ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

久しぶりに道をだずねられた朝でした。(愛知県名古屋市千種区 骨董古美術品買取致します 古美術風光舎 名古屋店)

2022.07.08

みなさま、こんにちは。スタッフYでございます。

 

ここ最近ですが、毎年自分の中でブームを起こす夏のドリンクがございまして。

 

一昨年はお酢のアレンジドリンク、昨年はミルク出しアイスコーヒー、そして今年はといいますと。これはですね、かなりの創作ドリンクなのでありますがフルーツティーソーダ。

 

訪れたカフェで飲んだものを勝手に味分析いたしまして、なんとなくそれに近くなったのではないかと思っているのですが。幾分夏が早まった今年、大変気に入っており、色々材料を変えてみたりして、このところ本当にハマっております。レシピをお伝えしたいのですが、人様に伝授するするほどのレシピでない気がいたしましたので、この話はこのあたりにいたしましょう笑。

 

 

 

 

さてさて、それよりも先日のことなのですが。住宅街の道を歩いておりますと、前からすてきなマダムがゆっくいと歩いてこちらへ向かっておりまして。

私もそちらのほうに歩いていたのですが、少し近づいた際に「○○医院はどこでしょうか?」と、お尋ねになりまして、どうやら道に迷ったようであります。

 

あまりこちらの地域は詳しくなかったのですがルートを検索しまして(すぐ近くのようでした)なんとか無事お伝えすることができ、別れ際に「お暑いのでお気をつけて。」と、お伝えしたところ、マダムから「あなたが颯爽と足取りよく歩いていて…。本当にありがとうございました。」と、本当に美しいお礼でありました。

 

こちらもなぜか「いえいえ、ありがとうございます。」と、お伝えし、その場を後にしたという昨日の出来事なんですが。

 

そういえば、久しくこのような場面に遭遇しなかったような。

「道をたずねる」なんて、昨今のご時世において様々な意味合いで、なくなるのではないかとも思ったり。ともすれば、見知らぬ人に近づかれ道を尋ねられるなど警戒されがちでしょうし、携帯をお持ちの方なら調べればすむことでしょう。

 

ですが、上品なマダムのお話しする様子などでお人柄もすぐにわかり、この暑い最中、本当に困っていた様子でしたので、そのような方ではないことはすぐわかります。そんなマダムからの、私のほんの少しのお手伝いに言っていただいた「ありがとう」の一言が、たいへん美しく、もやっとした日常に一瞬爽やかな心地よい風がさっと吹いた感覚がいたしました。

 

「ありがとう」とは、本来こういう感触の言葉だったな…。と、時間にしてたった3分のすれ違いでしたが、こうした一時にも何かしら気づかされ気持ちがあらわれる瞬間でありました。

 

もうお会いすることはございませんが、そういえば、私が別れ際に思わず口した「ありがとう」は、美しい「ありがとう」を「ありがとう」だったのかも。私もとても良い気分にだったもので思わず口に出たのでしょうか。

 

それにしても、「あなたが颯爽と足取り良く歩いていて…。」とは、私はどんな歩き方をしていたのか笑。思い返すと、汗だくのさえない形相だったが…。これもきっと、マダムのお心遣いなのでしょう。

マダムのその後の体調がよくなりますことを心より願っております。

 

それでは、ごきげんよう。

 

 

 

Hello everyone. This is Staff Y.

 

Recently, I have a summer drink that causes a boom in me every year.

The year before last was an arranged drink of vinegar, last year was iced coffee with milk, and this year. This is a pretty creative drink, but fruit tea soda.

I’ve analyzed the taste of what I drank at the cafe I visited, and I’m wondering if it’s close to that. I really like this year, which is a little early in the summer, and I’ve been really addicted to it by changing various materials. I’d like to tell you the recipe, but I felt that it wasn’t enough to teach people, so let’s talk about this story lol.

 

Well, it was the other day than that. As I walked down the street in a residential area, a nice Madam walked slowly from the front toward me.

I was walking towards that, but when I got a little closer, I was asked, “Where is the XX clinic?”, And it seems that I got lost.

 

I wasn’t very familiar with this area, but I searched for a route (it seemed to be close by) and managed to tell it safely, and when I said goodbye, I said, “Be careful because it’s hot.” Madame said, “You are walking in a dashing manner … Thank you very much.” It was a really beautiful thank you.

 

For some reason, I said, “No, thank you.” And left the place yesterday.

 

By the way, it seems that I haven’t encountered such a scene for a long time.

I wondered if “asking the way” would disappear in various ways in these days. You may be wary of being approached by strangers and asked for directions, and if you have a cell phone, you should look it up.

 

However, I could immediately understand his personality by talking about the elegant Madam, and he seemed to be really in trouble during this hot weather, so I can tell immediately that he is not such a person. The word “Thank you” from Madame for a little help from me was very beautiful, and I felt a refreshing and comfortable breeze for a moment in my daily life.

“Thank you” was originally a word that felt like this … It took only about 3 minutes, but I couldn’t help but think so.

 

I won’t see you anymore, but by the way, the “thank you” I said when I broke up might have been a beautiful “thank you”. I felt so good that I probably said it.

It was only three minutes of passing, but it was a moment when something was noticed and feelings appeared at such a moment.

 

Even so, “You were walking dashingly and comfortably …” was what I was walking like lol. Looking back, it wasn’t even sweaty … This must be Madame’s consideration.

I sincerely hope that Madame will feel better afterwards.

 

Well then, good luck.

 

*********************

 

このところ、整理やお片付けなどをされている方のご相談などが多くございます。お暑い日が続きますのでくれぐれもご無理のないように、なさってくださいませ。風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

また風光舎は、出張買取も強化しております。ご近所はもちろん、愛知県内、岐阜県、三重県その他の県へも出張いたします。

まずは、お電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ