ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

線状降水帯(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取 古美術風光舎)

2022.07.15

皆さま、こんにちは。スタッフMです。

 

昨晩も激しい雨が降り、不安な夜を過ごされた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。名古屋は先ほどから降ったり止んだり、ひどいときは前が見えなくなるほどの雨でした。どうか運転される方や、外出中の方はお気をつけください。

 

先ほど、気象庁が速報で九州北部と南部に線状降水帯予測情報を発表いたしました。

今晩から明日16日午前中にかけて大雨災害が発生する危険度が急激に高まる可能性があるそうです。

 

具体的に「線状降水帯」とは…

同じ場所で数時間にわたり激しい雨が降り続くこと。

 

線状に見える雨雲には”動きの速いもの”と”停滞するもの”があります。そのうち、同じ場所に停滞するものは大きな災害に結び付く集中豪雨を発生させ、線状降水帯と呼ばれることがあるそうです。

 

線状降水帯は、激しい雨を降らせる積乱雲が連続して発生し線状に並び、その規模は幅20~50km、長さ50~200kmに及び、ときには同じ場所で激しい雨を3時間以上も降らせ続けることがあり、まさに経験したことのない大雨となります。

 

線状降水帯と呼ばれる雨雲にいはいくつかのタイプがあるそうで、

①最初に風の収束や地形効果などによって積乱雲が発生し、激しい雨を降らせながら上空の風に流されてゆっくりと移動するもの。

②同じ場所で再び新たに積乱雲が発生し、ゆっくりと風下へ移動するもの。

③同様のサイクルを数時間にわたり繰り返すことで、発生地点から風下の狭いエリア内で激しい雨が降り続くもの。

 

線状降水帯による激しい雨は、積乱雲を発生させる水蒸気の供給や上昇気流を引き起こす要因が解消するか、または積乱雲を移動させる上空の風の流れが変化するか、どちらかがない限り続いてしまうことになるのです。

 

最近では、アプリなどで最新の情報を収集することができますが、線状降水帯の発生する時間や場所を正確に予測することは難しいそうです。

いつ線状降水帯は発生しても避難できるよう、普段からの準備や心構えがとても大事ということですね…

私も事前にハザードマップなどで、氾濫の恐れがある河川や、土砂災害の恐れがある場所を確認するようにしたいと思います。

 

そして最後に、どうか災害が起こりませんように。

 

 

Hello everyone. This is Staff M.

It rained heavily last night, and many of you may have had an uneasy night. In Nagoya, it rained and stopped, and in the worst case, it was so rainy that I couldn’t see the front. Please be careful if you are driving or are out.

 

Earlier, the Japan Meteorological Agency announced the forecast information of the linear precipitation zone in the northern and southern parts of Kyushu in a breaking news. From tonight to tomorrow morning on the 16th, the risk of a heavy rain disaster may increase sharply.

 

Specifically, what is the “linear rain zone”? Heavy rain for several hours in the same place. There are “fast-moving” and “stagnation” rain clouds that look linear. Among them, those that stay in the same place cause torrential rain that leads to a big disaster, and it is said that it is sometimes called a linear precipitation zone. In the linear precipitation zone, cumulonimbus clouds that cause heavy rain are continuously generated and lined up in a line, and the scale is 20 to 50 km wide and 50 to 200 km long, and sometimes heavy rain falls for 3 hours or more at the same place. It may continue, and it will be a heavy rain that I have never experienced.

 

It seems that there are several types of rain clouds called the linear precipitation zone. (1) Cumulonimbus clouds are first generated due to the convergence of wind and terrain effects, and they move slowly while being swept away by the wind in the sky while causing heavy rain. (2) A new cumulonimbus cloud is generated again at the same place and slowly moves downwind. (3) By repeating the same cycle for several hours, heavy rain continues to fall in a narrow area leeward from the point of occurrence.

 

Heavy rain from the linear precipitation zone will continue unless either the water vapor supply that causes the cumulonimbus or the factors that cause the updraft are eliminated, or the wind flow over the cumulonimbus is changed. It will be. Recently, it is possible to collect the latest information with apps etc., but it seems difficult to accurately predict the time and place where the linear precipitation zone will occur. It is very important to prepare and prepare for evacuation whenever a linear rain zone occurs … I would also like to check in advance on hazard maps etc. the rivers that may be flooded and the places where there is a risk of sediment disasters. And finally, may no disaster occur.

 

*********************

 

このところ、整理やお片付けなどをされている方のご相談などが多くございます。お暑い日が続きますのでくれぐれもご無理のないように、なさってくださいませ。風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

また風光舎は、出張買取も強化しております。ご近所はもちろん、愛知県内、岐阜県、三重県その他の県へも出張いたします。

まずは、お電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ