ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

蜷川実花の世界(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取 古美術風光舎)

2022.06.07

みなさま、こんにちは。スタッフNでございます。

 

梅雨に入り、いきなりの大雨に見舞われる日々でございますね。

Nは、アメトークの「ビリヤード芸人」を見てから、ビリヤードがやりたくなり連日通っております。

昨日急に打てなくなり、なぜかと思っていると先が取れておりました。

このブログを見て、ビリヤードに行きたくなった皆様はご注意ください。

雨続きですと雲ばかりで景色もどんよりしてしまいますよね。

そんな皆様に、以前行った蜷川実花写真展の画像をお届けいたします

 

 

この目の覚めるようなピンク一面の部屋、女性にはたまらないのではないでしょうか。

撮影禁止でしたが、今まで撮影した芸能人の写真もございました。

この人こんなにかっこよかったっけ?というような見たことのない表情を皆様されていて、うっとり見ておりました。

中には、自分の押しでしょうか、同じ写真を何分も眺めていらっしゃるお客様もいて、こんなに人を引き付ける写真を撮る人はどんな人なんだろうと気になっておりました。

 

 

 

蜷川実花と言えば、最近映画『ホリック xxxHOLiC』も公開になりましたね。

こちらは残念ながら見にいけておりません。

予告だけでも美しさがにじみ出ておられました。

 

蜷川 実花(にながわ みか、1972年10月18日 )は、日本の女性写真家、映画監督でございます。2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事をしております。

演出家・映画監督の蜷川幸雄と元女優でキルト作家の真山知子(蜷川宏子)夫妻の間に第一子として出生、妹が一人いますが一般人のため公表されておりません。従姉は女優の蜷川有紀、蜷川みほで、曾祖父は俳優の谷崎十郎でございます。

桐朋女子高等学校、多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科卒業し、学士(芸術)の学位を取得。1997年に最初の結婚をしましたがその後離婚。2004年に再婚しましたが2007年に離婚しております。2007年10月に妊娠していることを自身が編集長を務める雑誌ほかにて公表いたしました。同年12月11日に男児を出産し、一部報道では事実婚とされていましたが、自身の公式ウェブサイト内の日記にて、入籍したことを発表しております。2015年5月24日、ブログにて第2子妊娠を報告し、9月25日、インスタグラムにて第2子出産を公表しております。

 

 

 

木村伊兵衛写真賞ほか数々受賞しております。

2007年2月24日公開の映画『さくらん』で、初の映画監督を務め、2012年映画『ヘルタースケルター』で新藤兼人賞を受賞。2019年には『Diner ダイナー』、『人間失格 太宰治と3人の女たち』と2本の映画を公開。2020年にはNetflixオリジナルドラマ『FOLLOWERS』が配信スタートしております。

2010年にAKB48「ヘビーローテーション」のPV監督など、映像作品も多数手がけております。

2016年4月18日号から、朝日新聞社のニュース週刊誌『AERA』の表紙写真を担当しております(坂田栄一郎から交代)。

調べてみると、あの有名な作品たちも蜷川実花だったのですね、知らなかったです。

 

 

道後温泉本館の保存修復期間中も道後温泉の活計化に向けた取り組み「みんなの道後温泉 活性化プロジェクト」の一環として、道後温泉本館および周辺ではアート作品の展示が始まっております。

また、道後温泉本館の周辺では最新の技術を使ったAR(拡張現実)を利用したグラフィックアートの作品が体験もできるブースが用意されているとか。

作品の展示は2024年2月末まで公開の予定です。

とても楽しそうですね、こちら参加する機会がありましたらまたブログしたいと思います。

6月25日(土)-9月4日(日)には東京都庭園美術館で展示もございます。

古美術風光舎では現代アートの買取も行っております。

ではでは

 

Hello everyone. This is Staff N.

 

It’s the days of the rainy season and sudden heavy rains.

After seeing Ame Talk’s “Billiard Entertainer”, N wants to play billiards and goes there every day.

I suddenly stopped hitting yesterday, and I was wondering why.

If you’ve read this blog and want to go to billiards, please be careful.

If it keeps raining, the scenery will be overcast with only clouds.

We will deliver the images of the previous Mika Ninagawa photo exhibition to such people.

 

 

 

I think this stunning pink room is irresistible for women.

Although it was prohibited to take pictures, there were some pictures of entertainers that I had taken so far.

Was this person so cool? I was fascinated by the expressions that I had never seen before.

Some of the customers were looking at the same photo for minutes, perhaps because of their own push, and I was wondering what kind of person would take such a fascinating photo.

 

 

 

 

Speaking of Mika Ninagawa, the movie “Holic xxxHOLiC” has recently been released.

Unfortunately, I haven’t been able to see this.

The beauty was oozing out just by the notice.

 

Mika Ninagawa (Mika Ninagawa, October 18, 1972) is a Japanese female photographer and film director. She is a board member of the 2020 Tokyo Olympic and Paralympic Organizing Committee.

She was born as the first child between director and film director Yukio Ninagawa and former actress and quilt writer Tomoko Mayama (Hiroko Ninagawa), and has one younger sister, but it has not been announced because it is a general public. Her cousins ​​are actresses Yuki Ninagawa and Miho Ninagawa, and her great-grandfather is actor Juro Tanizaki.

She graduated from Kirito Girls’ High School, Tama Art University, Faculty of Fine Arts, Department of Graphic Design, and earned her bachelor’s degree (arts). She had her first marriage in 1997 but then divorced. She remarried in 2004 but divorced in 2007. She announced in October 2007 that she was pregnant in a magazine she was the editor-in-chief of. She gave birth to a boy on December 11th of the same year, and although some reports said she was a common-law marriage, she announced in her diary on her own official website that she had been enrolled. Doing. She reported her second child pregnancy on her blog on May 24, 2015, and announced her second child birth on her Instagram on September 25.

 

 

 

 

She has won numerous awards including the Kimura Ihei Award for Photography.

She was her first film director in the movie “Sakuran” released on February 24, 2007, and won the Kaneto Shindo Award in the 2012 movie “Helter Skelter”. In 2019, she released two films, “Diner Diner” and “No Longer Human and Three Women”. In 2020, she will start distributing the Netflix original drama “FOLLOWERS”.

He has also worked on many video works such as the PV director of AKB48 “Heavy Rotation” in 2010.

From the April 18, 2016 issue, he has been in charge of the cover photo of Asahi Shimbun’s weekly news magazine “AERA” (replaced by Eiichiro Sakata).

When I looked it up, I didn’t know that the famous works were also Mika Ninagawa.

 

 

 

 

Currently, you can see Mika Ninagawa’s exhibition at Asukano Yusen, Dogo Onsen Annex. The works of bright flowers and plants spread all over the courtyard, and you can experience the world of Mika Ninagawa outside.

Even during the preservation and restoration period of the Dogo Onsen Main Building, art works have begun to be exhibited in and around the Dogo Onsen Main Building as part of the “Minna no Dogo Onsen Revitalization Project”, an initiative aimed at revitalizing Dogo Onsen.

Also, around the Dogo Onsen Main Building, there is a booth where you can experience graphic art works using AR (Augmented Reality) using the latest technology.

The exhibition of the work is scheduled to be open to the public until the end of February 2024.

Sounds very fun, I would like to blog again if I have a chance to participate.

There will also be an exhibition at the Tokyo Metropolitan Teien Art Museum from June 25th (Sat) to September 4th (Sun).

Fukosha also buys contemporary art.

See you soon

*********************

 

爽やかなお天気が続いておりますね。お片付けなどされてる方もおおいのではないでしょうか。

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

また風光舎は、出張買取も強化しております。

ご近所はもちろん、愛知県内、岐阜県、三重県その他の県へも出張いたします。

まずは、お電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ