ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

シリアからのお客様(愛知県名古屋市千種区 骨董 買取 古美術風光舎)

2021.07.25

みなさま、こんにち

最近、風光舎に新しく加わったお品があります。

それはシリアからのお品で、なんと紀元前のものだと言われています。

 

 

「シリア・パルミナ出土 紀元前」と裏に補記されているこちら。

パルミナでは検索しても出てこなかったので、もしかしたらパルミラかもしれません。

パルミラといえば紀元前1~紀元3世紀にかけて、ローマと東方を結ぶ巨大な貿易都市でした。

また、ササン朝ペルシャとその西側の緩衝地帯でもあり、ギリシャ、メソポタミア、ペルシャ、ローマ、

そして現地の文化が豊かに混ざりあうパルミラ独特の文化が形成されました。

ローマ帝国の影響下にあった都市の中でも、パルミラほど異なる文化の折衷が豊かに残っているところはあまりないそうです。

そのパルミラで3世紀に実権を握っていた女王ゼノビアは、ローマ帝国からの自立を目指して対決を挑みました。

しかし、激しい攻防の末、パルミラは陥落。ゼノビアは捕虜となりローマに連行されてしまいました。

これ以降、「女王の都」パルミラは衰退の道をたどることになりました。

 

シリア内戦が始まるまでは、この美しい遺跡を見に、毎年15万人以上の観光客が世界から訪れていたようです。

ローマ都市の特徴である円形劇場や浴場などは、完全に近い形で残っていました。

 

しかし、パルミラはシリアの中部に位置し、交通の要衝であったので、内戦に関わる勢力がそれぞれ制圧を目指していて

戦闘の場所になってしまいました。記憶に新しい2015年5月。過激派組織「イスラム国」(IS)がシリア軍を撃破し、

遺跡を勢力下に置くと、「偶像崇拝を助長するもの」として遺跡が次々に破壊され始めました。

2017年3月に政府軍が支配権を取り戻しましたが、それまでに貴重な遺跡はかなり破壊されました。

シリアの政情も踏まえると遺跡の修復にはだいぶ時間が掛かるようです。

 

 

風光舎に仲間入りした紀元前のシリアの出土品。

何事も無かったかのように、すました表情をしていますが、もしかしたらこれまでに

様々な修羅場をくぐり抜けてきたのかもしれません。

そしてはじめは何かのレリーフのようですから、お顔だけではなく体も全体があったと思います。

隣にはお友だちもいたかもしれませんし、もしくは恋人が...。

それが、いつの間にか、たった一人、お顔だけになって、遠い遠い日本までやってきました。

そして、なんと今は、日本の弥生時代の須恵器のお隣さんです。

 

 

 

まだまだシリアの内戦は混乱を極めていて、終わりの見えない内戦状態が続いているようです。

私自身、これまで何度もシリアの現状や、ここに至るまでの過程を調べてきましたが、

とても複雑で、一つの国家だけの問題ではないんだとつくづく感じました。

それでも、平和で戦争や紛争などない世界になる日がくることを信じています。

オリンピックという平和の祭典が行われている今、戦争で解決しなければならないことなんて

ないはずです。

 

(staff m)

 

 

Hello everyone

Recently, there is a new item added to Fukosha.

It is an item from Syria and is said to be from BC.

 

This is supplemented with “Excavated in Palmyra, Syria, BC”.

I couldn’t find it in Palmyra even if I searched for it, so it may be Palmyra.

Palmyra was a huge trading city connecting Rome and the east from the 1st century BC to the 3rd century AD.

It is also a Sassanid Persian and western buffer zone, Greece, Mesopotamia, Persia, Rome,

Then, a culture unique to Palmyra was formed, in which the local culture is richly mixed.

Among the cities under the influence of the Roman Empire, there are not many places where the eclectic mix of different cultures remains as rich as Palmyra.

Queen Zenobia, who was in control of her in Palmyra in the 3rd century, challenged the confrontation for independence from the Roman Empire.

However, after a fierce battle, Palmyra fell. Zenobia was taken prisoner and taken to Rome.

Since then, the “Queen’s City” Palmyra has been on the path of decline.

 

Before the Syrian Civil War, more than 150,000 tourists from all over the world seemed to visit this beautiful site every year.

The amphitheater and bathhouses that are characteristic of the Roman city remained in a nearly perfect form.

 

However, Palmyra is located in the central part of Syria and was a key point of transportation, so the forces involved in the civil war are aiming to suppress each.

It has become a battleground. May 2015, new to memory. Extremist organization “Islamic State” (IS) defeats Syrian army,

When the ruins were put under power, the ruins began to be destroyed one after another as “promoting idol worship.”

Government troops regained control in March 2017, but by then valuable ruins had been considerably destroyed.

Considering the political situation in Syria, it seems that it will take a long time to restore the ruins.

 

An excavated item from Syria BC that joined the Fukosha.

It looks like nothing happened, but maybe by now

It may have passed through various shrines.

And at first, it looks like a relief, so I think there was not only the face but the whole body.

You may have friends next to you, or you have a lover. .. .. ..

Before I knew it, I came to Japan far away, with only one face.

And now, I’m a neighbor of Sue pottery in the Yayoi period in Japan.

 

The civil war in Syria is still extremely confused, and it seems that the endless civil war continues.

I myself have investigated the current situation in Syria and the process leading up to this point many times.

It was very complicated and I felt that it was not a problem for only one nation.

Still, I believe that the day will come when we will have a world of peace and no wars or conflicts.

Now that the Olympics, a festival of peace, is being held, there is nothing that must be resolved in the war.

There should be none.

 

***********************

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方もいらっしゃると思います。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL:052-734-8444

 

I think that some people are organizing important items as their lifestyle changes.

Here at Fukosha, we purchase various genres such as paintings, jewelry, and hobby items in addition to antiques and antiques.

Please feel free to contact us even if you have been tidied up and are wondering if this kind of thing is okay.

 

Fukosha is also strengthening business trip purchases.

We will make business trips not only to Aichi prefecture but also to Gifu prefecture, Mie prefecture and other prefectures.

No matter how close you are, we are looking forward to your call.

 

Chikusa-ku, Nagoya-shi, Aichi, antique purchase “Antique Fukosha Nagoya store”

TEL: 052-734-8444

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ