ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

漆黒の珈琲を彩るオールドノリタケ(覚王山 名古屋店より)

2020.12.02

 

今朝は少し冷えて、冬らしい朝となってきましたね。

とはいえ、もう師走なんですね。

 

暖かい珈琲をオールドノリタケのカップでいただきました。

ノリタケは言わずもがな、日本が世界に誇る陶器メーカー。

風光舎名古屋店のある、ここ愛知県がオールドノリタケの故郷です。

本日スタッフYがいただいたカップは、

愛らしい温かな何とも言えないピンクが、深い漆黒の珈琲の色を特に引き立ててくれます。

カップに『それでね…。』と話しかけたら、珈琲の湯気で眼鏡を曇らせる私の話を、

やさしく聞いてくれそうな癒し系女子のようなカップですね。

 

で、このオールドノリタケはのカップの裏のバックマークで

生産年が分かるそうなんです。

調べてみました。

 

月桂樹日陶印、1935-1943年生産、国内向けだそうです。戦前の生産ですね。

もう少し前に生産されたものには輸出用などのローマ字のロゴなどのマークもあったり、

検索していると時代の背景がみえかくれし、沼にはまりましたよ笑。実におもしろい。

皆様のお宅のノリタケも、一度ひっくり返して年代を調べてみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ