ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

小糠雨とは今日みたいな雨の事ですね。(古美術風光舎名古屋店 買取しております)

2021.02.26

こんにちは。名古屋は朝からしっとりとした小糠雨といったところです。

春の小糠雨は少し寒さの中にも暖かい空気が混じったような雨ですね。

春の情報は掴んでいたい性分なので、雨といえど、春めいた言い方はないかと調べてみました。

雨の呼び名はなんと400語以上のあるとのこと。春雨、紅雨、菜種梅雨、催花雨…などなど。春の雨にもいろいろ呼び名があるのだと。自分が生きている間に使わない言葉ばかりでは忍びないので、少しだけでも触れてみることにしました。

『小糠雨』とは音もなく降る細かな雨でして、季節は限定されない言葉ですが、春や秋の柔らかな季節に降る雨の方がイメージにあっているような気がします。

小糠雨の糠(ぬか)は、米糠のように細かな様子を表す言葉です。その糠の上につく小もまた細かなという意味ですから、小糠雨といえば本当に細かな雨という事になります。

また、細かな雨が音もなく降り傘を差さなくとも歩けるほどで、傘を差 しても傘に落ちかかる雨音も聞こえず、いつの間にか衣服がしっとりと 湿ってしまうような雨でもあります。

この雨音を立てないところから小糠雨 には「音なき雨」という名前も。ただし、細かくて音のない雨を甘く見ると、これが風邪の因になる事もありますのでお気をつけて。

親爺の小言と小糠の雨は後で効く

なんていう諺もあるようです。

 

本日は春繋がりで、春の名古屋の情報を少し。

古美術風光舎名古屋店から車で15分、お隣東区にあります徳川美術館の特別展のご紹介です。

 

 

 

 

毎年この時期に私の大好きなこちらの美術館にて、『尾張徳川家の雛まつり』と題して、尾張徳川家の姫君のためにあつらえた雛人形や雛道具が展示されております。スタッフY、各地の雛人形の展示を結構巡っておりますが、徳川美術館の雛人形、お道具は私史上1,2位にランキング入りするのではと勝手に思っております。

こちらの、雛人形お道具はさすが尾張御三家筆頭の名にふさわしい質の高さを誇っておりまりまして、

実際の婚礼調度品をそのままミニチュアにしたかのような雛道具の精巧な作りは本当に圧巻です。また今年は尾張徳川家21代義宜(よしのぶ)夫妻が長女紹子(つぐこ)氏のために作らせた内裏雛飾りも初公開のようです。

内裏雛もさることながら、スタッフYがいつも注視しているのはお道具です。

尾張家11代斉温(なりはる)継室・俊恭院福君の雛道具は素晴らしいらしく、蒔絵の払箱は、近衛家の家紋である抱牡丹紋と、徳川家の葵紋を散りばめてた図柄に、金具は銀が用いられています。現存する大名家伝来の雛道具の中で、もっとも大揃えで豪華なお道具だそうです。

今年は、福君の実際の婚礼調度品の払箱と、雛道具の払箱を見比べられるよう展示されているそうです。

遠方の皆さまも自粛期間が明けましたら、是非観にいらしてみて下さい。

特別展 『尾張徳川家の雛まつり』開期は、

2.6㈯~4.4㈰ です。

 

あ、こうして春を綴っている間に、小糠雨があがってきましたよ。

 

 

 

 

Hello. Nagoya is a place like a small rainstorm that has been moist from the morning.

The spring rain is like a mixture of warm air even in the cold.

Since spring information is something I want to grasp, I searched for a way to say spring, even if it was raining.

It is said that there are more than 400 words for the name of rain. Vermicelli, red rain, rapeseed rainy season, flower rain … etc. There are various names for spring rain. I can’t stand the words I don’t use while I’m alive, so I decided to touch them even a little.

“Small rain” is a fine rain that falls silently, and the season is not limited, but I feel that the rain that falls in the soft seasons of spring and autumn is more in line with the image.

Small bran Ame no bran is a word that expresses the details of rice bran. The small amount on the bran also means that it is fine, so when you think of small rice bran rain, it means really fine rain.

It rained finely without sound, and I could walk without an umbrella. Also, even if you put an umbrella in, you can’t hear the sound of rain falling on the umbrella, and it’s also rain that makes your clothes moist and damp.

From the place where this rain does not make a noise, Kobane rain is also called “soundless rain”. However, if you look at the fine, silent rain sweetly, this may cause a cold, so be careful.

Relatives’ small words and the rain of small bran will work later

There seems to be a saying. So, today, I would like to give you some information about spring Nagoya in the spring connection.

Introducing a special exhibition of the Tokugawa Art Museum in the neighboring Higashi Ward, a 15-minute drive from the antique art Fukosha Nagoya store.

Every year at this time of year, at this museum that I love, dolls and tools made for the princess of the Owari Tokugawa family are exhibited under the title of “Owari Tokugawa Family Hina Matsuri”. Staff Y, I have been touring the exhibition of Hina dolls in various places, but I think that the Hina dolls and tools of the Tokugawa Art Museum will be ranked 1st and 2nd in my history.

This Hina doll tool is truly proud of the high quality that is suitable for the first name of the Owari Gosanke family.

The elaborate construction of the chick tools as if they were miniatures of the actual wedding furnishings is truly a masterpiece. In addition, it seems that the inner back chick decoration made by Mr. and Mrs. Yoshinobu, the 21st generation of the Owari Tokugawa family, for his eldest daughter, Tsuguko, will be released for the first time this year.

In addition to the inner chicks, staff Y is always watching the tools.

The lacquer box of the lacquer work of Fuku-kun, the 11th generation of the Owari family, is wonderful, and the pattern is studded with the Konoe family crest, the peony crest, and the Tokugawa family crest. In addition, silver is used for the metal fittings. It is said to be the largest and most luxurious tool among the existing chick tools from the daimyo family.

This year, Fuku-kun’s actual wedding furniture box and the chick tool box are on display so that you can compare them.

If you are far away, please come and see us when the period of self-restraint is over.

The special exhibition “Owari Tokugawa Family Hinamatsuri” opens from 2.6㈯-4.4㈰.

 

*********************

 

名古屋へお越しの際は、古美術風光舎名古屋店に是非お立ち寄りください。

お片付けの際にでました、行先に迷われたお品などお困りでしたら、

お気軽にご相談下さい。

古美術風光舎 名古屋店(10:00~19:00 OPEN)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ