ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

昨日の〝SHO TIME〟に感動した本日の状態。(愛知県千種区姫池通 骨董買取 古美術風光舎名古屋店)

2021.07.15

みなさまこんにちは、スタッフYです。

先日、にわかファンのブログをあげたばかりですが、一昨日、昨日の大谷翔平選手の二刀流の活躍にエキサイトされたかたも多いのではないでしょうか。感動しましたね。

 

本日のブログは、まったくもってスタッフYの昨日の復習と心の歓声日記ですので、皆さま、支離滅裂はどうぞご容赦くださいませ。

 

 

昨日のMLBのオールスターは13日(日本時間14日)、ロッキーズの本拠地クアーズ・フィールドにて開催されました。ここクアーズ・フィールド、なんと標高1600mにありまして、日本で言いますと阿蘇山くらいの標高だそうです。その環境下でのプレイですので、それだけでもかなりハードだということは言うまでもありません。

 

新型コロナの影響で2年ぶりの開催となったオールスターゲームでにて、大谷選手はアメリカンリーグの1番・指名打者で先発出場し、特別ルールで先発ピッチャーとしても起用されておりました。試合前の選手紹介で、投球練習をしている時に彼の名前がコールされるとスタジアムから大きな歓声が起こり、TV前の私も、心の歓声が漏れるとともに、少し鳥肌が立ったりしておりました笑。

 

さて、今回の大谷選手は1回、この試合の最初のバッターとして打席に立ってナショナルリーグの先発で大リーグ屈指の右腕、ナショナルズのシャーザー投手と対戦し、初球から積極的にバットを振りましたが、2球目のカットボールにつまりセカンドゴロ。

 

その後、大谷選手はそのウラのマウンドに上がり、オールスターゲームで史上初めて投打の二刀流で出場しました。
日本選手がオールスターゲームで先発登板するのは、1995年に当時ドジャースの野茂英雄さんが先発して以来、2人目のようです。大谷手は、ナショナルリーグの1番で今シーズンここまで大谷選手に次ぐ28本のホームランを打っているパドレスのタティース Jr.選手を変化球でレフトフライに打ち取り、次のバッターもセカンドゴロ。
そして、3番のアレナド選手には最速161.2キロの速球をマーク。160キロ台を連発して力で押し切り、彼の二刀流の活躍にスタジアムは大いに歓声が沸きました。ピッチャーとしての大谷選手は、この回14球を投げて打者3人でヒットなしの無失点で抑えて交代し、バッターとしては、3回の第2打席で初球を打ってファーストゴロに倒れた後、5回に代打が送られて、2打数ノーヒットで初めてのオールスターゲームを終えましたが、試合はアメリカンリーグが2回に先制して5対2で勝って8連勝とし、結果、先発登板した大谷選手が勝ち投手となりました。
日本選手がオールスターゲームで勝ち投手となったのは、おととし当時ヤンキースに所属していた田中将大投手以来2人目なのですが、彼が二刀流だということを常に頭に入れておきましょう。大谷翔平選手は、交代したあとのテレビ中継のインタビューで「楽しかったです。きのうの疲労感は多少あったが、ホームラン競争では最後のラウンドまで行ったわけではないので、ぼちぼちの感じでいけました」と振り返り、また、オールスターゲームで史上初めて投打の二刀流で出場したことについては「本当に光栄なこと。選んでくれたファンの皆さんの応援も本当にありがたいなと思っています」と、いつもの爽やかな笑顔で答えてくれましたね。
大谷投手自身が楽しめたのならば、我々はもう何も申すことはありませんね。感無量。

 

また、MLB公式サイトでデータ解析システム「スタットキャスト」を担当するデビッド・アドラー記者は「スタットキャストが導入されてから、オールスターで先発した投手で100マイル以上を計測した投手はオオタニと2018年のクリス・セールしかいない」とツイートしております。

 

とまぁ、頭の中がアメリカまでぶっ飛んでおりましたが、光景が夢か現かまだ脳裏に残っている状態の中、現在は古美術風光舎のある名古屋にて現に戻り、パソコンの前にて復習と歓声日記をブログにてしたためている次第でございます。申し訳ございません。

 

TV越しではありましたが、二刀流大谷選手にももちろん感動いたしましたし、スタジアムにいっぱいに戻ってきた人のエネルギーの渦の中、戻ってきたスタジアムになんとも言えない感情がこみ上げてきました。

 

以前なら何気に見ていた光景なのでしょうが、大きなスタジアムにたくさんの人が入り、歓声が轟き、選手たちが輝いて、初めてスタジアムは「スタジアム」になるのだなと、不思議な感覚に包まれた方も多いのではないでしょうか。

 

また、大谷選手が球宴の歴史に新たな記録を刻んだ瞬間を一緒に立ちあえたことも尚の事、感動を膨らませてくれたのではないでしょうか。ただただ感無量、そして、ありがとうを伝えたいですね。

 

 

Hello everyone, this is Staff Y.

The other day, I just posted a blog of a fan, but I think there are many people who were excited about the dual wield activity of Shohei Ohtani yesterday and yesterday. I was impressed.

Today’s blog is a diary of staff Y’s review of yesterday and cheers of the heart, so please forgive everyone for the incoherence

 

Yesterday’s MLB All-Star was held on the 13th (14th Japan time) at Coors Field, home of the Rockies. This is Coors Field, which is at an altitude of 1600m, and in Japan it is about the altitude of Mt. Aso. It goes without saying that it is quite hard by itself because it is a play in that environment.

In the All-Star Game, which was held for the first time in two years due to the influence of the new Corona, Otani started as the No. 1 designated hitter in the American League and was also appointed as a starting pitcher under special rules.
In the introduction of the players before the game, when his name was called while practicing pitching, a big cheer occurred from the stadium, and I also got goose bumps as well as the cheers of my heart leaked in front of the TV lol ..

 

By the way, this time Otani stood at bat as the first batter of this game and played against Scherzer, one of the leading right-handed players in the National League, and aggressively swung the bat from the first ball. However, it is a second cut ball in the second cut ball.
After that, Otani went up to the mound of the back and participated in the all-star game with the dual wield of throwing for the first time in history. It seems that this is the second Japanese player to start in the All-Star Game since Hideo Nomo of the Dodgers started in 1995. Otani hit Padres’s Tatis Jr., who has hit 28 home runs after Otani in the National League No. 1 this season, with a changing ball on the left fly, and the next batter is also the second batter. And he marked the fastest ball of 161.2 km for Nolan Arenado. The stadium was very cheered by his dual wield activity as he pushed through the 160-kilometer range with force.

Otani, as a pitcher, threw 14 balls this time and was replaced by three batters with no hits and no runs, and as a batter, after hitting the first ball in the second at bat three times and falling to the first grounder. , The first all-star game was finished with no hits in 2 at bats, but the American league won the game 5-2 in the 2nd inning to make 8 consecutive wins, and as a result, he started the pitch. Otani became the winning pitcher. This is the second Japanese player to win the All-Star Game since Masahiro Tanaka, who belonged to the Yankees at the time, but always keep in mind that he is dual wield.

Shohei Ohtani said in an interview on the TV broadcast after the change, “It was fun. I felt a little tired yesterday, but I didn’t go to the last round in the home run competition, so I felt a little sloppy.” He also said, “I’m really honored to have participated in the All-Star Game with two-swords for the first time in history. I’m really grateful for the support of the fans who chose it.” You answered with. If Pitcher Otani himself enjoyed it, we wouldn’t say anything anymore. Impressive.

 

In addition, David Adler, who is in charge of the data analysis system “Statcast” on the MLB official website, said, “Since the introduction of Statcast, the pitchers who have measured more than 100 miles with all-star starting pitchers are Otani and Chris in 2018.・ There is only a sale. ”

 

Well, my head was flying to the United States, but while the scene was a dream or a reality, I still have it in my mind, and now I am back in Nagoya, where the antique art style building is located, in front of my computer. I have posted a review and cheers diary on my blog. I’m sorry.

Although it was over TV, of course I was impressed by the dual wield Otani player, and in the whirlpool of energy of the people who returned to the stadium, I couldn’t say anything about the returned stadium. I wonder what I used to see, but when a lot of people enter the big stadium, cheers roar, and the players shine, the stadium becomes a “stadium” for the first time. I think there are many people. In addition, it was even more impressive that Otani stood together at the moment when he set a new record in the history of the ball banquet. I just want to say thank you very much.

 

**************************

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

 

It seems that many people are organizing important items as their lifestyle changes.

Here at Fukosha, in addition to antiques and antiques, we also purchase paintings, jewelry, hobby items, and other genres.

Please feel free to contact us even if you have been tidied up and are wondering if this kind of thing is okay.

Fukosha is also strengthening business trip purchases.

We will make business trips not only to Aichi prefecture but also to Gifu prefecture, Mie prefecture and other prefectures.

No matter how close you are, we are looking forward to your call.

Chikusa Ward, Nagoya City, Aichi Prefecture, antique purchase

“Ancient Art Fukosha Nagoya Store”

TEL 052 (734) 8444

10: 00-17: 00 OPEN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ