ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

宇宙も骨董も大きなロマン(名古屋・古美術 買取 風光舎より)

2021.02.25

 

皆さま、こんにちは。

暖かい春までもう少しという今日この頃でしょうか。

 

本日は、骨董・古美術とは一見関わりのないような宇宙の話しです。笑

先日、NASAの火星探査ミッション「マーズ2020」の探査車『Perseverance(パーセベランス、パーサヴィアランス)』 が、火星のイシディス平原西端にあるジェゼロ・クレーターへの着陸に成功したとのニュースが出ました。

着陸直後に届いたモノクロ画像に続き、Perseverance (=火星の岩石を収集する火星探査機)が撮影した最初のカラー画像などがNASAのジェット推進研究所(JPL)から公開されています。

Perseverance が火星に降り立つ様子や、地面の様子が高解像度なフルカラー画像で収められているようです。

なんだか遥か遠くではものすごい技術を駆使し、ものすごいことをやっていますね!

そして、Perseverance  が火星への降下中に撮影した動画や、初めて録音された音も公開しているとのこと。

スタッフ I 、この画像を見た感想_火星版ロビンソン・クルーソーとも呼ばれる長編小説「火星の人」を原作とする、映画「オデッセイ」のまんまじゃないか!と思いました。

というのも、NASAの惑星科学部長(すごい役職ですね笑)のジェームズ・L・グリーンは、”「火星の人」は程々に現実的だ”と述べているそう。

科学的正確性も併せ持っているほど、ストーリーの面白味が増すのでしょうね。

 

地球人はどうしてこんなにも火星火星!と惹きけられているのかと思うことがあります。

科学の進展によって様々な真相が解明されつつも、一般人からしたら謎だらけですよね。

ますます神話的魅力を増していると言われる惑星。

古来より人間は未知のものにロマンを感じたりしてきたのでしょうね。

 

ここで古美術話…

骨董品や古美術品は人からひとへ渡っていく過程で、それぞれに思いを巡らしたり、こんな人がこんな風に使っていたのかなと想像を膨らませたり、新品には無いエピソードを考えるのが面白さの一つだと思います。

時には勝手に自分だけの歴史を作ってみたり…

そういう点では、遥か彼方の宇宙も身近にある古美術品も人々を魅了する共通部分があるんじゃないかとこじつけてみました笑。

 

火星移住…着実に現実味を帯びてきているのでしょうか。

火星を題材にした物語に_

・アンディ・ウィアー『火星の人』

・キム・スタンリー・ロビンソン『レッド・マーズ』『グリーン・マーズ』『ブルー・マーズ』(火星三部作)

・H・G・ウェルズ『宇宙戦争』

・エドガー・ライス・バロウズ『火星のプリンセス』

などの傑作があります。

骨董・古美術品をおともに皆さまも火星物語で空想トリップしてみてはいかがでしょうか。

 

Hello everyone.

Is it around this time that it is almost until the warm spring?

 

Today, we are talking about the universe, which seems to have nothing to do with antiques and antique art. Lol

The other day, there was news that NASA’s Mars 2020 rover “Perseverance” had successfully landed on the Jezero Crater at the western end of the Isidis Plain on Mars.

Following the monochrome image that arrived immediately after landing, NASA’s Jet Propulsion Laboratory (JPL) has released the first color image taken by Perseverance (= Mars probe that collects rocks on Mars).

It seems that Perseverance is landing on Mars and the ground is captured in a high-resolution full-color image.

Somehow far away, you are doing awesome things by making full use of awesome technology!

And, it is said that Perseverance has released a video taken during the descent to Mars and the sound recorded for the first time.

Staff I, Impressions of seeing this image_Isn’t it the same as the movie “Odyssey” based on the feature-length novel “The Martian”, also known as the Martian version of Robinson Crusoe! I thought.

That’s because NASA’s director of planetary science  James L. Greens said, “The” people of Mars “are reasonably realistic.”

The more scientifically accurate it is, the more interesting the story will be.

 

Why are Earthlings so Mars Mars! I sometimes wonder if I am attracted to it.

While various truths have been elucidated by the progress of science, it is full of mysteries to the general public.

A planet that is said to be becoming more and more mythical.

Since ancient times, humans may have felt romance in unknown things.

 

Here’s an antique story.

In the process of passing antiques and antiques from person to person, it is possible to think about each one, to wonder if such a person was using it like this, and to think about episodes that are not found in new products. I think it’s one of the fun things.

Try to make your own history without permission.

In that respect, I wondered if the universe far away and the antique works that are close to me have something in common that fascinates people.

 

Emigration to Mars . Is it steadily becoming a reality?

In a story about Mars _

・ Andy Weir “The Martian”

・ Kim Stanley Robinson “Red Mars” “Green Mars” “Blue Mars” (Mars trilogy)

・ HG Wells “Space War”

・ Edgar Rice Burroughs “Princess of Mars”

There are masterpieces such as.

Why don’t you make a fantasy trip with the story of Mars with antiques and antiques?

 

 

風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、茶道具など様々なジャンルのお品も買受しております。

こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さい。

 

名古屋近郊、愛知県内はもちろん、岐阜県や三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

In addition to antiques and antiques, Fukosha also purchases items of various genres such as paintings, jewelry, and tea utensils.

Please feel free to contact us even if you are wondering if such a thing is okay.

 

We will travel to Gifu prefecture, Mie prefecture and other prefectures as well as to the suburbs of Nagoya and Aichi prefecture.

No matter how close you are, we are looking forward to hearing from you.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

ページトップへ