ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

春眠、暁を覚えず (愛知県名古屋市千種区 古美術風光舎 出張買取致します)

2021.04.20

毎年4月に、茶道のお稽古場に掛かる御軸に、

孟浩然の『春暁』の一節が書かれたものがございます。

「春眠不覚暁」

尾張徳川に縁のある香道の御流派・志野流のお家元の御作。

滋味溢れる筆致を眺めるたびに、

またこの季節が巡ってきたのだなぁと感慨深いです。
 

 

春眠不覚暁 処処聞啼鳥

夜来風雨声 花落知多少

 

春の暁は気候も暖かく、心地よい眠りに夜が明けたのも知らず寝すごしてしまったが、

ふと眼をさませばあちこちで小鳥の啼く声がきこえる。
そういえば、昨夜は風雨の音がはげしかった。

花はどれほど散ってしまっただろうか。

 

(日本では中学校の国語で学習するので知らない人はいないかも。

皆様もきっと春先の寝坊のいいわけに使ったりしましたよね?)

 

作者の孟浩然は盛唐の詩人(689-740)湖北省襄陽の人。

科挙の試験に失敗し、一時は山に隠棲してましたが、

40歳の時、長安に出て詩才を認められました。

王維の紹介で皇帝にも会見ができる身分になったのですが、

後に詩句の一部が玄宗の不快を誘い追放されてしまい、

終生政府役人には就けず、不遇な一生を送り故郷で没したのでした。

平淡清雅の作風で五言律詩を得意とし、

自然詩人として王維と並び称せられます。享年52歳。

 


 
スタッフTは、この唐詩を見ると

中国語で暗唱する声がどこからともなく聴こえてくるんです。

暗唱も出来ます。ピンイン(声調)は怪しいですが...

 

遼寧省瀋陽に一か月ほど滞在したことがあって、

その頃よく唐詩を聞いていたんですね。

若いころに覚えたことって結構忘れないものですよね。

本当に身体に沁み込むように覚えちゃいますね。

当時、園児だった娘なんて、

一ヵ月だけ通った中国の幼稚園のお友だちに、

「一様的!Yīyàng de!」(それ、いっしょだね!)なんて

楽しそうに声掛けていてビックリでした!

 

ああ、あの頃に戻りたい...

 

昔はこの詩の通り、寝ても寝ても本当に眠くて眠くて...

おや、最近はそんなことないですね。

かえって早い時間にフッと目が覚めたりして。

年齢が上がったせいでしょうか...

いえいえ、十分に睡眠時間が取れているからでしょうね。

きっと、そうですよね。

そういうことにしておこう~っと。

DSC_1084

Every April, on the axis of the tea ceremony practice hall,

There is a passage from Meng Haoran’s “Meng Haoran”.

“Spring sleep awakening”

A work by the owner of the Shino style, a Kodo school with a connection to Owari-Tokugawa.

Every time I look at the delicious brush strokes

I am deeply moved that this season has come.

The climate was warm in the dawn of spring, and I slept without knowing that the dawn had come to a good night’s sleep.

If you squint your eyes, you can hear the roaring voices of small birds here and there.
By the way, the sound of wind and rain was loud last night.

How many flowers have fallen?

& nbsp;

(In Japan, you learn in the national language of junior high school, so you may not know it.

I’m sure everyone used it as a good reason for oversleeping in early spring, right? )

Staff T sees this Tang poetry

I can hear the voice reciting in Chinese from nowhere.

You can also recite. Pinyin (tone) is suspicious. .. ..

& nbsp;

I’ve been in Shenyang, Liaoning for about a month,

At that time, I used to listen to Tang poetry.

You will never forget what you learned when you were young.

I remember it as if it really sank into my body.

A daughter who was a kindergarten child at that time

To a friend of a kindergarten in China who attended for only one month

“Uniform! Yī yàng de! ” (That’s it!)

I was surprised to hear that he was having fun!

Oh, I want to go back to that time. .. ..

In the old days, as this poem says, I was really sleepy and sleepy whether I slept or slept. .. ..

Oh, that’s not the case these days.

On the contrary, I woke up early.

Is it because I’m getting older? .. ..

No, it’s probably because I have enough sleep.

I’m sure it is.

*********************
大切な思い出の品物を整理しなければならないこと、ございますよね。
そんな時は古美術風向舎名古屋店までご相談下さい。
出張買取も致しております。

名古屋近郊だけでなく、愛知・岐阜・三重・その他の地域へも伺えます。
gお連絡をお待ちしております。

古美術 風光舎 名古屋店(店舗営業時間10:00~17:00)
052-734-8444
*********************
You have to organize your memorable items,
In such a case, please contact the antique art Fukosya Nagoya.

We also do business trip purchases.
We can visit not only the suburbs of Nagoya but also Aichi, Gifu, Mie, and other areas.
First of all, we look forward to hearing from you.

Antique Art Fukosha Nagoya Store
(Store business hours 10: 00-17: 00)
052-734-8444

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

ページトップへ