ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

皇居四分の一周の夕暮れ散歩が素敵だったと教えてくれました。(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取 古美術風光舎)

2021.12.09

みなさまこんにちは、スタッフYです。

 

紅葉が佳境に入る共に、落ち葉のお掃除に苦労されていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

先日、弊店の前の街路樹のお話をしたばかりなのですが、落ち葉のお掃除ももれなくセットでやってまいりました。本日は、風のない穏やかな日和であるためお掃除は幾分容易かったですが、今、外に目をやると、まだこれから落ちてくるであろう紅葉に少しばかり悩ましくもなっております。

楽しませてくれましたから、落ち葉のお掃除がんばります汗。

 

ところで、先日都内の親戚から、不定期に送られてくる「ここよかったよスポット」の写真が届いておりました。

 

さて、ここはどこでしょう。

 

 

答えは皇居の周辺でございます。都内の皆さまはおわかりでしょうね。

こちら、皇居ランでも有名なコースとお伝えした方がわかりやすいでしょうか。

いまや、皇居ランナーで有名なこのコース、皇居をグルッと反時計まわりに周回すると、1周約5kmなので、ラップ計測がわかりやすく、目安にもしやすく、また途中に信号がないため車道を渡る必要もなく、ノンストップで走れるのが最大の魅力でもあり、都心でこんなコースは他にない!と、休日ともなれは、どこからともなく大勢のランナーが現われます。

 

ですが、このコース人気があるのは理解できます。

皇居ランは、文字通り「皇居」のまわりを走るのですが、そこから見える景色はお堀と皇居周辺のビルや建物そして、東京駅や博物館、大使館など、歴史的な建築物なども見ることができ、私たち都外のひとにとっては、もう観光スポットを巡っているかのような気分に。そして、皇居の周りのいろいろな駅からスターができますし、周りにはシャワールームなど様々完備されたりと、まさに都会型のランですね。

そして、なんといっても美しいのはお堀。特に大手門付近の石垣や千鳥ヶ淵交差点付近から半蔵壕を見下ろす風景は絶景でして春のお花見シーズンは、大変なことになります。

 

とまぁ、たくさん人がいるような情報ばかりをお伝えしましたが、写真は平日の夕方でしたので、わりかし穏やかであったようです。

その皇居周辺の四分の一を、半蔵門から桜田門を経て日比谷方面にむかって東京駅にむかうというコースだったらしく、一番人の少ない平日夕方ランではなウォーキングしたという写真でして なんとも穏やかな風景ですね。

 

こちらの半蔵門から日比谷に向むけてのお堀、桜田豪は、なんと天然の地形を生かしたお堀であることを先日のブラタモリで知りましたが、たしかにお堀の様子がなだらかな地形を描いており、人工的ではないのは分かりますが、そのラインが何故かとても美しいですね。

 

内堀通りを挟んでお濠の反対側には、国立劇場、最高裁判所、国会議事堂、警視庁などが見られ、また当時はこの辺りは井伊家など上級武士のお屋敷が立ち並ぶ地区でもあったのだなと、古地図アプリでも確認。

 

そして、柳越しのお堀の向こうに、夕日に映える丸の内のビル群がだんだん見えてまいりました。ここからの風景は、元お江戸だった風景の向こうにビル群が見え、お堀の水面をはさんで、時代を飛び越えていったような何とも不思議な光景でもあります。ですがこの時空の変化をふまえて、私にはこれが東京なのだなとしみじみと感じる風景でもあったりも致しました。

 

 

 

一周約5㎞の四分の一の散歩。夕方の皇居を歩くなどと、なんとも羨ましいではないか。私も今度上京した際の「やってみたいことリスト」に入れておくことに致しました。

 

それでは、ごきげんよう。

 

Hello everyone, this is Staff Y.

As the autumn leaves enter the climax, many people may have a hard time cleaning the fallen leaves.

The other day, I just talked about the roadside trees in front of our shop, but I did all the cleaning of the fallen leaves as a set. It was a little easier to clean today because it was a calm day with no wind, but when I look outside now, I am a little annoyed by the autumn leaves that will still fall. increase.

I’m entertained, so I’ll do my best to clean the fallen leaves. Sweat.

The other day, I received a photo of a “good spot” sent from my relatives in Tokyo on an irregular basis.

Where is this?

The answer is around the Imperial Palace. Everyone in Tokyo knows.

Is it easier to understand if you tell us that this is a famous course in the Imperial Palace Run?

Now, if you go around the Imperial Palace in a counterclockwise direction, which is famous for the Imperial Palace runners, it is about 5km per lap, so it is easy to understand the lap measurement, it is easy to use as a guide, and there is no signal on the way, so you need to cross the road. The biggest attraction is that you can run non-stop, and there is no other course like this in the city center! And, on holidays, a lot of runners appear out of nowhere.

However, it is understandable that this course is popular.

The Imperial Palace Run literally runs around the “Imperial Palace”, but the scenery you can see from there is the moat, the buildings and buildings around the Imperial Palace, and the historical buildings such as Tokyo Station, museums, and embassies. It’s possible, and for us people outside of Tokyo, it feels like we’re already visiting tourist spots. And you can make stars from various stations around the Imperial Palace, and there are various shower rooms around, so it’s a truly urban orchid.

And the most beautiful thing is the moat. In particular, the scenery overlooking the Hanzo moat from the stone walls near Otemon and the Chidorigafuchi intersection is spectacular, and the spring cherry-blossom viewing season will be difficult.

Well, I told you only the information that there are a lot of people, but the photo was on a weekday evening, so it seems that it was rather calm.

It seems that it was a course that took a quarter of the area around the Imperial Palace from Hanzomon to Hibiya via Sakuradamon to Tokyo Station, and it was a calm scenery with a picture of walking on a weekday evening run with the fewest people. is not it.

The moat from Hanzomon to Hibiya Go Sakurada learned from Bura Tamori the other day that it is a moat that makes the most of the natural terrain, but it is true that the moat is a gentle terrain. We are here.

On the other side of Uchibori-dori, on the other side of the moat, you can see the National Theater, the Supreme Court, the Diet Building, the Metropolitan Police Department, etc. Then, check it with the old map app.

Then, beyond the moat over Yanagi, the buildings in Marunouchi that shine in the setting sun gradually became visible. The scenery from here is a mysterious sight where you can see a group of buildings in the scenery of the former Edo, but I also feel that this is Tokyo.

It’s a quarter of about 5km around, so it’s not that far, but I’m jealous of the graceful use of time to walk in the Imperial Palace in the evening, so when I came to Tokyo this time, I became a “squirrel I want to try”. Let’s put it in.

Well then, good luck.

 

 

**********************

 

このところのいよいよ寒くなって参りましたね。

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ