ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

風が光る音が似合う空間に(覚王山 名古屋店)

2020.11.18

スタッフYです。

ここ風光舎名古屋店にて、先日から、

WI-FIスピーカーで音楽を流しています。

さて、どんな音がこの空間に似合うのでしょうか。

 

様々な旅をしてきた古美術たちや、この子たちの次の旅を託されたお客様や

これからこの子たちと旅をご一緒にするお客様や

そして、その橋渡しをするここのスタッフの集う場所として、どんな音がよいかと

いろいろ巡らせてみました。

が、深く考えるまでもありませんでした笑。

 

『風光舎』

答えはすぐそばにありました。風が光るような音がいいなと。

 

本日のスタッフYのセレクトは、ラヴェルの『ソナチネ』。

ソナチネとは小規模な構成形式の曲といったところでしょうか。

難しいことは分かりませんが、どこか懐かしいようなせつないようなピアノの音の粒が

キラキラと流れて、空間を眩く包み込んでくれます。個人的に大好きです。

 

機会がありましたら、ラヴェルに包まれた古美術に会いに来てみてください。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

ページトップへ