ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

先日、虎ノ門界隈を散策してきました。(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取いたします 古美術風光舎名古屋店)

2022.05.12

皆様、こんにちはスタッフYでございます。

 

このところ美術館熱が高まり、各所の作品を美術館などを訪れ触れることが多かったのですが、せっかくのこの開放的になるシーズン、アウトドアアートはどうかと、先日訪ねてきましたので、本日はそのお話を少し。

 

意外や意外、虎ノ門ヒルズへ。

 

 

 

何故に虎ノ門ヒルズかと申しますと、そろそろ落ち着きを見せた虎ノ門ヒルズの中にありますオーバル広場のアート作品が以前から気になっておりまして。

いましたよ、「ルーツ」が。高さ10mの大型彫刻でして、スペインを代表する世界的アーティスト、ジャウメ・プレンサによる作品であります。

 

こちらの「ルーツ」、よく見ますとその膝を抱えて座っている姿には8つの言語が。それらの文字を使って型取った巨大なパブリックアートであります。使用されている言語は、日本語、中国語、アラビア語、ヘブライ語、ラテン語、ギリシャ語、ヒンディー語、ロシア語の8種のようですが、かろうじて日本語は読み取れますね。それにしても、巨人。

 

 

 

この「ルーツ」は、それぞれの文化を映し出す文字を通じて「世界の多様性」を表現し、「多様な文化の違いを越えて、人々が平和的に共存すること」を象徴する作品として、そして虎ノ門ヒルズをルーツ(起点)に、世界の人々が共存する国際的な街づくりを進め、東京を世界一の都市にしたいという願いを込め、この広場に座っております。

 

そして、作者のジャウメ・プレンサですが、彼はスペインを代表する世界的なアーティスト。鉄やブロンズ、ガラスなどの素材に哲学的なメッセージを込めた作品を多く制作し、造形性の高さとコンセプトの深さを高く評価されております。

1999年には、舞台美術界のアカデミー賞とも言われるプラハのカドリエンナーレでゴールドメダルを受賞するなど、数々の賞を受賞。日本では2010年瀬戸内トリエンナーレにて瀬戸内海の男木島に船の発着場の設計を行っているようですね。

 

そんな巨人の佇むこちらのオーバル広場。もちろん都会で一息つけるエリアであるのですが、この芝生においてなんとヨガ活なども行われているようです。オフィスだけだと思われた虎ノ門一体において、このような開放的な自分活動もできるんですね。

 

そしてこの虎ノ門ヒルズ、全体もまだまだ進化途中なのですが、これら全てが完成すると区域面積7.5ha、延床面積80万m²、約30万m²の国際水準のオフィス、約720戸のレジデンス、約26,000m²の商業店舗、約350室のホテル、約15,000m²の緑地空間を備え、道路や鉄道などの交通インフラとも一体化した複合都市となるとのこと。先日訪れた名古屋の「ノリタケの森」ではないですが、このところの都市計画が大変面白い。

どの計画も、働くことと暮らすこと活動することの境界線や、ビルや人工的な建物と緑の境界線をとっぱらい、すべてにおいて「共生」の中、そこでいかにそこでいかに時を快適に自分らしく過ごすかを目指しているように私にはみえてまいります。

 

そんな中「ルーツ」は、ぬけるような青空を背にして、進化する風景や忙しく行き交う人々やくつろぐ人々を、ゆったりと座って眺めているような象徴的でありました。

 

そしてその後、ヒルズを後にし折角虎ノ門に訪れましたので、23区内で最も標高の高い山に登頂してまいりました。出世の階段を上って「愛宕神社へ」笑。

 

 

 

 

傾斜40度近くの階段を上っていきましたが、決して後ろを振り返ってはなりません…。曲垣平九郎、どうやって馬で駆け上ったのか、ありえん…と、息を切らしながら一気に階段を駆け上がるのが精いっぱいでありました。

 

 

 

とまあ疲れきって階段の記憶しか残っておりませんが、虎ノ門界隈、意外とゆったり過ごせ、ゆったりと都内を過ごすことができました。皆様も、是非一度訪れてみては。

 

 

それでは、ごきげんよう。

 

 

 

Hello everyone, this is Staff Y.

 

Recently, the heat of the museum has increased, and I often visit museums and touch the works of various places, but I visited the other day about outdoor art in this open season, so today I will talk about it. A little.

 

Surprisingly, to Toranomon Hills.

 

As for why Toranomon Hills, I’ve always been interested in the art works at Oval Plaza in Toranomon Hills, which is about to calm down.

There was “roots”. It is a large sculpture with a height of 10m and is a work by Jaume Plensa, a world-famous Spanish artist.

 

If you look closely at this “roots”, there are eight languages ​​in her sitting with her knees. It is a huge public art modeled using those characters. It seems that there are eight languages ​​used: Japanese, Chinese, Arabic, Hebrew, Latin, Greek, Hindi, and Russian, but you can barely read Japanese. Anyway, a giant.

 

This “roots” expresses “the diversity of the world” through letters that reflect each culture, and as a work that symbolizes “the peaceful coexistence of people beyond the differences of diverse cultures”, and Toranomon. With the hills as the roots (starting point), we are sitting in this square with the desire to promote international urban development where people from all over the world coexist and make Tokyo the number one city in the world.

 

And the author, Jaume Plensa, is one of Spain’s leading global artists. He has produced many works with a philosophical message in materials such as iron, bronze, and glass, and is highly evaluated for its high formability and depth of concept.

In 1999, he won numerous awards, including a gold medal at the Kadriennale in Prague, also known as the Academy Award for the stage art world. In Japan, it seems that you are designing a ship landing site on Ogijima in the Seto Inland Sea at the 2010 Setouchi Triennale.

 

This Oval Plaza where such a giant stands. Of course, it is an area where you can take a break in the city, but it seems that yoga activities are also being carried out on this lawn. At Toranomon, which seemed to be only an office, you can do this kind of open self-activity. It looks good.

 

And this Toranomon Hills, the whole is still in the process of evolution, but when all of these are completed, the area area is 7.5ha, the total floor area is 800,000m², the international standard office of about 300,000m², the residence of about 720 units, about 26,000m². With commercial stores, about 350 rooms, and about 15,000 m² of green space, it seems to be a complex city integrated with transportation infrastructure such as roads and railroads. Will it be like an international new city center / global business center that has an impact comparable to that of “Roppongi Hills”?

 

It’s not the “Noritake Garden” in Nagoya that I visited the other day, but the city planning these days is very interesting.

In each plan, the boundary between working and living and activities, and the boundary between buildings and artificial buildings and greenery are taken into consideration, and in all “symbiosis”, how and how to be comfortable and personal. It seems to me that I am aiming to spend time.

 

Meanwhile, “roots” was a symbol of sitting and looking at the evolving landscape, busy people, and relaxing people against the backdrop of a clear blue sky.

 

After that, I left the Hills and visited Toranomon, so I climbed the highest mountain in the 23rd ward. Climb the stairs of success and “go to Atago Shrine” lol.

I went up the stairs with an inclination of nearly 40 degrees, but never look back … Heikuro Kagaki, I wondered how he ran up with a horse, and he was out of breath and ran up the stairs all at once.

 

I was so tired that I only remember the stairs, but I was able to spend a relaxing time in the Toranomon area, and I was able to spend a relaxing time in Tokyo. Everyone, please come visit us.

 

Well then, good luck.

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ