ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

本日の七夕のお天気が気になりますね。名古屋市千種区姫池通 骨董買取いたします。古美術風光舎名古屋店)

2022.07.07

みなさま、こんにちはスタッフYでございます。

 

先日、七夕のことをつづっておりましたが、皆さま、短冊へお願い事は書かれましたでしょうか。

 

本日は7月7日は、いよいよ七夕。天の川を隔てて離ればなれになってしまった織姫と彦星が、1年に1度だけ会うことができる特別な日であるのですが、皆さまの地域の空模様はいかがでしょうか。

 

私の記憶が正しけれは、そういえば晴れた七夕の日って、あったかな?とふと記憶をたどってみたのですが、あまり星空を眺めた七夕の記憶がございません。こんな雨や曇りばかりの七夕、織姫と彦星は天の川を渡り切れずに “逢引” もできず、お二人の仲は大丈夫なのだろうかと少々心配になってまいりました。

 

ほんとうのところどうなのかと過去10年間の7月7日のお天気を調べてみますと、やはり本当だったようでございます。ここ名古屋にいたっては、7月7日にお天気だった日はたった3日。やはり雨や曇天に日が圧倒的多かったようであります。

お二人がなかなか会えないのはお天気のデータからも事実のようでして、ますます心配になってまいりました。

 

ですがご安心ください。そんな七夕ストーリーにもスピンオフバージョンがあるんですよ笑。

 

その前に、七夕の日に降る雨のことを「催涙雨」と呼ぶことはご存知でしょうか。名前から察するに、雨によって会うことができなかった2人が嘆いた涙、または、土砂降りだったとしても会えてよっぽど嬉しいんだなと流した涙になぞらえたような雨のことを「催涙雨」と読んでいるようです。

 

その「催涙雨」が、残念なことに7月7日降ったといたしましょう。ここからが、スピンオフバージョンであります。

 

会うことの叶わない二人が天の川の淵に立っておりますと、天帝の銘を受けたカササギがどこからともなくたくさん飛んできて翼を広げ、あっという間に橋を作り上げまして、二人はその橋を渡ることができ会うことが叶ったというのです。

 

このカササギが橋を架けてくれる説ですが、どうも夏の大三角形に由来するのでしょうか。その位置を確認しておきましょう。夏の大三角形は「織姫のベガ」「彦星のアルタイル」その左の真ん中あたりに「白鳥座のデネブ」がありますよね。

 

星座としては「白鳥座」とありますが、昔の中国の人はカササギと表現したようです。

その為、雨の日にはカササギ(白鳥座のデネブ)が織姫と彦星をなんとか会わせてあげようと、翼を広げて橋を架けてくれるという説を、この夏の大三角形をなぞらえて表現したのでしょう。いや、ロマンチックだ。

 

ともまあ、どこからともなく現れたカササギのお陰で、二人は一年に一度だけの再会が雨の日でも会えることができるようになったというのですから、今まで二人の仲を心配していた私は何だったのか笑。

 

お節介だった毎年お二人が毎年会えるか問題は消え、安心して七夕を迎えることができるようになりましたので、カササギ説も取り入れていきましょう。

 

そんな7月7日ですが、やはりこの日のお天気は毎年のように気になって仕方ない。本日のここ名古屋のお天気は、夜に向けて曇天の予報。

雨こそ降らないようですが、本当はカササギの手を借りず天の川をお二人が渡って、晴れて一年越しの再会をしてほしいなと願っているのは私だけでしょうか。

 

それでは、ごきげんよう。

 

 

 

 

Hello everyone, this is Staff Y.

The other day, you wrote about Tanabata, but did you write a request for the strips?

 

Today is July 7th, and it’s finally Tanabata. It’s a special day when Orihime and Hikoboshi, who have become separated across the Milky Way, can meet only once a year. How about the sky in your area?

 

If I remember correctly, was there a sunny Tanabata day? I suddenly traced my memory, but I don’t have much memory of Tanabata looking at the starry sky. In such a rainy and cloudy Tanabata, Orihime and Hikoboshi couldn’t cross the Milky Way and couldn’t “meet”, so I was a little worried whether their relationship would be okay.

 

Looking at the weather on July 7th for the past 10 years, it seems that it was true. Here in Nagoya, the weather was only 3 days on July 7th. After all it seems that there were overwhelmingly many days in the rain and cloudy weather.

It seems to be a fact from the weather data that it is difficult for them to meet, and I am becoming more and more worried.

 

But don’t worry. There is also a spin-off version of such a Tanabata story.

Before that, did you know that the rain that falls on Tanabata is called “tear rain”? As you can guess from the name, the tears that the two people who couldn’t meet due to the rain mourned, and the rain that was likened to the tears shed when they said that they were so happy to meet even if it was a downpour. It seems to read “rain”.

 

Let’s say that the “tear rain” unfortunately fell on July 7. Here is the spin-off version.

When two people who could not meet were standing on the edge of the Milky Way, a lot of magpies bearing the inscription of the Emperor flew out of nowhere, spread their wings, and in a blink of an eye, they built a bridge. He said that he was able to cross the bridge and meet him.

The theory is that this magpie builds a bridge, but is it derived from the Summer Triangle? Let’s check the position. The Summer Triangle is “Vega of Orihime”, “Altair of Hikoboshi”, and “Deneb of Cygnus” in the middle of the left.

The constellation is “Cygnus”, but it seems that Chinese people in the old days described it as magpie.

Therefore, on a rainy day, the magpie (Deneb of Cygnus) tries to meet Orihime and Hikoboshi by spreading their wings and building a bridge, likened to the big triangle of this summer. Did you do it? No, it’s romantic.

 

Well, thanks to the magpie that appeared out of nowhere, they are now able to meet once a year even on rainy days, so I’m worried about their relationship until now. I wonder what I was. Well, it was a farewell party, but the problem disappeared as to whether the two of us could meet each year, and now we can have Tanabata with peace of mind lol.

 

It’s July 7th, but I can’t help but worry about the weather on that day almost every year. Today’s weather here in Nagoya is forecast to be cloudy toward the night.

It doesn’t seem to rain, but I’m the only one who really wants them to cross the Milky Way without the help of magpies and have a sunny year-long reunion.

 

Well then, good luck.

 

*********************

このところ、整理やお片付けなどをされている方のご相談などが多くございます。お暑い日が続きますのでくれぐれもご無理のないように、なさってくださいませ。風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

また風光舎は、出張買取も強化しております。ご近所はもちろん、愛知県内、岐阜県、三重県その他の県へも出張いたします。

まずは、お電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ