ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

色の効果(愛知県名古屋市千種区・骨董 買取 古美術 風光舎より)

2021.07.24

皆さま、こんにちは。

東京2020オリンピックが開催しましたね。

2021年ですが、2020という数字をたくさん見るのが不思議です。

このような状況の中で本当にオリンピックを開催するべきなのか賛否両論あるとは思いますが、始まってしまったのでこの際お家で応援するしかないですね。

 

 

と言いつつも、わたしはオリンピックを見た記憶が小学校のお昼の時間にアイススケートをクラスで見た記憶しかありません。

4年に一度の世界的に大きなイベントですが、スポーツのルールをよく知らず、個人的に順位が出るものが苦手なのであまり見ていません。知らないうちに始まっていつのまにか終わっていたという印象です…。(オリンピック好きの方がいましたら申し訳ございません)

ですから、本日のブログにてオリンピックのことについて話す予定はございません。もし今日はオリンピックについてかな?と楽しみにしている方がいたら申し訳ございません。

 

本日は色について話していこうと思います。

きっかけは大学の授業で、モノクロームの作品を作らなくてはいけない実技授業があり、そこから色についての本を少し読みました。その内容について話していきます。(もしかしたら知っている内容ばかりかもしれませんが…)

 

テレビや雑誌などのエンタメや身近なところで、色の効果について聞いたことはありませんか?もしくは過去に学校の授業などで。

色は当たり前にあって、その色から人は大きな影響力を受けています。心理的にも、身体的にも。

実際に五感のはたらき方として、視覚が87%、聴覚が7%、触覚が3%、嗅覚が2%、味覚が1%で、視覚が約9割も占めています。だから目で見ることのできる色に大きく影響されてしまいます。

テレビの番組などで、箱に入っているものを触って当てるクイズがありますが、あれは触覚に当てはまり、触覚は3%しかないのですぐに答えが分かりません。だから楽しめるゲームですよね。

そして、すべてが青い部屋(ソファや机、食器など)では、食欲がなくなると聞いたことはありませんか?ダイエットをしたい人は、青いお皿でご飯を食べるといいだとか…。

こういう話題が出てくるのは、やはり日常生活の中での一番の影響力は色彩で、色によってわたしたちは感情が左右されたりしているからです。

よく聞く暖色系、寒色系という色の分類では暖色系は心理的に暖かさを感じ、逆に寒色系は心理的に冷たく感じます。これは色によって考えるイメージも関係があります。暖色系である赤色は太陽や火をイメージさせ、寒色系である青は水や氷をイメージさせます。そのイメージのものの温度感が心理作用してしまいます。

 

ある職場で、壁の色が灰色で青色光の女子トイレがありました。(想像してみて下さい)

そこでは、鏡に自分が病人のように映って見え女子従業員の欠勤が多かったそうです。改善として、壁の色を塗り替え青色光を中和させると欠勤は減少したそうです。

その他に、灰色の機械を明るい橙色に塗り替えたら、士気が高揚し、事故は減少、不機嫌だった従業員も作業中に歌を歌い始めたそうです。

また、今の暑い季節クーラーを使い部屋を涼しくしますが、同じ温度設定でも部屋の壁の色が暖色系か寒色系かで体感温度が大きく変わるそうです。

 

また別の実験では、女性がピンクのブラウスを着てピンクのカーテンの部屋で生活するようにしたら、容貌や体が若返り、人柄まで明るく愛らしく目のさめるような美人になったという結果があるそうです。少し疑いたくなるような内容ですね。ですが、ピンクは若返りの色と言われています。挑戦してみる価値はあるかもしれません…。ピンクは心を落ち着かせる作用もありますし、嫌いな色でなければどこかに使ってみるのもいいかもしれません。

 

 

「黒はシワが増える」や「緑は頭痛を治す」など色に秘められた力があり、色でコミュニケーションをとったり意思表示をすることもできます。もし何かを買う機会があってどれを買うか迷っていたら、色の効果で選んでみるのもありかもしれません。

また、今の社会状況では家に籠ることが多いですから、そんな家でリラックスして過ごせるよう、部屋の色について考えてみるのもいいかもしれません。

 

今回話した内容はわたしの読んだ「色の秘密」(著者;野村順一)という本の100分の1程度の内容ですので、もしここから色について興味がでてきた方がいましたら、面白いのでぜひ読んでみて下さい。

 

ちなみにですが、オリンピックで日本がユニホームなどによく使う赤色は、人が生きるために必用なものと多く結びついていて、他のどの色よりも刺激的な色です。アドレナリンを分泌させ気分を高揚させるのでスポーツなどで闘争心を駆り立ててくれます。情熱的でエネルギッシュなイメージがとてもピッタリですね。

 

 

 

Hello everyone.

The Tokyo 2020 Olympics were held.

It’s 2021, but it’s strange to see a lot of numbers 2020.

I think there are pros and cons as to whether the Olympics should really be held in such a situation, but since it has started, I have no choice but to support at home.

Having said that, I only remember seeing the Olympics in class at lunchtime in elementary school.

It’s a big event in the world once every four years, but I don’t know much about sports rules and I’m not good at ranking personally, so I don’t watch much. The impression is that it started without knowing it and ended before I knew it … (I’m sorry if anyone likes the Olympics)

So I have no plans to talk about the Olympics in today’s blog. If today is about the Olympics? I’m sorry if anyone is looking forward to it.

 

Today I’m going to talk about color.

The opportunity was a university class, and I had a practical class where I had to make monochrome works, and from there I read a little book about color. I will talk about the contents. (Maybe all you know is …)

 

Have you ever heard about the effect of color in entertainment such as TV and magazines or in your immediate surroundings? Or in a school class in the past.

Color is the norm, and people are greatly influenced by it. Psychologically and physically.

In fact, the five senses work 87% for sight, 7% for hearing, 3% for touch, 2% for smell, and 1% for taste, and about 90% of the senses work. Therefore, it is greatly influenced by the colors that can be seen with the eyes.

There is a quiz that you can touch and hit what is in the box on TV programs, but that applies to the sense of touch, and since the sense of touch is only 3%, I do not know the answer immediately. That’s why it’s a game you can enjoy.

And have you ever heard that you lose your appetite in an all-blue room (sofa, desk, tableware, etc.)? People who want to go on a diet should eat rice on a blue plate …

This kind of topic comes up because color is the most influential factor in our daily lives, and our emotions are influenced by color.

In the classification of warm colors and cold colors that are often heard, warm colors feel psychologically warm, and cold colors feel psychologically cold. This is also related to the image you think of by color. The warm red color is reminiscent of the sun and fire, and the cool blue color is reminiscent of water and ice. The feeling of temperature of the thing in that image has a psychological effect.

 

At one workplace, there was a women’s toilet with gray walls and blue light. (Imagine)

There, she looked like a sick person in the mirror, and many female employees were absent. As an improvement, it seems that absenteeism decreased by recoloring the wall and neutralizing the blue light.

In addition, when the gray machine was repainted in bright orange, morale increased, accidents decreased, and employees who were in a bad mood started singing songs while working.

Also, I use a cooler in the hot season to cool the room, but even with the same temperature setting, the sensible temperature changes greatly depending on whether the wall color of the room is warm or cold.

 

Another experiment found that if a woman wore a pink blouse and lived in a room with pink curtains, her appearance and body would be rejuvenated, and her personality would become a bright, adorable and awakening beauty. There seems to be. It’s a little suspicious. However, pink is said to be a rejuvenating color. It might be worth the challenge … Pink has a calming effect, and if you don’t like it, you may want to try it somewhere.

There are powers hidden in colors such as “black increases wrinkles” and “green cures headaches”, and you can communicate and express your intention with colors. If you have a chance to buy something and are wondering which one to buy, you may want to choose by the color effect.

Also, in today’s social situation, people often stay at home, so it might be a good idea to think about the color of the room so that you can relax in such a house.

 

The content I talked about this time is about one-hundredth of the book I read, “The Secret of Color” (Junichi Nomura), so if anyone is interested in color from here, it’s interesting, so please read it. Please try.

 

By the way, the red color that Japan often uses for uniforms at the Olympic Games is more exciting than any other color because it is associated with many things that people need to live. Since it secretes adrenaline and raises the mood, it stimulates the fighting spirit in sports. The passionate and energetic image is perfect.

 

***********************

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方もいらっしゃると思います。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL:052-734-8444

 

I think that some people are organizing important items as their lifestyle changes.

Here at Fukosha, we purchase various genres such as paintings, jewelry, and hobby items in addition to antiques and antiques.

Please feel free to contact us even if you have been tidied up and are wondering if this kind of thing is okay.

 

Fukosha is also strengthening business trip purchases.

We will make business trips not only to Aichi prefecture but also to Gifu prefecture, Mie prefecture and other prefectures.

No matter how close you are, we are looking forward to your call.

 

Chikusa-ku, Nagoya-shi, Aichi, antique purchase “Antique Fukosha Nagoya store”

TEL: 052-734-8444

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ