ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

東郷青児作品をひとり贅沢に鑑賞しております。(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取 古美術風光舎)

2021.11.04

皆様こんにちは、スタッフYです。

このところスタッフ間でも美術展などへ訪れた報告が多くなりましたが、皆さまは芸術文化などに触れる機会は復活いたしましたでしょうか。このところ今週末もどこぞの美術館へ行こうと、チェックに余念がなく落ち着かない私であります。

 

さて、話は変わりますが、先日から「東郷青児」作品を弊店舗ギャラリーにて飾っております。

よって店舗ギャラリーにて一人、贅沢にも東郷作品を鑑賞致しまして、そして贅沢な空間の中お仕事を進めている次第でございますが、

まずは、一緒に鑑賞いたしましょう。

 

「東郷青児」 油絵 『桃色のジュミーズ』 (33.0㎝✕24.0cm)

 

 

東郷青児初期の作品と思われます。

小さな作品ですが、淡い白ですが存在感のあるのフレームの中に、同じく淡い白の女性が薄い桃色のシュミーズを纏い、東郷青児らしい女性のやわらかさ、優しさがぎゅっと詰まったような作品ですね。

東郷作品全盛期に幼少期を過ごした私としては、どこか懐かしくもあり、でもしっかりと脳裏に焼き付いて、私が当時かっこいいなぁと思っていた大人の女性像と東郷作品の女性はどことなくリンク致します。

 

そうそう、こんなゆるふわパーマのゴージャスな女優さん当時いらっしゃいましたよね。当時流行った化繊のテレテレのサイケな柄のワンピースを着て、つけまつげをつけた強気なメイクをして、新しい時代の女性のやわらかさや強さをみにつけ颯爽と歩いていたような。そんな時代だったなと当時の大人の女性を思い起こしております。昭和世代のみなさんには、とてもエモいのでは。

 

 

 

ところで、この作品とこの作品のイメージを壊さない額縁との全体の印象が、私が気になっておりました。こちらの作品は作品の色に額縁をあえて合わせたのでしょうか。東郷は、後期には版画や彫刻も手掛け、はたまた雑貨のデザインや本の装釘も数多くみられますし、当時から額縁もきっと作品を構成する重要なとしてこだわっていたのでしょうね。すこし、横から撮影もしてみましたが、作品をのぞき込むような深さが、さらに作品を引き付けます。ですが、作品を台無しにすることのない一体感のある淡い白が、空間をあたたかくしてくれます。

 

いかだったでしょうか、初心者古美術スタッフの鑑賞は笑。博識の皆さま、絵画好きの皆さまのお話も伺ってみたいので、どうぞ古美術風光舎名古屋店へお気軽にお越しくださいませ。

 

 

 

Hello everyone, this is Staff Y.

Recently, there have been many reports of visitors to art exhibitions among the staff, but have you revived the opportunity to come into contact with art and culture? No matter where I go to the museum this weekend, I’m tired of checking and I’m restless.

 

By the way, the story changes, but from the other day, “Seiji Togo” works are displayed in our store gallery.

Therefore, I am lavishly appreciating Togo’s works alone at the store gallery, and I am working in a luxurious space.

First of all, let’s watch it together.

 

“Seiji Togo” oil painting “Peach-colored Jummies” (33.0 cm ✕ 24.0 cm)

It seems to be an early work of Seiji Togo.

It’s a small work, but it’s a work in which a pale white woman wears a pale pink chemise in a frame that is pale white but has a strong presence, and the softness and tenderness of a woman like Seiji Togo is tightly packed. Hey.

For me, who spent my childhood in the heyday of Togo’s work, I feel nostalgic, but it firmly burned into my mind, and the image of an adult woman I thought was cool at that time and the woman of Togo’s work are somehow linked. ..

 

Oh yeah, there was such a gorgeous actress with a loose perm at that time. Wearing a dress with a psychedelic pattern of synthetic fiber tele-tele, which was popular at the time, wearing a bullish make-up with false eyelashes, it seems that she was walking dashingly to see the softness and strength of women of the new era. I remember the adult woman at that time that it was such an era. I think it’s very emo for the Showa generation.

 

By the way, I was interested in the overall impression of this work and the frame that does not destroy the image of this work. Did this work dare to match the frame with the color of the work? In the latter half of the year, Togo also worked on prints and sculptures, and there were many designs for miscellaneous goods and book bindings, and from that time on, the picture frame must have been an important part of the work. I tried shooting from the side a little, but the depth of looking into the work makes it even more attractive. However, the pale white with a sense of unity that does not ruin the work warms the space.

 

How was it? The appreciation of the beginner antique art staff was laughing. We would like to hear from knowledgeable people and painting lovers, so please feel free to visit the antique art Fukosha Nagoya store.

 

 

**********************

 

少しお寒くなってまいりました。冬物の入れ替えや、整理をされていらっしゃる方もおいでではないでしょうか。

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ