ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

京都、日帰り派?泊まり派?(愛知県名古屋市千種区姫池通 古美術買取いたします 古美術風光舎名古屋店)

2022.03.18

こんにちは、スタッフⅯです。

 

暖かかった日々も一転、冬の寒さが戻ってまいりました。

冷たい雨も降り、まだまだ春は遠いのかもしれません…でもこのブログだけでも春、先取りしたいですよね!!

 

今回は私が実際に行ってとても良かった京都のホテルと、お花見スポットについてお話させてください。

 

皆さま、京都は日帰り派ですか?それとも泊まり派ですか?

もちろん何か用事があって行かれる方は泊まりの方もいらっしゃるとは思いますが、名古屋の方だと意外と日帰りで遊びに行かれる方も多いのではないでしょうか。

 

私の場合は、日帰り京都旅が多い気がします。新幹線だと、約30分(のぞみの場合)で行けますし。

なのでしっかり京都観光をするというよりかは、行ってみたい場所を予め決めておいて目的地だけ訪れたり、何も計画なしに鴨川沿いを歩いてのんびりして夕方になったら帰る等…日帰りばっかりだったのです。

 

ですが、昨年たまたま泊まってみたいホテルを見つけてしまい、久しぶりに泊まりの京都旅行に出かけました。その時から泊まりでゆったり過ごす京都も悪くないなぁ、いやむしろ時間に追われないしいいかも!と思ってしまうようなとても充実した時間を過ごすことができました。

 

そんな素敵な気持ちにさせてくれたホテルが「エースホテル京都」。

 

 

こちらのホテルは2020年6月に京都に上陸したホテルで、もともとはシアトル発のホテルです。

エースホテル京都はあの国立競技場や、歌舞伎座などの設計で有名な隈研吾さんが建築デザインを監修し、内装のデザインをLAのコミューンデザインが監修を手掛けたそうでカジュアルで心地の良いデザインになっていました。

 

 

ホテルの中は、音楽とアートに満ち溢れ、ロビーには懐かしい邦楽や洋楽を含めた数種類のレコードが置いてあり、客室のTEACのターンテーブルで気軽に音楽を楽しむこともできるんです!

テレビのCMなどでは聴いたことのある、大瀧詠一の「君は天然色」などのレコードなどもあり、普段聴くことのない音楽にも触れることができ、とても楽しめました。

 

 

またロビーの一角にあるギャラリーでは様々な作品が展示してあり、私が訪れた時にはエースホテルと所縁のあるアーティスト、長場雄さんの作品がいくつか展示してありました。

この展示は時期によって変わるため、つぎの作品がもう楽しみでそのギャラリーだけでも訪れるのもありかもしれません。

 

 

 

そして春の京都といえば、歴史的建造と花々の共演、渡月橋や南禅寺など、定番のスポットも桜に包まれていつもとは異なる美しい姿を見せれくれます。

このブログでも桜のお話をたくさんさせていただいているので、もう少し飽きてしまったという方もいらっしゃるかもしれませんね…

ですが1年に1度のこの桜シーズン、せっかくなのでちょっと暇つぶしに見てみようかな?くらいの気持ちで一緒に楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

皆さまは京都の桜の名所はここでしょ!!というおすすめの場所はございますか。

私はやはり平安神宮で見られる桜が大好きです。水面に浮かぶ桜が何とも言えない美しさです。

今はネットなどでも、現在の開花状況なども見られるので、一応本日の情報だと平安神宮の桜はまだ蕾で、大体3月下旬~4月中旬に見ごろを迎える予定とありました。

 

ちなみに平安神宮からエースホテル京都は電車で約20分で乗り換えなしで行けますので、京都に泊まりで旅行いかれる方、特に桜シーズンに行かれる方は是非、エースホテル京都に泊まって平安神宮でお花見というプランはいかがでしょうか。是非行かれた方は感想もお待ちしております~

 

Hello, this is Staff M.

The warm days have changed, and the cold of winter has returned. It may be raining cold and spring is still far away … But this blog alone wants to get ahead of spring! !!

This time, let me tell you about the hotel in Kyoto that I was really happy to visit and the cherry blossom viewing spots.

 

Is Kyoto a day trip group, everyone? Or is it a staying group? Of course, I think that there are people who stay overnight if they have something to do, but I think that there are many people in Nagoya who go out on a day trip unexpectedly.

In my case, I feel that there are many day trips to Kyoto. With the Shinkansen, you can get there in about 30 minutes (in the case of Nozomi). So, rather than going sightseeing in Kyoto, you can decide in advance where you want to go and visit only the destination, or walk along the Kamo River without any plans and go home in the evening. It was.

 

However, I happened to find a hotel I would like to stay at last year, so I went on a trip to Kyoto where I stayed for the first time in a long time. It’s not bad to spend a relaxing time in Kyoto from that time, but it may be better not to be overwhelmed by time! I was able to spend a very fulfilling time that made me think.

The hotel that made me feel so wonderful is “Ace Hotel Kyoto”.

This hotel landed in Kyoto in June 2020 and was originally from Seattle. Kengo Kuma, who is famous for designing the National Stadium and Kabuki-za, supervised the architectural design of Ace Hotel Kyoto, and LA Commune Design supervised the interior design, so it is a casual and comfortable design. It was.

The hotel is full of music and art, and there are several types of records including nostalgic Japanese and Western music in the lobby, and you can easily enjoy music at the TEAC turntable in your room! There were records such as Eiichi Ohtaki’s “Kimi wa Tennen Color” that I had heard on TV commercials, and I was able to experience music that I wouldn’t normally listen to, and I enjoyed it very much.

 

In addition, various works were exhibited in the gallery in the corner of the lobby, and when I visited, some works by Yu Nagaba, an artist related to Ace Hotel, were exhibited. This exhibition changes from time to time, so you may be looking forward to your next work and visit the gallery alone.

 

Speaking of Kyoto in the spring, the historical construction and co-starring of flowers, the classic spots such as Togetsukyo Bridge and Nanzenji Temple are surrounded by cherry blossoms, and you can see a beautiful appearance different from usual. I’ve talked a lot about cherry blossoms in this blog, so some of you may be a little tired of it …

However, this cherry blossom season once a year is a big deal, so why not take a look at it to kill time? I hope you enjoy it together with the same feeling.

 

This is the place to see the cherry blossoms in Kyoto! !! Do you have a recommended place?

I still love the cherry blossoms seen at Heian Jingu. The beauty of the cherry blossoms floating on the surface of the water is indescribable. Nowadays, you can see the current flowering situation on the internet, so according to today’s information, the cherry blossoms at Heian Jingu are still buds, and it was planned to be in full bloom from late March to mid-April.

 

By the way, Ace Hotel Kyoto can be reached from Heian Jingu by train in about 20 minutes without changing trains, so if you are staying in Kyoto and going to the cherry blossom season, please stay at Ace Hotel Kyoto and stay at Heian Jingu. How about a plan called cherry blossom viewing? If you go, we are looking forward to hearing from you ~

 

 

**********************

 

三月にはいりました。

暖かくなり、また新しい年度に向けてお片付けをはじめられた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ古美術風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

古美術風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ