ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

問題です。どちらが桃か桜でしょう。(名古屋市千種区姫池通 骨董買取 古美術風光舎名古屋店)

2022.02.18

こんにちは、スタッフYでございます。

本日はなかなかの寒さであるのですが、日差しだけはそろそろ春めいてきた気がいたします。そろそろ花粉など気になり始めた方もおいででしょうか。

 

先日店先にて、このところ気になってまいりました桃と桜を購入。飾ってみましたよ。流派はいつもの通り我流でございますので、ご了承くださいませ。

 

さてさて、ここで問題。どちらが、桃か桜かでしょうか。

蕾はどちらもピンク色、手前の枝は少しつるつるしており、もう一つの枝はごつごつしております。

 

 

この時期、桜が?と思われますよね。私も少しびっくり致したが、まあ早咲きの品種「東海桜」のようでした。

 

こちらの東海桜、早咲きの仲この桜はケイタロウザクラ(啓太郎桜=ケイオウザクラ 啓翁桜と同一品種)の実生苗から選抜されたケイオウザクラ(敬翁桜)が別名として「東海桜」、「岳南桜」で売られたため和名が混乱しているといわれます。啓翁桜とは樹形が異なり箒状となります。また、樹幹からの気根の発生が多くみられることから、支那実桜が関与したものと推定されます。

 

昨年このブログにて桜の変異種についてつぶやいておりますが、桜は変異しやすい植物。早咲き品種も結構ありそうですので、これについてはまたつぶやくと致します。

 

そんな中、桃と同時期に咲く桜をみかけ一緒に投げ入れてみたのですが、どちらも蕾は固く、うっすらとピンク色をのぞかせているまでであります。どちらが先に咲き、どんな花を咲かせるのかが楽しみですね。と、桜と桃の競演が華やかな店内でありますが、先ほどの問題の答えに戻りましょうか。

ですが、ここで少しヒント。と、いいますかわたくしも一緒にお勉強したいだけでありますが。

 

まず桜、桃、そして梅。じつはこの3つの花はすべてバラ科の植物というのは周知のことでありますが、いずれもバラの仲間であることから見た目がとてもよく似ていて見分けるのが難しいとも。そんな上に咲く時期までいっしょとなりますと、これまた困ってまいりました。

 

そんな中、見た目は似ていますが、いくつかのチェックポイントを注意深く観察すれば、それぞれの特徴が見えてまいります。見た目、開花時期、香りの3つのチェックポイントに着目すると誰でも簡単に見分けることができるようになりますので、少しご紹介いたしましょう。

 

まずは大まかなところで、花びらに着目。花びらに切れ込みがあれば桜、切れ込みがなければ梅か桃になります。次に、梅と桃の違いですが、ポイントは葉と花がひらくタイミング。花だけがひらいている場合は梅、葉と花が同時にひらいていれば桃になるようですので、葉の出るタイミングは要チェックのようであります。

 

桜の花びらは、先が割れ、花柄(枝と花が繋がっているところ)は長く、花の数は、1つの節に多くの花をつけております。また、幹肌は赤茶色で、ゴツゴツした横縞模様になっており、葉は花が咲き終わった頃から初夏にかけて茂るのは言うまでもありませんね。私がイメージしましたのは、東山魁夷の「宵桜」「花明かり」などでしょうか。

 

また、梅は、花びらの先が丸く、花柄はほとんどございません。そして、花の数は1つの節につき花は1つのみのですので、桜ほどはにぎやかに咲いてはいませんね。幹肌は黒ずんでいて、比較的ざらついているものも。葉は、花が咲き終わってから出てきます。こちらは国宝、尾形光琳「紅白梅図屏風」をイメージすると間違いない!。

 

そして、桃。桃の木を拝見することは、桜や梅と比べますとそうお目にかからないですが、花びらは先が尖っており、花柄は短く、花の数は、1つの節につき花が2つ(節の中央に葉芽があり、その両側に花芽が1つ)であります。そして、幹肌は白っぽく、ツルツルしていて、斑点模様があるのが特徴。葉は花と同時に可愛らしく開いていますよね。そんな桃の木ですが、私の知識不足により、なかなかイメージする有名絵画が浮かばす、探しましたよ。

ゴッホの、「花咲く桃の木」(1888年作)。こちらの作品は、ゴッホ美術館に所蔵されておりますので、是非そちらをイメージしてみてくださいませ。

 

一般的な開花時期は、梅→桃→桜の順ではありますが、この早咲きの桜のように地域や気候によって開花が重なることもあります。開花時期を知っていれば、どの花なのか大体の見当をつけることができますが、早咲きとは…。これは想定外でしたね汗。

 

 

そんな、ヒントをもとに答えを導き出しますと、花は咲いておりませんので、幹での判定になります。よって、つるつるしたものが桃、ごつごつしたものが「東海桜」であります。参加者の皆さま、お疲れさまでした笑。

 

そして上級編ではありますが、桜・桃・梅と似ている花に杏(あんず)がございますがこうなると、もう混乱。丸い花びらが梅とよく似ていて、開花時期も3月から4月となっているため、見分けるのが難しいと感じる人が多いようですが、そんな杏と梅の決定的な違いは花のつき方のようでして、1つの節に1つの花なら梅、1つの節に複数の花が咲いていれば杏のようですが、わたくしは、杏はなかなかお目にかからないようですのでとりあえず知識として入れますが、一旦忘れておくことに致します笑。

 

いやはや、これから春の花の競演シーズンに突入するわけですが、これらの蘊蓄がちょっとお助けになりましたら幸いです。今から開花が楽しみになってまいりました。

 

それでは、ごきげんよう。

 

 

Hello, this is Staff Y.

It’s quite cold today, but the sunshine is about to spring.

The other day, I bought peaches and cherry blossoms that came to the storefront. I tried to decorate it. Please note that the school is our own as usual.

 

Well, here’s the problem. Which is peach or cherry blossom?

Both buds are pink, the branch in the foreground is a little slippery, and the other branch is rugged.

 

 

 

What about cherry blossoms at this time of year? I think that. I was a little surprised, but it looked like the early-blooming variety “Tokai Sakura”.

 

This Tokai cherry tree, early blooming Naka This cherry tree is also known as “Tokai cherry tree” and “Dake”, which are selected from the seedlings of Keitaro cherry tree (Keitaro cherry tree = the same variety as Keio cherry tree). It is said that the Japanese name is confused because it was sold at “Minamisakura”. The tree shape is different from that of Keio Sakura, and it looks like a broom. In addition, since aerial roots are often generated from the trunk, it is presumed that Chinese cherry blossoms were involved.

 

Last year, I tweeted about the mutant species of cherry blossoms in this blog, but cherry blossoms are plants that are easily mutated. It seems that there are quite a few early-blooming varieties.

Meanwhile, I saw a cherry blossom that bloomed at the same time as the peach and threw it together. In both cases, the buds are hard and have a faint pink color, but I am looking forward to seeing which one will bloom first and what kind of flower will bloom.

 

Such a competition between cherry blossoms and peaches is gorgeous in the store, but I will return to the quiz I mentioned earlier, but I would like to give you some hints here, and I will study with you.

 

It is well known that these three flowers, cherry blossoms, peaches, and plums, are all plants of the Rosaceae family, but since they are all members of the rose family, they look very similar and difficult to distinguish. When it came to the time when it bloomed on top of that, I was in trouble again.

 

The appearance is similar, but if you carefully observe some checkpoints, you can see the characteristics of each. If you focus on the three checkpoints of appearance, flowering time, and scent, anyone can easily distinguish them, so let me introduce a little.

 

First of all, pay attention to the petals in a rough place. If there is a notch in the petals, it will be cherry blossoms, and if there is no notch, it will be plum or peach. Next, regarding the difference between plums and peaches, the point is the timing when the leaves and flowers open. If only the flowers are open, it will be plum blossoms, and if the leaves and flowers are open at the same time, it will be peaches, so it seems that you need to check the timing of the leaves.

 

The petals of the cherry blossoms have cracked tips, long peduncles (where the branches and flowers are connected), and the number of flowers is large in one node. In addition, the trunk skin is reddish brown and has a rugged horizontal stripe pattern, and it goes without saying that the leaves grow thick from the time when the flowers have finished blooming to early summer. What I imagined was Kaii Higashiyama’s “Evening Sakura” and “Flower Light”.

 

In addition, plums have rounded petals and almost no floral patterns. And since the number of flowers is only one per node, it is not as lively as cherry blossoms. The trunk skin is dark and some are relatively rough. The leaves come out after the flowers have finished blooming. There is no doubt that this is an image of the national treasure, Korin Ogata’s “Red and White Plum Blossoms”.

 

And peach. Seeing peach trees is less common than cherry blossoms and plums, but the petals are sharp, the peduncles are short, and the number of flowers is two per node. (There is a leaf bud in the center of the node and one flower bud on both sides of it). The trunk skin is whitish, smooth, and has a speckled pattern. The leaves are cute and open at the same time as the flowers. It’s such a peach tree, but due to my lack of knowledge, I was looking for a famous painting that I could easily imagine.

Van Gogh’s “Flower-blooming Peach Tree” (1888). This work is in the Van Gogh Museum, so please try to imagine it.

 

The general flowering time is plum → peach → cherry blossom, but flowering may overlap depending on the region and climate like this early blooming cherry blossom. If you know the flowering time, you can get a rough idea of ​​which flower it is, but what is early blooming? That was unexpected, sweat.

 

 

 

If you derive the answer based on such a hint, the flower is not blooming, so it will be judged by the trunk. Therefore, the slippery one is peach and the rugged one is “Tokai Sakura”. Thank you to all the participants.

 

And although it is an advanced version, there is an apricot in a flower that resembles cherry blossoms, peaches, and plums, but this is already confusing. The round petals are very similar to plum blossoms, and the flowering time is from March to April, so many people find it difficult to distinguish them, but the decisive difference between apricots and plum blossoms is the flowering. It looks like a plum blossom if one flower is in one node, and an apricot if multiple flowers are in one node, but I don’t seem to see an apricot, so I know it for the time being. I will put it in as, but I will forget it once lol.

 

No, we are about to enter the spring flower competition season, and we hope that these savings will help us a little.

 

Well then, good luck.

 

 

**********************

 

まだまだ寒い日が続いております、体調など壊さぬようお気をつけてお過ごしくださいませ。

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ