ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

今年も鷽鳥の季節がやってまいりました。(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取 古美術風光舎名古屋店)

2022.02.16

みなさまこんにちは、スタッフYでございます。

 

 

 

今年もやってまいりましたよ、例の季節が。

 

昨年このブログにて少しお伝えしたかと思いますが、私がささやかにコレクションしております「鷽鳥」の季節でございます。

その前に、まずは鷽鳥とは端的にお伝えいたしますと、この鷽鳥は鷽替え神事にて配布される木材や陶器などで鷽鳥の形に象り彩色した、まあ鳥のオブジェであります。

 

鷽替え神事とは、毎年1月に行われる開運招福を祈願する行事でありまして、参詣者が神前に集い、授かった鷽を「替えましょう、替えましょう」と声をかけ合いながら人の手から手へと渡して取り替えていく、少し変わった行事であります。その際に、何度も何度も取り替えていくことによって、前年に起こった悪いことを嘘(鷽)であったことにして、吉事に替えることができるという意味があるようで。そのようにして持ち帰った鷽は、お守りとして神棚におまつりしたり、置物として飾るなど様々な場所に置かれ、鷽が幸せを運んできてくれるよう願うようであります。

 

先に「季節」と申しましたが、そんな鷽替え神事は1月25日の初天神の日に行われることが多く、時間帯も太宰府天満宮では、夜暗闇の中でに行われたりと、参加するにはなかなか難しいスケジュール。

 

またこの行事の特性上、掛け声をかけあい、鷽鳥を手に手に交換し、人と集まることはこの状況下では3大やってはいけない項目になっておりますので、お札などを受けるところでお受けできる形態になっている天神さんが多いようですね。

 

名古屋には三大天神とよばれる、「桜天神」、「山田天満宮」、「上野天満宮」があるのですが、今回はですね、岡崎市にございます「岩津天満宮」へ、鷽鳥を求めてやってまいしたよ。

 

2月頃の開花に合わせて、梅まつりも開催されますが、あとすこしといったところでしょうか。

 

 

 

そして、今回我が家へ連れて帰ってきました、鷽鳥はこちら。

陶器製でございます。

 

 

どことなく、こちらをみており何かいいたげでありますが、本日より既存のメンバーたちに仲間入りをしていただきたいと思います。よろしくね。

 

それでは、ごきげんよう。

 

Hello everyone, this is Staff Y.

 

We’re here again this year, the usual season.

As I mentioned in this blog last year, it is the season of “Satori” that I have a small collection.

Before that, let me tell you briefly about the bullfinch. This bird is a bird object that is colored in the shape of a bullfinch with wood and pottery distributed at the Shinto ritual. ..

 

The reshuffle ritual is an event held in January every year to pray for good luck, and worshipers gather in front of the shrine and talk to each other to change the sword that was given to them. It is a slightly unusual event to hand over and replace. At that time, by replacing it over and over again, it seems that it means that the bad thing that happened in the previous year can be replaced with a good thing by making it a lie. The bullfinch brought back in this way is placed in various places such as a talisman for festivals on the Kamidana and decorated as a figurine, and it seems that he hopes that the bullfinch will bring happiness.

 

I mentioned “season” earlier, but such a reshuffle ritual is often held on January 25th, the day of Hatsu Tenjin, and at Dazaifu Tenmangu Shrine, it is held in the dark at night. It’s a difficult schedule to participate.

 

Also, due to the nature of this event, talking to each other, exchanging bullfinch in hand, and gathering with people are three major items that should not be done in this situation, so it is a form that can be accepted at the place where you receive bills etc. It seems that there are many Tenjin-san who have become.

 

There are three major Tenjin in Nagoya, “Sakura Tenmangu”, “Yamada Tenmangu”, and “Ueno Tenmangu”, but this time, I went to “Iwazu Tenmangu” in Okazaki City to ask for a bird. I did it.

 

A plum festival will be held in conjunction with the flowering around February, but is it a little more?

 

And here is the bullfinch that I brought back to my house this time.

It is made of pottery.

 

 

Somehow, I’m looking at this and it’s something good, but I would like to invite existing members to join us from today.

 

Well then, good luck.

 

 

 

**********************

 

まだまだ寒い日が続いております、体調など壊さぬようお気をつけてお過ごしくださいませ。

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ