ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

新店舗続々オープンの覚王山!(愛知県千種区姫池通 骨董買取いたします 風光舎名古屋店)

2021.08.03

みなさま、こんにちは。

風光舎名古屋店がございます、ここ覚王山では、今、空前の新規店舗オープンブームです!

何か工事が始まったな、と思うと、ある日突然新しいお店がOPENしていて、住む側としては新鮮な喜びがあります。

 

 

なかでも、ここ最近行列に驚いたのは、覚王山の駅前にオープンしたわらび餅や『とろり天使のわらびもち 覚王山店』です。

飲むわらび餅が有名なようで、参道を行きかう若い人達がみんな、こぞって飲むわらびもちを持っていたのには驚きました。

年甲斐もなく、私も欲しくなってしまいましたよ。(笑)

お味は、少し前に流行ったタピオカドリンクのわらび餅版でしょうかね。生クリームもたっぷりのっている様子でした。

1杯680円らしいので、少し行列が落ち着いたころに、私も挑戦してみようと思います。

それとは別の、わらび餅を買った方は、「本当に柔らかくて、わらび餅なのに飲めるよ。」と教えてくれました。

やはり、こちらも飲めるのですね。

一度は試してみたいものです。

 

 

また、駅付近で言えば、「てづくりおはぎ ぐらんま」さんもあります。

こちらは少し小ぶりのおはぎが、数種類用意されていて、色とりどりなのが目にも嬉しいです。

1つ220円から250円で、あんこやきなこはもちろんのこと、他にもずんだ、くるみ、ごま、さくら、くろ米、よもぎなどの

お味が用意されています。手土産に持っていったら、その可愛らしい見た目から話が弾みそうです。

 

 

和菓子繋がりでいくと、日泰寺の参道沿いにも老舗の和菓子店がオープンしました。

名古屋の方なら誰もが知る『万年堂』さんです。

デパートにも入っている和菓子の名店が、この覚王山に!と嬉しくなりました。

いつか、万年堂さんの上生菓子と、風光舎の古伊万里のお皿のコラボをさせたいと思っております。

 

 

一番最近のオープンで言えば、8月5日、そう明日オープンする、『高級芋菓子 しみず』さんではないでしょうか。

一昨日、参道を散歩していたらお店の看板が初めて出て、「お芋やさんができるの?」と驚いたのも束の間。

昨日はプレオープンだったようで、店内は明るく、お客さんも少しいらっしゃいました。

初めて見るお店で、何も情報がなかったのでホームページを調べてみました。

『高級芋菓子 しみず』さんは大阪の有名店のようで、今回、愛知県に初出店するようです。

その記念すべき1店舗目に選んだのが、このお芋スイーツの激戦区、覚王山です。

「はなび」などのぱりぱり極細の芋けんぴで有名な『吉芋』さんや、鬼まんじゅうで有名な『梅花堂』さんがある覚王山で、

どんなお芋スイーツが飛び出すのでしょうか。

ホームページを見ると、お芋のパフェや、焼き芋ブリュレなど、新種のお芋スイーツです!

見ただけで絶対美味しいわ、これ、というメニューの紹介に完全にロックオン。

明日、ふらふらっと散歩してみて、混んでいないようなら買ってみようと思います。(笑)

 

 

覚王山界隈を歩いていると、新たに作っている店舗も何軒もあります。

今度は何のお店かな?と想像するだけでも楽しいですし、

オープンしたお店を回り、食べ歩くのももっと楽しいです。

落ち着きましたら、みなさまも是非、覚王山においでください。

そして、ギャラリーのような店内の風光舎にも足を延ばしてくださるとうれしいです。

涼を取りながら、綺麗な器や、年代物の骨董品を目にするだけで、豊かな気持ちになるのは間違いないです。

どうぞ、お待ちしておりますね!

 

 

(スタッフm)

 

Hello everyone.

Fukosha Nagoya store is located here, and here in Kakuoyama, there is an unprecedented new store opening boom!

When I thought that some construction had begun, one day a new shop suddenly opened, and the residents have a fresh joy.

 

Among them, the ones that surprised me recently were the Warabimochi and “Torori Tenshi no Warabimochi Kakuoyama Store” that opened in front of the Kakuoyama station.

Warabimochi to drink seems to be famous, and I was surprised that all the young people who went to the approach had warabimochi to drink.

It wasn’t worth it, and I wanted it too. (Lol)

The taste is probably the warabimochi version of the tapioca drink that was popular a while ago. It seemed that there was plenty of fresh cream.

It seems to be 680 yen per cup, so when the line is settled down, I’ll try it.

Another person who bought Warabimochi told me, “It’s really soft and you can drink it even though it’s Warabimochi.”

After all, you can drink this too.

I would like to try it once.

 

Also, speaking near the station, there is also “Tezukuri Ohagi He is Granma”.

There are several types of small-sized botamochi here, and it’s nice to see that they are colorful.

For 220 to 250 yen each, not only red bean paste and kinako, but also zunda, walnuts, sesame, cherry blossoms, black rice, wormwood, etc.

The taste is prepared. If you bring it as a souvenir, the story will be lively because of its cute appearance.

 

As we connected with Japanese sweets, a long-established Japanese sweets shop opened along the approach to Nittaiji Temple.

“Mannen-do” is known to everyone in Nagoya.

A famous Japanese sweets shop that is also in the department store is on this Kakuoyama! I was happy.

Someday, I would like to collaborate with Mannendo-san’s namagashi and Fukosha’s Koimari plate.

 

Speaking of the most recent opening, I think it’s “High-class potato confectionery Shimizu” that will open tomorrow on August 5th.

The day before yesterday, when I was taking a walk on the approach road, the signboard of the shop appeared for the first time, and I was surprised that “Is it possible to make potatoes?”

It seems that it was pre-opened yesterday, the inside of the store was bright, and there were a few customers.

It was the first shop I saw, and I didn’t have any information, so I checked the homepage.

“Luxury potato confectionery Shimizu” seems to be a famous store in Osaka, and this time it seems to open its first store in Aichi prefecture.

The first store to commemorate was Kakuoyama, a fierce battleground for potato sweets.

At Mt.

What kind of potato sweets will pop out?

If you look at the homepage, you will find new types of potato sweets such as potato parfait and roasted sweet potato brulee!

It’s absolutely delicious just by looking at it, and I’m completely locked on to the introduction of this menu.

Tomorrow, I’ll take a stroll around and buy it if it’s not crowded. (Lol)

 

As you walk around Mt. Kakuo, you will find many new stores.

What kind of store is this time? It’s fun just to imagine

It’s even more fun to go around the opened shops and eat around.

When you are calm, please come to Mt. Kakuo.

And I’d be happy if you could visit the Fukosha in the store like a gallery.

There is no doubt that you will feel rich just by looking at beautiful vessels and antiques of the age while keeping cool.

We are waiting for you!

(Staff m)

 

**********************

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

 

It seems that many people are organizing important items as their lifestyle changes.

Here at Fukosha, in addition to antiques and antiques, we also purchase paintings, jewelry, hobby items, and other genres.

Please feel free to contact us even if you have been tidied up and are wondering if this kind of thing is okay.

Fukosha is also strengthening business trip purchases.

We will make business trips not only to Aichi prefecture but also to Gifu prefecture, Mie prefecture and other prefectures.

No matter how close you are, we are looking forward to your call.

Chikusa Ward, Nagoya City, Aichi Prefecture, antique purchase

“Ancient Art Fukosha Nagoya Store”

TEL 052 (734) 8444

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ