ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

晩秋の長野へ行って参りました(名古屋店より)

2020.11.11

こんにちは。名古屋店スタッフYです。

先日、東山魁夷の代表作『緑響く』のモデルとなった長野県の御射鹿池へ行って参りました。

といっても、今回は季節を変えての再訪。

前回訪れたのは盛夏。

まだひっそりとした趣きの、神秘的な深い青色の鏡のような池だったのですが、

今回訪れてびっくりしましたよ。

大型バス駐車スペース完備の観光スポットと化しているではありませんか…

人間て勝手な生き物で、皆のものになった感じがすると、

急に寂しくなってしまう感覚なんなんですかね。

そう、推しのアイドルや歌手が、瞬く間に人気が出て自分の手から離れていったような。

ですが、季節を変えての再訪。

秋ならではの光景は、夏とは違う色どり。そして、身の引き締まる晩秋の空気感。

それはそれで同じ池を、二度楽しめましたよ。名古屋から車で三時間半。是非訪れてみてください。

 

 

そして、本日はこの子。石玉紫檀台置物(唐物)です。龍が施されています。

この作品の作られた時代に戻ることはもうできませんが、

どこで、どのような様子で作られたのかなどと、

また深堀を始めてしまいました。

 

作品のルーツを探り、そこからどんどん好奇心が派生するのは、

古美術の楽しみの一つであるような気がします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

ページトップへ