ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

夏の雲のおはなし(愛知県名古屋市千種区姫池通 古美術買取 古美術風光舎名古屋店) 

2022.08.03

皆さま、こんにちは。スタッフMです。

 

真夏の日差しにも負けず、ベランダの向日葵が元気に咲く今日。

私は暑さに負けて日中は一歩も外に出ないように、夕方から夜になると活発になる猫のような生活を送っております。

 

そんな私の最近の楽しみといえば、夏の雲の写真を集めることです。(略して雲コレ)昔からあの大きくて、もこもことした立派な雲を見ると、とてもワクワクするのです。

 

とくに夏の雲の代表「入道雲」、縦に分厚い雲で私が一番好きな雲なのですが、この入道雲は雲の中でも最も危険な雲といわれています。大きいものだと高さ10km以上になる積乱雲もあり、激しい雨や竜巻、豪雨が発生することもあります。

 

ここで「積乱雲」と、「入道雲」の違いについて、皆さまご存知でしょうか。

「入道雲」とは積乱雲の一種で、積乱雲が発達していく過程で見られる雲の一形態の呼び名だそうです。

ということは、私が好きな雲は積乱雲ではなく、入道雲ということですね!!

 

雲の種類について語っていくと、かなり情報量が多いので詳しくは語りませんが、今までは季節によって雲の種類が違っていると思っていたのですが、どうやら違ったようです。

というのも、たとえば秋のイメージが強いひつじ雲も実は年中できているのですが、できる場所が違うため地上から見えにくくなっているだけなのです。

 

たとえば、夏は上昇気流が発達しやすく、一緒に埃も舞い上がるので高い位置にある雲は見えませんが、代わりに上昇気流でできた積乱雲がたくさん見られるようになるということだったのです。

 

そう考えると、夏によく見えがちな入道雲も実は年中できているということは夏の雲が好きというよりは夏に見える雲が好きなだけということですね(笑)

 

昔は何も感じなかったのですが、最近みた映画のワンシーンで、縁側で蝉の鳴き声を聞き、入道雲背景にビールと枝豆を食べるという場面になんとも言えないエモーショナルな気持ちになってしまいました。

 

やはり入道雲と縁側は私の憧れです。

では、最後に私の雲コレで終わりたいと思います。

 

 

 

Hello everyone. This is staff M.

Today, the sunflowers on the veranda are blooming vigorously despite the midsummer sunshine. I live like a cat who becomes active from evening to night so that I don’t take a step outside during the day due to the heat.

 

My latest hobby is collecting photos of clouds in the summer. (abbreviated as cloud) I’ve always been very excited to see those big, fluffy, splendid clouds.

 

In particular, thunderheads, which are representative of summer clouds, are my favorite because they are vertically thick clouds, and they are said to be the most dangerous of all clouds. Cumulonimbus clouds can reach heights of 10 km or more, and can cause heavy rain, tornadoes, and heavy rain.

 

Do you know the difference between “cumulonimbus” and “cumulonimbus”? “Thunderhead” is a type of cumulonimbus cloud, and it seems to be the name of a form of cloud that can be seen in the process of developing cumulonimbus clouds. That means that my favorite cloud is not a cumulonimbus, but a thunderhead! !

 

When I talk about the types of clouds, there is a lot of information, so I won’t go into detail, but until now I thought that the types of clouds differed depending on the season, but it seems that they are different.

 

This is because, for example, the sheep cloud, which has a strong image of autumn, is actually formed all year round, but it is difficult to see it from the ground because it is formed in different places.

 

For example, in the summer, updrafts tend to develop and dust rises with them, so high clouds cannot be seen, but instead, cumulonimbus clouds created by updrafts can be seen.

 

If you think about it that way, thunderheads that tend to be visible in the summer are actually formed all year round.

In the past, I didn’t feel anything at all, but in a scene from a movie I recently saw, listening to the cicadas on the porch and eating beer and green soybeans against the background of thunderclouds made me feel indescribably emotional. 

 

After all, cumulonimbus clouds and porch are my longing. Finally, I would like to finish with my cloud collection.

 

*********************

 

このところ、整理やお片付けなどをされている方のご相談などが多くございます。お暑い日が続きますのでくれぐれもご無理のないように、なさってくださいませ。風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

また風光舎は、出張買取も強化しております。ご近所はもちろん、愛知県内、岐阜県、三重県その他の県へも出張いたします。

まずは、お電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ