ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

独り占めのフレームを楽しんでおります。(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取 古美術風光舎名古屋店)

2021.12.08

みなさまこんにちは、スタッフYです。

 

 

今朝は、ドラマや映画でも出てくるような舞い落ちる落ち葉の中を、車で走り抜けながら出勤いたしました。

時折強い風に一気に舞い上がる落ち葉のじゅうたんの中を走り抜けるのは、目で楽しみ、音で楽しみ、体感で楽しみ、ドライブ好きにはたまらない瞬間でありすね。みなさまの地区の紅葉の様子はいかがでしょうか。みなさまのお気に入り紅葉スポットなどありましたらスタッフYへ、こっそりお知らせくださいね。

 

と、本日は紅葉に胸躍らせながら出勤してきた次第ではありますが、弊店に到着いたしましても、なんと正面のガラス張りから鮮やかな黄色の紅葉が少し楽しめるのであります。

 

ちょうど目の前のなんてことのない街路樹ではありますが、毎年素敵な紅葉を見せてくれますので、今年も一人、紅葉を楽しんでおります。

 

そんな様子を先ほどから、落ち葉が舞う瞬間をカメラに収めようと頑張っているのですが、これがなかなか難しい。

このような街路樹、街のいたるところにはあるじゃん!と、言われてしまいそうではありますが、そこじゃないんですよ笑。ありがたいことに偶然にも弊店のガラス張りのフレームにいい感じにおさまっている街路樹。そのフレーム越しの風景が、ありがたいのであります。

 

この街路樹、弊店のブログ、Instagramなどに登場致しまして、フレームからみえるこの街路樹のある風景が、四季折々の情報発信を一緒に手伝ってくれまして、特にこの紅葉の時期などは、本当に「ありがとね」と、お伝えしたいところであります笑。

 

それにしても、このガラス張りフレーム効果。たった一枚のガラスの隔たりなのですが、店内の古美術のある空間に静かなカフェミュージックなども流した致しますと、そのフレームを隔てて外とは別の世界にしてくれ、ここから見る風景がなかなか贅沢な空間にしてくれます。

 

そんなフレーム効果ですが、ちゃんと写真を撮る際のテクとして確立されいるようですね。

 

調べてみますと、

何気なく撮影したものも、フレームに入れることによって、ストーリー性があるように見せられるとのことです。また、フレーム構図は枠から中心にかけて目が行きますので、手前と奥(被写体)の対比、強調、奥行きの表現に最適。そこに、外と内の明暗差を強く出してあげることで、ステンドグラスのように見えたり、フレーム構図は視線を外から内へ誘導されるような効果があるようでして、トンネルの中を覗き込んだような写真に奥行や立体感も生まれてくるようです。つまり人の目をそこに向けさせるような効果がありそうですね。

 

とすると、私は店内からの風景は、ちょうど大きなカメラの中に立ち、外を覗いているようなイメージなのでしょうか。

 

このフレーム越しの日々移り行く季節や時間の変化の瞬間を逃さぬようにカメラにおさめていきたいものですが、いかんせん腕前が追い付いていないのが残念でなりません。ですが、この鮮やかな黄色、この目にはしっかり焼き付けておくことに致しました。

 

それでは、ごきげんよう。

 

 

Hello everyone, this is Staff Y.

This morning, I went to work while driving through the falling leaves that appear in dramas and movies.

Running through the carpet of fallen leaves that occasionally soars in the strong wind is an irresistible moment for those who love driving, having fun with their eyes, having fun with sounds, and having fun with their experiences. How about the autumn leaves in your area? If you have any favorite spots for autumn leaves, please let us know secretly to Staff Y.

 

Today, I was excited to commute to the autumn leaves, but even if I go to our shop, I can enjoy the bright yellow autumn leaves from the front glass.

 

Although it is a roadside tree that is just in front of you, it shows wonderful autumn leaves every year, so I am enjoying the autumn leaves alone this year as well. I’ve been trying hard to capture the moment when the fallen leaves dance, but this is quite difficult.

Roadside trees like this are everywhere in the city! It seems to be said, but it’s not there lol. Thankfully, the roadside trees that happen to fit nicely in our glass frame. I am grateful for the scenery through the frame.

 

It appeared on this roadside tree, our blog, Instagram, etc., and the scenery with this roadside tree seen from the frame helped to disseminate information in each season together, and today I said “Thank you”, thank you lol ..

 

Even so, this glass-walled frame effect. It’s just a piece of glass, but if you play quiet cafe music in the space with antique art inside the store, it will separate the frame and make it a different world from the outside, making it a luxurious space. Will do it.

 

It’s such a frame effect, but it seems that it has been established as a technique for taking pictures properly.

When I look it up,

It is said that even if you take a picture casually, you can make it look like a story by putting it in a frame. In addition, the frame composition looks from the frame to the center, making it ideal for contrasting, emphasizing, and expressing depth between the front and back (subject). By making a strong difference in brightness between the outside and the inside, it looks like stained glass, and the frame composition seems to have the effect of guiding the line of sight from the outside to the inside, so look inside the tunnel. It seems that the depth and three-dimensional effect are created in the complicated photos. In other words, it seems to have the effect of turning people’s eyes there.

 

Then, do I think the scenery from inside the store is just like standing in a big camera and looking out? I want to capture it in the camera so that I will not miss it at the moment of the changing seasons and time, but I am sorry that my skill is not catching up, but the bright yellow color is firmly burned into my eyes. I decided to keep it.

Well then, good luck.

 

 

**********************

 

このところのいよいよ寒くなって参りましたね。

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ