ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

色付く前の小國神社に行ってきました(愛知県名古屋市千種区姫池通 古美術風光舎 名古屋店 骨董買取致します)

2021.11.03

みなさん、こんにちは。スタッフmです。

 

最近、街路樹の木々が色付いてきて秋を感じる毎日です。

そうそう、風光舎の中にも秋を感じる深川青磁の器がございます。

リボンを縛ってあるかのような、瑠璃色のこの器を開けると・・・

 

なんと、そこには紅葉が入っていました。

器の外側も素敵ですが、開けると内側にも秋が散りばめられていて、うっとりしてしまいます。

 

 

ところで、秋晴れの先日、静岡県の森町(もりまち)にあります『小國神社』に行って参りました。

小國神社は静岡県西部の遠州地方に位置し、新東名高速道路の遠州森町PAで降りると10分くらいで着きます。

遠江国一宮と言って、遠州地方第一の神社です。許当麻知神社(ことまち=願い事を待つ)・事任神社(ことのまま=願い事のままに)とも伝えられ、御霊験あらたかな社だそうです。

御祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)ですが、大国主命(おおくにぬしのみこと)のことです。

一般には、大国様(だいこくさま)と呼ばれ、天下泰平、国造りの守護神として仰がれ、開運福徳・縁結びの神様とも敬われています。

一歩、参道に入ると、そこには樹齢800年以上の神代杉が立ち並びます。

だからでしょうか、神聖な空気を感じながら、それでいて、温かく迎え入れてくれるような雰囲気の神社です。

 

ひときわ目を引くのが、倒れたご神木の根の部分が祀られているところです。

2メートル四方に囲われた中、いっぱいに飾られているので、立っている時はそうとうの太さだったと推察できます。

まわりを見回しても、そこまで太い木はなかったので、まさに神様が宿る木なんだと確信しました。

 

参道や拝殿には七五三の可愛い子どもたちがたくさんいました。

皆、神主さんにご祈祷してもらい晴れやかな表情をしていました。

天気のいい日でしたので、お参りにはもってこいの日だったと思います。

私も、そんないい日にお参りできて最高でした。

 

 

拝殿の横には小川が流れていて、そこには紅葉もありました。

まだ色付き始めたばかりの様子で、これから日々色を変えていくと思うと楽しみになります。

タイムラプスで撮影できたら、毎日移ろいゆくこの自然の様子を撮ってみたいです。(笑)

 

ちなみに、見ごろは11月の中旬から12月の上旬のようです。

今回は、赤、黄、オレンジ、緑の織り成す景色にはまだ早かったようですが、また機会がありましたら、

山が彩られた季節に伺いたいものだわ、と思いました。

そして、例年、11月には小國神社で骨董市などが開催されるようです。

早くそんな日常が戻るといいな、と思いました。

 

(スタッフm)

 

 

Hello everyone. It is staff m.

 

Recently, the trees of the roadside trees have been colored and I feel autumn every day.

Oh yeah, there is a Fukagawa celadon vessel that feels autumn in Fukosha.

When you open this lapis lazuli vessel as if you tied a ribbon …

 

There were autumn leaves there.

The outside of the bowl is also nice, but when you open it, the inside is also studded with autumn, which makes you mesmerized.

 

By the way, the other day in the clear autumn weather, I went to “Okuni Shrine” in Mori Town, Shizuoka Prefecture.

Okuni Shrine is located in the Enshu region in western Shizuoka prefecture, and it takes about 10 minutes to get off at Enshu Morimachi PA on the Shin Tomei Expressway.

Okuni Jinja is the first shrine in the Enshu region. It is also said that Kotonomachi Shrine (Kotomachi = waiting for a wish) and Kotonomamahashi Shrine (as it is = as it is a wish), and it is said that it is a new shrine for spiritual testing.

The deity is Okuninushi no Mikoto, but Okuninushi no Mikoto.

Generally, it is called Daikoku-sama, and is revered as the guardian deity of Taihei Tenka and the nation-building, and is also revered as the god of good luck and marriage.

Once you enter the approach, you will see Kamidai cedar trees over 800 years old.

Perhaps that’s why it’s a shrine with a warm and welcoming atmosphere while feeling the sacred atmosphere.

 

What stands out is the place where the root of the fallen sacred tree is enshrined.

Surrounded by 2 meters square, it is fully decorated, so it can be inferred that it was finally thick when standing.

When I looked around, I couldn’t find such a thick tree, so I was convinced that it was the tree where God dwells.

 

There were a lot of cute children of Shichigosan on the approach and the hall of worship.

Everyone had a radiant look with the priest praying.

It was a nice day, so I think it was a perfect day to visit.

It was great to be able to visit me on such a good day.

 

 

There was a stream next to the hall of worship, and there were also autumn leaves.

It looks like it’s just starting to color, and I’m looking forward to changing the color every day.

If I could shoot in time lapse, I would like to take a picture of this changing nature every day. (smile)

 

By the way, the best time to see is from the middle of November to the beginning of December.

This time, it seems that the scenery of red, yellow, orange, and green was still early, but if there is another opportunity,

I thought that I would like to visit during the season when the mountains are colored.

And every year, in November, an antique market is held at Okuni Shrine.

I hope that such daily life will return soon.

 

 

************* ********

 

少しお寒くなってまいりました。冬物の入れ替えや、整理をされていらっしゃる方もおいでではないでしょうか。

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ