ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

沈存周・茶托(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取致します 古美術風光舎)

2022.08.05

皆さま、こんにちは。スタッフMです。

 

先日、お店に出勤しましたらニューフェイスが登場しておりました。

 

 

「沈存周」の茶托でございます。

 

中国美術品・骨董品においてなくてはならない存在と言ってしまってもいいほど、錫器の優れた名工として活躍していた「沈存周」。

 

主に茶器に画や詩を刻み、錫器の価値を一層高めてきた沈存周ですが、中国におけるお茶の歴史は三国時代からだといわれており、上流階級によって始まった文化でした。

唐・宋・元・明と少しずつ形式を変え、上流階級の文化から庶民の文化としても浸透していきながら沈存周が活躍した清の時代では茶文化の華が咲き、香りを楽しむお茶が増え、現在の中国茶の楽しみ方が形成された時期でした。

 

そういえば、風光舎名古屋店の近くの覚王山の辺りにも中国茶専門店があるようで、前を通るたびに気になっていたのですが、良い機会なので今度行ってみたいと思います。

 

話が逸れてしまいましたが、沈存周の茶器は実用性はもちろん、美術品、芸術品としての人気も高く、沈存周が亡くなった後の時代になってもその人気は衰えることなく、錫の茶器に「沈存周」の名を刻んだ中国茶器がたくさん作られています。

これは偽物という形ではなく、「沈存周」という名をブランド化したような形で作られたもので、沈存周以外にも著名な文人やアーティストなどが参加して名前を出していることもあります。

 

また、沈存周には別号の「仙子」という文字を刻んだ錫の茶器の制作を行っており、詩文を刻んだ作品は高い人気を誇っています。

 

後世などへ技術が受け継がれることはありませんでしたが、中国の錫製品、茶の歴史において、その名を欠かすことはできませんし、「沈存周」が持つ錫器、お茶への情熱は現代においても健在のようです。

 

当店には「沈存周」の茶托セットが2種類ほどございますが、どれも一つ一つ繊細で美しく、見ていて飽きない作品ばかりです。

是非一度実際に見てみてください。

 

では。

 

 

Hello everyone. This is staff M.

The other day, when I went to work at the store, a new face appeared.It is a teacup of “Shen Zhou”.

 

“Shen Zhuanju” was active as an excellent master craftsman of tinware to the extent that it could be said that he was an indispensable presence in Chinese art and antiques.

 

Shen Shunju mainly carved paintings and poems on tea utensils, further enhancing the value of tinware, but the history of tea in China is said to date back to the Three Kingdoms period, a culture that began with the upper classes.

The tea culture gradually changed from the Tang, Song, Yuan, and Ming dynasties, spreading from the culture of the upper class to the culture of the common people. It was the period when the current way of enjoying Chinese tea was formed.

 

Come to think of it, there seems to be a Chinese tea specialty store near Kakuozan near Fukousha Nagoya store, and every time I pass in front of it, I’ve been curious about it, but it’s a good opportunity, so I’d like to go there next time.

 

I digress from the topic, but Shim Sunju’s tea utensils are not only practical, but also highly popular as works of art and works of art. There are many Chinese tea utensils engraved with the name “Shen Zhou”.

 

This is not in the form of a fake, but rather a form of branding the name “Shin Sunju”, and in addition to Shim Sunju, famous writers and artists have participated and made their names.

 

In addition, Shim Sungju also produces tin tea utensils engraved with the characters “Senzi,” another name of hers, and her poem-engraved works are highly popular. Although the technique was not passed down to future generations, its name cannot be overlooked in the history of Chinese tin products and tea, and the passion for tinware and tea that “Shen Zhou” has is still alive today. It looks like

 

There are about two types of “Shin Zhong Zhou” teacup sets in our shop, but each one is delicate and beautiful, and you will never get tired of looking at them. Please take a look at it once.

 

*********************

 

夏の帰省などで、ご実家の整理やお片付けなどをされている方のご相談などが多くございます。お暑い日が続きますのでくれぐれもご無理のないように、なさってくださいませ。風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

また風光舎は、出張買取も強化しております。ご近所はもちろん、愛知県内、岐阜県、三重県その他の県へも出張いたします。

まずは、お電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ