ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

絵画を生活に取り入れたい(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取 古美術風光舎)

2022.07.26

皆さま、こんにちは。スタッフNでございます。

 

以前見にいった作家さんの絵が、エビスビールの限定パッケージになったそうで、Nもいただきました。

 

 

 

Nはお酒が飲めないので、パッケージを眺めるだけでございますが、深い青がきれいでございますね。

 

残念ながら、九州、四国、中国地方などの一部でしか買えないので、こちらではオンラインのみのようです。

営業の方が絵に一目ぼれをして、実現したそうです。

 

絵画を生活に取り入れたいといつも思っているのですが、そういう作品があまりないので悲しいです。

 

ロハコなどには北欧の可愛らしいデザインの日用品がございますね。

 

モネの絵をモチーフにしたワンピース、ミュシャのスニーカーなど販売されてはいるのですが、派手でコーディネートしづらいのと、少々お高めなのであきらめてしまいます。

Nも昔、モネの傘を大変気に入って使っていたのですが、可愛すぎたのか盗まれてしまいました。

 

取り入れやすいところでいうと、美術館のクリアファイルやハンカチなどでしょうか。

スマホケースなんかも人気ですね。

 

美術館のグッズどのようなものがあるか気になり調べてみたら、靴下、スケートボード、壁紙、ティーカップなどがございました。

 

絵画を飾るのではなく、壁紙にしてしまうという発想、面白いです。

さらに、海外ではメガネなど、誰がつけるんだろうというようなド派手なものもございました。

 

最近画期的だと思ったのが、有名な通販サイトのミュージアム部が自分の好きなクリアファイルやポストカードを入れられる、トートバッグやポーチを作ったことです。

わざわざ作らなくても自分流にカスタマイズできるなんて、素晴らしいですよね。

 

車に乗らないNですが、見るのは好きなので、車ももっと柄があったら面白いのにというも街中で思っております。

なので、キャラクターなどが書かれた痛車なんかを見ると少しわくわくしてしまいますね。

ミュージアムグッズについての本もあるそうで、まだまだ知らないグッズがありそうですね。

可愛いミュージアムグッズ、手に入れた際にはこちらのブログでも自慢したいと思います。

ではでは

 

Hello everyone. This is Staff N.

It seems that the painting of the artist I went to see before became a limited package of Yebisu beer, and I received N as well.

N can’t drink alcohol, so I just look at the package, but the deep blue is beautiful.

Unfortunately, you can only buy it in some areas such as Kyushu, Shikoku, and Chugoku, so it seems that you can only buy it online here.

It seems that the sales person fell in love with the picture at first sight and realized it.

I’ve always wanted to incorporate paintings into my life, but I’m sad because there aren’t many such works.

There are cute Scandinavian design everyday items such as Rojaco.

There are dresses with Monet’s picture as a motif, Mucha’s sneakers, etc., but I give up because it is flashy and difficult to coordinate and it is a little expensive.

N used to like Monet’s umbrella very much a long time ago, but it was stolen because it was too cute.

The places that are easy to incorporate are the clear files and handkerchiefs of museums.

Smartphone cases are also popular.

I was curious about what kind of museum goods there were, and when I looked it up, I found socks, skateboards, wallpapers, tea cups, and so on.

The idea of ​​using wallpaper instead of decorating a painting is interesting.

In addition, there were some flashy items such as glasses overseas, such as who would wear them.

What I thought was epoch-making recently was that the museum department of a famous mail-order site made tote bags and pouches in which you can put your favorite clear files and postcards.

It’s wonderful that you can customize it in your own way without having to bother to make it.

I don’t get in a car, but I like to see it, so I think it would be interesting if there were more patterns in the car.

So, it’s a little exciting to see an itasha with characters written on it.

There seems to be a book about museum goods, and there seems to be some goods that I don’t know yet.

I would like to brag about cute museum goods on this blog when I get them.

See you soon

 

 

 

 

***************

このところ、整理やお片付けなどをされている方のご相談などが多くございます。お暑い日が続きますのでくれぐれもご無理のないように、なさってくださいませ。風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

また風光舎は、出張買取も強化しております。ご近所はもちろん、愛知県内、岐阜県、三重県その他の県へも出張いたします。

まずは、お電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ