ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

中川浄益の建水が思い出させてくれるもの(覚王山 名古屋店より)

2020.12.09

 

お点前を嗜む方ならご存じでしょうか。

千家十職の一つ金物師の家、中川浄益の作品です。

この、『車軸建水』は十一代浄益の作品ですが、十一代が2008年に死去したあと

現在当主は空席となってしまいまいました。

日本の伝統工芸の灯が途絶えてしまうのは、実に残念ですね。

 

その十一代浄益は、大変深いお言葉を残しています。

『自分が作っているものは芸術品とも美術品とも思っていません。

お茶を嗜み、また楽しむための「用」があるお道具なのです。

私はそれを作る職人であり、複雑な金工の工程をとり纏めるプロデューサーなのです。
お茶の道具としての「用」には必ず「美」が加わっていなければなりません。

金属を使い「用の美」として使い易さとプレーンさを考慮して、

贅肉をそぎ落としたぎりぎりの美しさを常に求めてきました。』

 

職人といえどプライドを持ってその仕事に携わる限り、

スタッフYは職人は素晴らしい芸術家だと思っています。

残念なことに、この芸術家的職人がどの世界も少なくなっていると聞きますが、

この伝統や技術が途絶えぬよう、

興味を持つこと、知ること、手に取ることは

せめて凡人スタッフYができることでしょうか。

そんな気持ちをまた、浄益の建水が思い出させてくれました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ