ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

木彫人物像(清朝末期)と対面してみました(覚王山名古屋店より)

2020.11.13

 

こんにちは。スタッフYです。

細かい細工や作品などをみると、昔からテンションが上がります。

名古屋店に清朝末期の高さ27㎝の小さな木彫人物像がいらっしゃるのですが、

残念ながらお名前は存じ上げません。

しかし、お座りになってらっしゃる玉座?らしき豪華な椅子、身にまっといる物、

端正な鋭いお顔といい、

高貴なお方ではないかと見受けられます。

細かいもの好きのテンションがあがり、しばらく眼前5㎝の鑑賞タイムが始まりました。

この小ささにもかかわらず、お顔の表情がよくでており、

ベルトのような装飾(多分、身分の高い方がするであろう装飾でしょう)部分に

獅子のような鋭い細工も。

そして、殊の外お召し物の刺繍らしきもののミリ単位の細工よ!

(画像、文面で伝わらないのが、たいへんもどかしいです)

 

今からタイムマシンに乗って、まさに彫っている現場へ行き

あーだこーだと、リポートしてきまーす。

 

と、言える日が 私の生きてる間には無理でしょうか。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

ページトップへ