ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

たじみ陶器まつりに行ってきました。(愛知県名古屋市姫池通 骨董買取いたします 古美術風光舎名古屋)

2022.04.19

皆さまこんにちは、スタッフMです。

 

桜の季節も終わり、新緑の季節を迎えつつある今日この頃。

昨日運転中に感じたのですが、雨の日の木々の緑ってとっても鮮やかに輝いていますよね。

いつもの晴れた日よりも、雨の日の木々の方が生き生きしてとっても美しく見えました。

 

雨の日は憂鬱になりがちですが、お気に入りの傘と共に新緑を見るのも悪くないですね。

 

 

さて本題に入りますね。

この間、「たじみ陶器まつり」に行ってきました。多治見自体にはお気に入りのお店があるのでよく行くのですが、「たじみ陶器まつり」は初めて行きました。

このお祭りも今年で76回目を迎え、メイン会場の本町オリベストリート周辺から銀座商店街の方まで約40社の陶器商が出店し、地元の方から遠方の方までたくさんの方々で賑わっていました。

 

 

通りには普段使いのお皿から、こだわりの一点物まで幅広い作品が並んでおり、見ているだけでも楽しい空間で、欲しい物がたくさんありました。

 

 

そして今回、たじみ陶器まつりで私が一番気になっていた作家も作品を出展するということで、会場に到着してすぐに見に行ったのですが、とても人気で到着した時には既にほとんど売れてしまっていて、残っていたのは2~3枚のお皿だけでした。

残っていたお皿たちもとても素敵だったのですが、お目当ての作品ではなかったので、今回はおあずけ…。

楽しみにしていた分、残念でしたが直接作家の方にお会いできてお話することができたので嬉しかったです。

 

他にもこのお祭りには、出店などもたくさんありました。

その日はとても暑かったこともあり、久しぶりに夏祭りを思い出しました。(当日は4月なのに28度…さすが日本一暑い町ですね。)今年は夏祭りもたくさん開催されるといいですね。

 

 

そしてお昼ごはんには、せっかく多治見に来たので、普段から気になっていたお蕎麦屋さんにも行ってきました。

白を基調とした天井の高い解放感のある造りの店内には手挽きの石臼が置かれ、様々なお皿も飾ってあり、とても雰囲気がありました。11:30開店で、順番に案内されるということで私は11:45頃に行ったのですが、すでに満席で1番目の待ち。

お蕎麦の深い香りと、天麩羅の香ばしい香りで溢れる店内で待っている間にどんどん列も長くなり、私の後ろには5組ほど並び始めました。

大体20分ほど待つと、ついに自分の番がまわってきました。

お店おすすめの「田舎蕎麦」を注文したところ数量限定で、もう完売してしまっていて残念ながらいただくことはできませんでした。(悔しい…。)代わりに第二候補だった「海老天せいろ」を頼んだのですが、とっても美味。外がカリカリで中がふわふわの理想の海老天と、喉越し最高のお蕎麦で満足でした。

 

 

「たじみ陶器まつり」も、ランチもとっても満足度が高く、素敵なおでかけになりました。

今からの季節どんどんイベントや、お祭りが増えてきて賑やかになる頃なので、皆さまも感染対策をしっかりして、近場のイベントなどに参加してみるのもありかもしれません。

 

 

P.S.多治見のお蕎麦屋さんについて気になる方はこっそりお教えしますので、ぜひ風光舎名古屋店にお立ち寄りください。お待ちしております。

 

 

Hello everyone, this is Staff M.

The cherry blossom season is over, and the fresh green season is approaching today. As I felt while driving yesterday, the greenery of the trees on a rainy day is shining very brightly. The trees on a rainy day looked more lively and beautiful than the usual sunny days.

Rainy days tend to be depressing, but it’s not a bad idea to see the fresh green with your favorite umbrella.

 

Now let’s get into the main subject. During this time, I went to the “Tajimi Pottery Festival”. I often go to Tajimi itself because I have a favorite shop, but I went to the “Tajimi Pottery Festival” for the first time. This festival also celebrated its 76th anniversary this year, and about 40 pottery shops opened from around Honmachi Oribe Street, the main venue, to the Ginza shopping district, and it was crowded with many people from locals to distant people.

The street is lined with a wide range of works, from everyday plates to discerning one-of-a-kind items, and it was a fun space just to look at, and there were many things I wanted.

 

And this time, the artist I was most interested in at the Tajimi Pottery Festival also exhibited his work, so I went to see it immediately after arriving at the venue, but it was very popular and almost all of it was already there. It was sold and all that was left was a few plates. The remaining plates were also very nice, but it wasn’t the work I was looking for, so this time I’m sorry … I was looking forward to it, but I was disappointed, but I was happy to meet and talk to the artist directly.

 

There were also many other stores at this festival. It was very hot that day, so I remembered the summer festival for the first time in a while. (It’s April, but it’s 28 degrees Celsius … It’s the hottest town in Japan.) I hope many summer festivals will be held this year.

 

And for lunch, I came to Tajimi, so I went to a soba restaurant that I was always interested in.

A hand-ground stone mill was placed in the store, which was based on white and had a high ceiling and a feeling of liberation, and various plates were also displayed, giving it a very atmosphere. The store opened at 11:30, and I went there around 11:45 because I was guided in order, but it was already full and the first wait. While I was waiting in the store full of the deep scent of soba and the scent of tempura, the line became longer and longer, and about 5 pairs started to line up behind me. After waiting for about 20 minutes, it was finally my turn.

 

When I ordered the recommended “countryside soba” from the shop, the quantity was limited and it was already sold out, so unfortunately I couldn’t get it. (I’m sorry …) Instead, I ordered the second candidate, “Shrimp Bamboo Steamer,” but it was very delicious. I was satisfied with the ideal shrimp tempura, which is crispy on the outside and fluffy on the inside, and the best soba noodles in my throat.

 

The “Tajimi Pottery Festival” was also very satisfying for lunch, and it was a wonderful outing. Since the number of events and festivals is increasing and it will be lively in the coming season, it may be possible for everyone to take proper measures against infection and participate in nearby events.

 

P.S. If you are interested in Tajimi Soba restaurant, we will secretly tell you about it, so please drop in at Fukosha Nagoya store. We’ll be expecting you.

 

 

*********************

 

新年度を迎えました。

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

また風光舎は、出張買取も強化しております。

ご近所はもちろん、愛知県内、岐阜県、三重県その他の県へも出張いたします。

まずは、お電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ