は、もと徳川将軍家所蔵であったものが、三代将軍・家光の時代、春日局を経て、後に淀藩主となる稲葉家へ伝えられたとされる。今日、世界中で現存する曜変天目(完形品)は、日本にある三碗のみ、京都・大徳寺龍光院、大阪・藤田美術館所蔵の各一碗と本碗で、すべてが国宝に指定されている。とのこと。

とにかく簡単に焼けるものではない、と研究者も陶芸家も口を揃える曜変天目。つまり何万個、何十万個に一つ、偶然が重なってできたものだから稀少価値があるのでしょうか。そして、すべてが国宝に指定されて、日本に三碗しかないのがまたファンタジーですよね。

 

ではなぜ中国で作られたにもかかわらず、中国に曜変天目は存在しない?と、長い間考えられてきたのですが、なんと2009年、南宋の都があった杭州市内の工事現場から出土したとのこと。これはいったい…。

曜変天目の破片は、全体の70%近くが残り、国宝三碗と同じ斑文や光彩も備えており、学術的な発掘ではなく、工事現場からの出土なので、一定の留保は必要ですが、出土地点は南宋王朝の迎賓館、あるいは皇妃の邸宅に当たる場所のとのこと。さらに宮殿銘を刻した白磁や青磁など、宮廷用磁器の破片が一緒に見つかっていることから、曜変天目が南宋の宮廷文物だったと判明しました。

さらに17年、再び杭州で曜変天目の破片が出土したりと、そちらもやはり曜変天目の特徴を備えるいるようです。ですが、完璧なる曜変天目が日本しか存在しないことから、中国では斑文や光彩を不吉として排除したのではという説もあります。曜変天目が宮廷文物になるほど高い評価を受けていたのであれば、その説は当を失しますね。日本の曜変天目も、かつて南宋宮廷にあったものだったのでしょうか。この謎も陽変天目が皆を引き付けてやまない魅力なんでしょうね。

 

なんて蘊蓄はさておき、お碗を見つめていると、本当にひきこまれる妖艶な艶やかな小宇宙…。などと私が説明してしまうと、とても台無しになってしまうので、皆さま、機会がありましたら是非一度ご自分の目で鑑賞なさってみて下さい。

 

 

【静嘉堂文庫美術館】

4月10日~6月6日、移転前の最後の展示となります。

令和4年からは、展示ギャラリーが丸の内明治生命館内へ移動します。

 

 

Ladies and gentlemen, Hello. This is Staff Y.

Last month, I really wanted to go, so I went to the Seikado Bunko Museum with care.

The purpose of this exhibition was the Iwasaki family’s chicks, which was also wonderful, but more than that, it was “Yohen Tenmoku”. I’m glad I saw it while I was alive.

The Seikado Bunko Museum is a museum that houses a collection from Yanosuke Iwasaki (the second president of Mitsubishi). “This is where you can see the positive Tenmoku calmly. My companion told me that I followed him, but the place was a separate house of Yanosuke Iwasaki (the second president of Mitsubishi) in a quiet residential area a little away from the station in Setagaya-ku, Tokyo. Because of that, I was able to truly relax and appreciate the positive changes in the quiet museum. For a while, I stared into the glass case of the exhibition. Occasionally, it will be exhibited at the Mitsubishi Ichigokan Museum in Marunouchi, but at that time it seems that it is not possible to appreciate it because it is crowded with people.

 

According to HP, “Yohen” was originally a word that meant “kiln change,” and in the literature, the word “yo”, which means “star” or “shining,” came to be applied to 15 It is from the first half of the century. In the Muromachi period document “Kimidai Kanryokuki”, “Yohen” has been classified and rated as the most valuable and expensive bowl among the Karamono tea bowls “Tsuchinomono” (pottery bowls). A fired product from a Jian ware in Fujian Province, which is believed to be a coincidence.
It is said that the Yohentenme (tea bowl) in the Seikado Bunko Museum was originally owned by the Tokugawa Shogun family, but was passed on to the Inaba family, who later became the lord of the Yodo domain, through the Kasuga Bureau during the time of the third shogun, Iemitsu. To. Today, the only Yohentenme (completed products) that still exist in the world are the three bowls in Japan, the Ryokoin Temple in Kyoto, and the Fujita Museum in Osaka, all of which are designated as national treasures. .. And that.

Yohen Tenmoku, which researchers and potters agree with, says that Yohen Tenmoku is not something that can be easily baked. In other words, is it a rare value because it is made by chance, one in tens of thousands or hundreds of thousands? And it is fantasy that everything is designated as a national treasure and there are only three bowls in Japan.

 

So why is there no Yohentenme in China even though it was made in China? It has been thought for a long time, but in 2009, it was excavated from a construction site in Hangzhou, where the capital of the Southern Song Dynasty was located. This is …

Nearly 70% of the fragments of the Yohentenme remain, and they have the same spots and glows as the national treasure three bowls. The departure point is the guesthouse of the Southern Song Dynasty or the mansion of the empress. In addition, fragments of court porcelain, such as white porcelain and celadon engraved with the palace inscription, were found together, indicating that Yohentenme was a court artifact of the Southern Song Dynasty.

Furthermore, in 17 years, fragments of Yohentenme were excavated again in Hangzhou, and it seems that they also have the characteristics of Yohentenme. However, there is a theory that in China, spots and brilliance were excluded as ominous because only Japan has the perfect Yohentenme. If Yohentenme had been so highly evaluated that it became a court artifact, that theory would be irrelevant. I wonder if Japan’s Yohentenme was once in the Southern Song Dynasty. This mystery is also a charm that the positive Tenmoku attracts everyone.

 

What aside, when you stare at the bowl, you’ll be drawn into a bewitching and lustrous microcosm … If I explain it, it will be very ruined, so if you have a chance, please take a look at it with your own eyes.

*********************

 

新生活を始めた皆さま、お片付けの際にでられた行先の迷われたお品はございませんでしょうか。

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

気持ち良く整理整頓して、新しい新生活を迎えましょう。

 

また風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内のみならず、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

お気軽にご相談下さい。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL:052-734-8444

 

For those of you who have just started a new life, are there any items that you lost your destination when cleaning up?

At Fukosha, we purchase various genres such as paintings, jewelry, and hobby items in addition to antiques and antiques.

Let’s be comfortable and tidy and welcome a new life.

 

Fukosha is also strengthening business trip purchases.

We will travel not only to Aichi prefecture but also to Gifu prefecture, Mie prefecture and other prefectures.

No matter how close you are, we are looking forward to hearing from you.

Please feel free to contact us.

 

Chikusa-ku, Nagoya-shi, Aichi, antique purchase “Antique Fukosha Nagoya store”

TEL: 052-734-8444

『新』しいスタートをきられたみなさまへ。(愛知県名古屋市千種区 骨董買取・古美術風光舎名古屋店)

2021.04.03

 

皆さま、こんちには。スタッフYです。いよいよ新年度4月が、はじまりましたね。

新しい土地、新しい会社、新しい学校、などなど新しい環境でスタートされた皆さま、緊張と不安の入り混じった春を迎えていることでしょう。古美術風光舎名古屋店スタッフも新たなるスタートを、ここ名古屋から応援しております。

とういうわけで、本日は新たなるスタートをきられた皆さんへ、エールを込めて、大きな『新』の文字をプレセント致します。

 

実は、こちらは先日から国立新美術館で開催されてます、クリエイティブディレクター佐藤可士和展の様子。こちらの、『新』国立新美術館の『新』です。ご存知の方も、いらっしゃるのでは。

佐藤可士和さんといえば、今治タオルのロゴや、ユニクロやセブンイレブンのロゴマーク、楽天のシンボルマークなど多種多様な方面でご活躍のクリエイティブディレクター。皆さま、ぜったい「あ、あれね!」と、佐藤さんのロゴに触れて生活していると思います。

シンプルなロゴにも、たくさんの決まり事、緻密な計算、などデザイナーさんのお仕事がわかる展覧会ですね。

 

 

ところで、新しい環境にむけてお片付けや整理整頓をされた皆さま、お片付け、大変だった方も多いのではないでしょうか。終わられた方もまだ途中の方も、まずはお疲れ様です。

 

 

そうそう、今朝の新聞に、こちらの佐藤可士和さんが整理についての記事がありました。テレビでも何度か拝見しましたが、佐藤さんのオフィス、大きな机と椅子しかない本当にすっきりとした環境なんですよね。

 

『ここは、物を生み出す場なので、余計なものがあると、そっちに影響されてしまいます。まっさらな、キャンバスのようにしておきたいんです。デザインは、整理そのものです。たくさんの問題点の中から課題を抽出し、コンセプトを立て、バラバラだったものに一つの視点を提示する。整理はクリエイティブな営み。デサインそのものなんです。』とのこと。

佐藤さんの、デサインやお仕事へのアプローチの仕方が、整理整頓に結びついているとは。シンプルだけど物事すべてへの、このアプローチの仕方、スタッフY理想です。

お片付けや整理整頓についてこんなふうに前向きにとらえると、佐藤さんのオフィスのようになるでしょうか。では、さっそく、試してみます笑。

 

Hello everyone. This is Staff Y. April of the new semester has finally begun.

Everyone who started in a new environment such as a new land, a new company, a new school, etc., will be entering a spring with a mixture of tension and anxiety. The staff of the antique art Fukosha Nagoya store is also supporting a new start from here in Nagoya.

That’s why today I’m giving a big “new” letter to everyone who has made a new start.

 

Actually, this is the state of the creative director Kashiwa Sato exhibition, which has been held at the National Art Center, Tokyo since the other day. This is the “new” of the “new” National Art Center, Tokyo. I’m sure some of you know it.

Kashiwa Sato is a creative director who is active in a wide variety of fields, including the Imabari towel logo, the UNIQLO and Seven-Eleven logos, and the Rakuten symbol. I think everyone is living by touching Mr. Sato’s logo, saying, “Oh, that’s it!”

It’s an exhibition where you can see the designer’s work, such as a simple logo, many rules, and detailed calculations.

 

By the way, I think there are many people who have been tidied up and tidy up for the new environment, and many of them have had a hard time tidying up. First of all, thank you for your hard work, both those who have finished and those who are still in the middle.

 

Oh yeah, there was an article about Kashiwa Sato in the newspaper this morning about organizing. I’ve seen it on TV several times, but it’s a really neat environment with only a large desk and chairs in Mr. Sato’s office.

 

“This is a place to produce things, so if there is something extra, it will be affected by that. I want to keep it like a blank canvas. Design is the organization itself. Extract issues from many problems, formulate a concept, and present one perspective to the disjointed ones. Organizing is a creative activity. It’s the design itself. ].

Mr. Sato, you sort out various problems in detail, and put them into a logo that is easy for everyone to understand.

Organizing is a creative activity. If you think about tidying up like this, it will be a little positive and tidy up, and it will be like Mr. Sato’s office. I’ll give it a try lol.

 

*********************

 

新生活を始めた皆さま、お片付けの際にでられた行先の迷われたお品はございませんでしょうか。

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

気持ち良く整理整頓して、新しい新生活を迎えましょう。

 

また風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内のみならず、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

お気軽にご相談下さい。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL:052-734-8444

 

For those of you who have just started a new life, are there any items that you lost your destination when cleaning up?

At Fukosha, we purchase various genres such as paintings, jewelry, and hobby items in addition to antiques and antiques.

Let’s be comfortable and tidy and welcome a new life.

 

Fukosha is also strengthening business trip purchases.

We will travel not only to Aichi prefecture but also to Gifu prefecture, Mie prefecture and other prefectures.

No matter how close you are, we are looking forward to hearing from you.

Please feel free to contact us.

 

Chikusa-ku, Nagoya-shi, Aichi, antique purchase “Antique Fukosha Nagoya store”

TEL: 052-734-8444

木村茶道美術館について_(愛知県名古屋市千種区 古美術風光舎 出張買取致します)

2021.04.02

4月に入りましたね。
和風月名は卯月(うづき)。卯の花の咲く月ということからです。
卯の花ではありませんが、この辺りの植え込みの
雪柳の白い花も繊細で綺麗です。

名古屋あたりには何ケ月も冬季休業する美術館ってありますでしょうか?
冬季休業といっても、ほとんどは年末年始を挟んでの
数週間の休館といった感じですよね。

ご紹介する『木村茶道美術館』は
毎年12月~翌年3月まで4ヵ月間も休館するんです!
新潟県柏崎市にあるんです。雪国っぽいですね!?
(名古屋辺りからですと高速道路を利用して車で4~5時間でしょうか。)

けれども休業期間が長いからというわけで、
この美術館を取り上げたわけではないんですよ。

こちらでは、なんと館蔵品の茶道具を実際に使用して、
毎日お茶席を楽しめるのです。
国宝や重文などはないですが、
通常はガラス越しに見るだけの貴重で素晴らしい茶道具を
実際に手に取り使って楽しめるというのは、
唯一この美術館のみ!
わざわざ茨城県や山形県、そして名古屋あたりから通う(←それはスタッフT)

常連さんもいるんですよ!

これは収集者・木村寒香庵翁の
「使ってこそお道具であり、使わなければお道具が死んでしまいます。」との考えから、
開館以来この方式を取入れてきたのです。


美術館によれば_
ここは「故香庵翁の無私の行為に感激した人達と
翁に教わりお世話になったお弟子さん達の
ボランティア精神により成り立っている組織です。
小なりといえどもキラリと光る施設となり、
お客様に喜んでいただけますよう最大限に努力する事は、
理事長・館長以下全員が翁の心に応えるものと考えております。」
「幾世代にもわたって引き継がれてきた美術品を生かして、
美しいものをより美しく磨き上げながら、
来館者の皆様にひとときの別世界をお楽しみいただけますよう、
いっそう努力したいと念じております。」とのこと。


いよいよ雪国も春です。
4/1より開館いたしました。

=早春茶席=
本席床  富士    三輪晁勢
花入   信楽砧形花入 神山清子
釜    柏葉釜   初代 寒雉
薄茶器   紅毛茶入  十八世紀
茶杓   蒲生氏郷  時習軒筒
茶碗   志野織部  加藤唐九郎
替    赤楽   十二代 弘入
菓子器   赤絵万古  森翠峰
替    南京赤絵桃図皿

もし皆さまが茶道の初心者でも、御道具の扱い方から丁寧にご説明下さいますよ。
世相が落ち着いた頃には是非訪れてみて下さいませ。

It’s April.
The Japanese-style month name is Uzuki. This is because it is the moon when the flowers of the bridal wreath bloom.
It’s not an Unohana, but it’s planted around here
The white flowers of Yukiyanagi are also delicate and beautiful.

Is there a museum around Nagoya that is closed for many months in winter?
Even though it is closed in winter, most of them are closed during the year-end and New Year holidays.
It’s like being closed for a few weeks.

“Kimura Tea Ceremony Museum” in Kashiwazaki City, Niigata Prefecture
The museum is closed for 4 months from December to March of the following year!
It looks like a snowy country !?
(Is it 4 to 5 hours by car from around Nagoya using the highway?)

However, because the holiday period is long,
I didn’t cover this museum.

Here, you can actually use the tea utensils from the museum collection,
You can enjoy a tea ceremony every day.
National treasures and important cultural properties are not usually found,
A precious and wonderful tea utensils that you can usually see through the glass
The fact that you can actually pick it up and enjoy it is
Only this museum!
(There are also regulars who come all the way from Ibaraki prefecture, Yamagata prefecture, and around Nagoya!)

According to the museum _
“With people who were impressed by the selflessness of the late Koan.
Of the disciples who were taught and taken care of by the old man
It is an organization made up of a volunteer spirit.
Even if it is small, it becomes a facility that shines brilliantly.
We will do our utmost to make our customers happy.
We believe that everyone below the director and director will respond to the heart of the old man. ”
“Using the works of art that have been handed down for generations,
While polishing beautiful things more beautifully
We hope that all visitors can enjoy a different world.
I would like to make further efforts. “.

The snowy country is finally spring.
It opened from April 1st.

*********************

思い出の品物を整理しなければならない、

そんな時は古美術風向舎名古屋店までご相談下さい。

出張買取も致しております。

名古屋近郊だけでなく、愛知・岐阜・三重・その他の地域へも伺えますので、
先ずはご連絡をお待ちしあげておます。

古美術風光舎 名古屋店(店舗営業時間10:00~17:00)
052-734-8444

*********************

You  have to organize your memorable items,

In such a case, please contact the antique art style building Nagoya store.

We also do business trip purchases.

You can visit not only the suburbs of Nagoya but also Aichi, Gifu, Mie, and other areas.
First of all, we look forward to hearing from you.

Antique Art Fukosha Nagoya Store (Store business hours 10: 00-17: 00)
052-734-8444

*********************

春_それぞれの始まり(愛知県名古屋市千種区・骨董 買取 古美術 風光舎より)

2021.04.01

 

春爛漫。4月のはじまりです。

その言葉通り、光あふれんばかりに春の花たちが咲き乱れています。

”爛漫”には、冬を乗り越えた花たちが一斉に咲くという意味もあります。

人間もなんとなく気分が曇りがちになる冬を越し、気持ちが晴れやかになりますよね。

天候や気温は、体調や気分を左右するなぁとつくづく実感します。

本日はちょっと身体を動かすと若干汗ばむぐらいの陽気なので、街ゆく方の装いも軽やかで…

(例年より早く、リネン類も春仕様にチェンジしたスタッフ I 。)

お昼間の日差しはまさしく太陽が輝き出ているさま_といったかんじです。

 

日本では本日より年度始めとなりますが、皆さま今日から新たな変化などはおありでしょうか。

先ずは学生さん、進学・進級おめでとうございます。

まだまだ制限はありますが、新たなステージ_無事に入学式を迎えられること何よりです。

そして本日、企業の入社式を迎えられた新入社員の方々も多いことと思います。

昨年は対面式による開催を見送るところがほとんどでしたでしょうか。

その形はオンライン併用へと様変わりしましたね。

今年は徐々に対面式も復活の兆しがあることと思います。

多くの方がこの状況下、様々な対策をして新たに進んでいるのですね。

この時期、環境の変化に順応しながら新たなチャレンジをしていく方たちを見ると、こちらまで刺激をもらい意欲的になれます。

個人的に、冬眠していた気持ちや体がパーッと解き放たれるようでこの季節は好きです。

 

ちなみにエイプリルフールは、あんなにわくわくしていた子ども時代はどこへやら、この年齢になっては自分の発した言葉のその後の責任を取る方が大変なので、すっかり興味がなくなってしまいました笑。

良いのやらわるいのやら…

 

ここ風光舎は、西の陽がよく当たる明るいギャラリーです。

春のお出かけ途中、ぜひお寄りくださいませ。

4月からもどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

Spring full bloom. It is the beginning of April.

As the word says, spring flowers are in full bloom in full of light.

“Innocent” also means that the flowers that have survived the winter will bloom all at once.

After winter, when humans tend to feel cloudy, their feelings become radiant.

I realize that the weather and temperature do not affect my physical condition or mood.

Today, it’s so cheerful that you get a little sweaty when you move your body a little, so the clothes of the people who go to the city are light …

(Staff I who changed the linens to spring specifications earlier than usual.)

The daytime sunshine is just like the sun is shining.

 

In Japan, the year begins today, but are there any new changes from today?

First of all, congratulations to the students for advancing to higher education.

There are still restrictions, but it is best to have a new stage_safe entrance ceremony.

And I think that there are many new employees who have reached the entrance ceremony of the company today.

Did most of you forgo the face-to-face event last year?

That form has changed to online combination.

I think there are signs of a revival of face-to-face meetings this year.

Many people are taking various measures under this circumstance and are making new progress.

At this time, seeing people taking on new challenges while adapting to changes in the environment makes me motivated and motivated.

Personally, I like this season because it seems that my hibernating feelings and body are released.

 

By the way, April Fool’s Day, which was so exciting when I was a kid, has become completely uninteresting at this age because it’s harder to take responsibility for what I say.

Good or bad …

 

Fukosha is a bright gallery where the west sun shines well.

Please drop in on your way out in spring.

We look forward to working with you in April.

 

↑ 昨夜の撮影ですが、こちらは見事に満開!

今年最後の夜桜を楽しませてもらいました♪

 

******************************************************

 

連日、風光舎のご近所でもお引越しされているのをお見かけします。

新生活を始める方も多くいらっしゃいますね。

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

また風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL:052-734-8444

 

Every day, I see people moving in the neighborhood of Fukosha.

Many people are starting a new life.

At Fukosha, we purchase various genres such as paintings, jewelry, and hobby items in addition to antiques and antiques.

Please feel free to contact us even if you have been tidied up and are wondering if this kind of thing is okay.

 

Fukosha is also strengthening business trip purchases.

We will make business trips not only to Aichi prefecture but also to Gifu prefecture, Mie prefecture and other prefectures.

No matter how close you are, we are looking forward to hearing from you.

 

Chikusa-ku, Nagoya-shi, Aichi, antique purchase “Antique Fukosha Nagoya store”

TEL: 052-734-8444

 

 

 

花をいけていると、気持ちが晴れますね。(愛知県名古屋市千種区 骨董買取・古美術風光舎名古屋店)

2021.03.31

 

こんにちは。スタッフYです。

ここ愛知県名古屋市千種区も、そろそろ満開のピークをこえてきました。来年までまたお別れなので、しっかりと記憶にとどめておきたいと思い、古美術風光舎名古屋店にも、満開の桜を生けてみました。

 

前回にもお伝えしましたが、我流なので、生けてるとは言えませんね。投げ入れただけのようですが。でも、大丈夫。お花が美しいので、助けられています。そして、本日の花瓶は鋳物の花瓶。控えめな鋳物が、本来のお花のよさを引き立て、またまた我流の私を助けてくれました。

 

 

 

 

私だけではないと思うのですがこうやって、ただ桜を投げ入れているだけでも、いつも不思議な感覚になりませんか。

最初は、日々の色々なことをあれこれと考えながら、あーでもない、こーでもないと自分にもお花にも雑な対話をしているのですが、

だんだん、集中力が高くなっているのか、リラックスしているのかわからない、自分とお花しかいないようなゾーンに入っていることがあります。これを何と命名しようか。

ただシンプルに自分とお花に向き合うだけの時間ですが、お花の顔や枝ぶりと対話しているつもりが、自然と無の自分と対話してるんですね。

仕事の事、日常生活の事、家族や周りの人の事、解決しなかったことのヒントが不思議と浮かんできます。でも、悩み事はだいたいいつもどうでもよくなっていき、(私、人間の作りが単純ですね)晴れやかなやさしい気持ちになっていきます。

そして、「だいたいよし!。」と、我流に生けてたお花から離れ、花器を置き、整え、いつもの自分に戻っていきます。この、一連の流れが大好きです。

 

 

今年も、たくさんの桜が咲きましたが、残念ながら、有名な桜の名所に出掛けられない方もいらっしゃるでしょう。

最近、桜やお花の苗木を購入されている方も結構いらっしゃるとお聞きしました。

このテーブルの桜のように、一つの小さなお花でもいいんですね。慰め、癒してくれることは、違いありません。

 

Hello. This is Staff Y.

Here in Chikusa Ward, Nagoya City, Aichi Prefecture, the peak of full bloom is about to be reached. I’ll say goodbye again until next year, so I wanted to keep it in my memory, so I tried to plant cherry blossoms in full bloom at the antique art Fukosha Nagoya store.

 

As I mentioned last time, I can’t say that I’m alive because I’m my own style. It seems that I just threw it in. but it’s okay. The flowers are beautiful, so I am helped. And today’s vase is a casting vase. The discreet castings complemented the original goodness of the flowers and helped me again.

 

I don’t think I’m the only one, but just throwing in the cherry blossoms like this always makes me feel strange.

At first, while thinking about various things in my daily life, I have a rough dialogue with myself and flowers.

You may be in a zone where you don’t know if you’re more focused or relaxed, and you’re the only one with flowers. What should I name this?

It’s just a time to simply face yourself and the flowers, but I think I’m talking to the face and branches of the flowers, but I’m naturally talking to myself.

Mysteriously come up with hints about work, daily life, family and people around me, and things I didn’t solve. However, my worries usually don’t matter, and (I’m a simple human being), I feel radiant and kind.

Then, saying, “It’s almost okay!”, I move away from the flowers that lived in my own way, prepare the vessels, and return to my usual self. I love this series of flows.

 

Many cherry blossoms have bloomed this year as well, but unfortunately some people may not be able to go to the famous cherry blossom spots.

I heard that there are quite a few people who have recently purchased cherry blossoms and flower saplings.

Just like the cherry blossoms on this table, one small flower is fine. It must be comforting and healing.

 

 

*********************

 

連日、風光舎のご近所でもお引越しされているのをお見かけします。

新生活を始める方も多くいらっしゃいますね。

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

また風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内のみならず、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL:052-734-8444

 

Every day, I see people moving in the neighborhood of Fukosha.

Many people are starting a new life.

At Fukosha, we purchase various genres such as paintings, jewelry, and hobby items in addition to antiques and antiques.

Please feel free to contact us even if you are in doubt.

 

Fukosha is also strengthening business trip purchases.

We will travel not only to Aichi prefecture but also to Gifu prefecture, Mie prefecture and other prefectures.

No matter how close you are, we are looking forward to hearing from you.

 

Chikusa-ku, Nagoya-shi, Aichi, antique purchase “Antique Fukosha Nagoya store”

TEL: 052-734-8444

 

 

 

 

文豪からの知らせ(愛知県名古屋市千種区・骨董 買取 古美術 風光舎より)

2021.03.30

 

今年に入ってから3カ月が過ぎようとしてるとは、早いものです。

今朝は『森鴎外の随筆原稿2点発見』との記事が出ていました。

”文豪・森鷗外の出身地である島根県津和野町は、鴎外が明治時代に北九州市の新聞に寄稿した、奈良時代から平安時代にかけて活躍した貴族の和気清麻呂に関する随筆の原稿2点を見つけた”と発表したとのこと。

町によると、鴎外は1902年、福岡県門司市(現北九州市)の新聞「門司新報」に依頼され、和気清麻呂の生涯や北九州市の「足立山」にまつわる伝説などについて調査し、随筆を寄稿していたそうです。

その後、鴎外は東京へ戻り、翌03年に追加の考証を反映させた新たな随筆を寄稿。

いずれも鴎外の本名である「森林太郎」の名前が記されているとのことです。

このようなお宝発見話はわくわくすると同時に、名作を読み返すいい機会にもなります。

 

数年前、スタッフ I は門司を訪れたことがあります。

愛知県出身者からすると、門司は門司港を含め、なんとも異国情緒溢れる街並みに映りました。

バナナの叩き売り発祥の地としても有名ですが…

壮大な関門海峡を挟んで下関と向かい合い、南側は小倉に隣接する交通の要地。

本州から九州への玄関口として昔から栄えてきた様がよく分かります。

いい意味で、昔から変わらない貿易の歴史を感じ取れる場所という印象でした。

「門司港レトロ」と銘打って、門司港地区に残る歴史的建造物の保存・活用が行われたので、観光で訪れた方も多くいらっしゃると思います。

(国指定重要文化財・旧門司三井倶楽部では名物焼きカレーもちゃんといただきました!)

 

 

そしてその北九州市には森鷗外旧居や鴎外橋、文学碑など森鷗外の面影を感じられるスポットがいくつもあります。

医者の家系に生まれた鷗外は幼いころから学力に秀でており、将来を期待されていたようです。

東京大学卒業後、陸軍軍医となり派遣留学生としてドイツで4年過ごしています。

鴎外作品に影響を与えたものとして、アンデルセンやゲーテ、シェイクスピアなど…

初期の代表作『舞姫』はドイツでの実体験をふまえていることは有名ですね。

西欧体験、素敵です。

軍医として職務を果たしながら、様々な肩書を持ち、文学者としても大きな功績を残している鴎外。

帰国後しばらくしてから約3年間赴任していたのが北九州市の小倉になります。

一度しか訪れたことのない北九州市ですが、九州地方にやたらと異国情緒を感じてしまうのは私だけでしょうか笑。

今朝はこんな文学発見ニュースから、以前の旅の記憶がよみがえる_

そんな一日となりました。

(ちなみに、数ある鴎外作品も青空文庫にて読むことができます)

 

 

It’s too early for three months to pass this year.

This morning, there was an article saying “I found two essay manuscripts by Ogai Mori”.

“Tsuwano Town, Shimane Prefecture, the birthplace of the literary master Ogai Mori, wrote two manuscripts about Wake no Kiyomaro, a nobleman who was active from the Nara period to the Heian period, which Ogai contributed to a newspaper in Kitakyushu during the Meiji period. “I found it,” he said.

According to the town, in 1902, Kogai was asked by the newspaper “Moji Shinpo” in Moji City, Fukuoka Prefecture (currently Kitakyushu City) to investigate the life of Wake no Kiyomaro and the legends related to “Adachiyama” in Kitakyushu City, and wrote a note. It seems that he was contributing.

After that, Ogai returned to Tokyo and contributed a new essay reflecting his additional essay in 2003.

It is said that the name of “Ogai Mori”, which is the real name of Ogai, is written in each case.

This kind of treasure discovery story is exciting and at the same time a good opportunity to reread the masterpiece.

 

A few years ago, Staff I visited Moji.

From the perspective of people from Aichi prefecture, Moji looked like a cityscape full of exoticism, including Mojiko.

It is also famous as the birthplace of banana smashing …

Facing Shimonoseki across the magnificent Kanmon Straits, the south side is a transportation hub adjacent to Kokura.

You can see how it has prospered since ancient times as a gateway from Honshu to Kyushu.

In a good way, I had the impression that it was a place where you could feel the history of trade that has not changed since ancient times.

The name “Mojiko Retro” was used to preserve and utilize the historic buildings that remain in the Mojiko area, so I think many people have visited for sightseeing.

(At the former Moji Mitsui Club, a nationally designated important cultural property, we also had the famous grilled curry properly!)

 

 

 

And in Kitakyushu City, there are many spots where you can feel the remnants of Ogai Mori, such as the former residence of Ogai Mori, Ogai Bridge, and a literary monument.

Born into a family of doctors, Ogai has excellent academic ability since he was a child, and he seems to have been looking forward to the future.

After graduating from the University of Tokyo, he became an army surgeon and spent four years in Germany as an international student.

Andersen, Goethe, Shakespeare, etc. have influenced Ogai’s work …

It is famous that his early masterpiece “Maihime” is based on his actual experience in Germany.

Western Europe experience is wonderful.

Ogai has various titles while fulfilling his duties as a military doctor, and has made great achievements as a literary writer.

After a while after he returned to Japan, he was assigned to Kokura in Kitakyushu City for about three years.

I’ve only visited Kitakyushu once, but I wonder if I’m the only one who feels exotic in the Kyushu region.

This morning, this literary discovery news brings back memories of my previous trip.

It was such a day.

(By the way, you can also read many Ogai works at Aozora Bunko)

 

******************************************************

 

連日、風光舎のご近所でもお引越しされているのをお見かけします。

新生活を始める方も多くいらっしゃいますね。

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

また風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL:052-734-8444

 

Every day, I see people moving in the neighborhood of Fukosha.

Many people are starting a new life.

At Fukosha, we purchase various genres such as paintings, jewelry, and hobby items in addition to antiques and antiques.

Please feel free to contact us even if you have been tidied up and are wondering if this kind of thing is okay.

 

Fukosha is also strengthening business trip purchases.

We will make business trips not only to Aichi prefecture but also to Gifu prefecture, Mie prefecture and other prefectures.

No matter how close you are, we are looking forward to hearing from you.

 

Chikusa-ku, Nagoya-shi, Aichi, antique purchase “Antique Fukosha Nagoya store”

TEL: 052-734-8444

出張査定可能エリア

ページトップへ