ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

最近の卒業祝いのプレゼント(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取いたします 古美術風光舎名古屋店)

2022.03.06

こんにちは、スタッフKです。ご挨拶が遅れてすみません。私もブログ初心者でございます。

 

皆様に興味を持って頂けるブログ投稿ができるよう精進致します。どうぞよろしくお願い致します。

さて、今週は全国的に卒業式のニュースを多く耳にしました。当店近くにも大学をはじめ学校が多数あります。お店の前を誇らしげな顔の学生さんや安堵の顔の親御さんがにこやかに歩いて行かれるのを目にしました。

ご卒業、ご卒園の皆さま、おめでとうございます。

 

卒業といえばお祝いを頂いたり,贈ったりされた方も多いかと思います。

 

ここ最近のお品事情が気になり調べてみました。なんと、というか、やはりというか。ランキング一位は万年筆・ボールペンでした。なるほど私も頂いたことも差し上げたこともあります。そして頂いた万年筆やボールペンの様相を割と覚えているものですね。この一位はかなりの年月守り抜かれていそうです。ボールペンは幼い時から日常的に馴染み深い文具です。ボールペンの歴史は1943年にハンガリーで生まれその二年後米軍兵士によって1945年に日本にお目見えとなりました。その時には米軍兵士のほとんどが所有していたとのことで、その普及のスピードに驚かされます。そして日本でも1949年オート社が初めて鉛筆型ボールペンのならびに証券用インクを開発し1964年には世界で初めて水性ボールペン開発し、その後今のように多種多様なボールペンが生まれてきました。

 

では万年筆はどうでしょうか。ご自分で購入されて使い始める方はどのくらいでしょう。贈られて初めて手にされるかたもかと思います。今この万年筆男女を問わず20代30代に愛好家が増えているそうで、SNSにも万年筆クラスタがあり、銀座の伊東屋は「万年筆の聖地」となっているそうです。

 

万年筆の歴史は953年にエジプトで生まれ、ヨーロッパに渡っていった。その後アメリカで1883年から多種多様な装飾を施された物が販売されるようになりました。日本では1911年セーラーで国産されるようになりました。

 

現在本当に素敵な万年筆もボールペンもたくさんあります。自分のものとしして選ぶ時はもちろん、贈り物を選ばれるにもワクワクだと思います。

 

時代が移り変わっても、素敵な文具を贈られると心に残るものですね。プレゼントを迷っていらっしゃる方はご一考くださいませ。

 

 

 

Hello, this is Staff K. Sorry for the late greeting. I am also a beginner in blogging.

 

We will do our best to post a blog that interests you. Thank you for your cooperation.

Well, this week I heard a lot of graduation news nationwide. There are many schools including universities near our shop. I saw a student with a proud face and a parent with a relief face walking in front of the shop with a smile.

Congratulations to all graduates and graduates.

 

Speaking of graduation, I think that there are many people who have received celebrations or gifts.

 

I was curious about the recent product situation and tried to find out. I mean, after all. The first place in the ranking was a fountain pen and a ballpoint pen. I see, I have also received it. And I remember the appearance of the fountain pens and ballpoint pens I received. This first place seems to have been protected for quite some years. Ballpoint pens are stationery that you are familiar with on a daily basis from an early age. The history of ballpoint pens was born in Hungary in 1943 and was introduced to Japan in 1945 by US soldiers two years later. At that time, most of the US soldiers owned it, and I was surprised at the speed of its spread. In Japan, Auto Co. developed the first pencil-type ballpoint pen and ink for securities in 1949, and in 1964, developed the world’s first water-based ballpoint pen, and since then, a wide variety of ballpoint pens have been born.

 

How about a fountain pen? How many people will buy it and start using it? I think it’s the first person to get it after being given it. It seems that the number of fountain pen enthusiasts is increasing in their 20s and 30s regardless of gender, and there is a fountain pen cluster on SNS, and Itoya in Ginza is said to be a “sacred place for fountain pens.”

 

The history of fountain pens was born in Egypt in 953 and traveled to Europe. Since 1883, a wide variety of decorated items have been sold in the United States. In Japan, it came to be domestically produced by sailors in 1911.

 

There are a lot of really nice fountain pens and ballpoint pens right now. I think it’s exciting not only to choose it as your own, but also to choose a gift.

 

Even if the times change, it will be memorable to receive wonderful stationery. If you are wondering about the present, please consider it.

 

**********************

 

暖かくなり、また新しい年度に向けてお片付けをはじめられた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ古美術風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

古美術風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ