ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

徒然なるままに…?!(愛知県名古屋市千種区姫池通 古美術風光舎 名古屋店 骨董買取いたします)

2021.10.26

みなさま、こんにちは。

 

昨日は名古屋は一日中雨でした。夜になっても雨音が止まず、いつの間にかその音を聞きながら眠っていました。

そして今朝起きたら、快晴の青空!

雨の次の日は、街中がすべて洗い流された感じがして、とても清々しいですね。

ずっと気になっていた私の車も、多少は埃が流れた感じです。(笑)

 

そんな中、いつものルーティーンであるポスティングに今日も行ってきました。

お散歩やお買い物でしょうか、外に出ている方も多く、色々な方とおしゃべりさせてもらいながらのポスティングになりました。

 

ところで、午前中にチラシを配っていますと、ゴミの収集車とよくバッティングします。

要領の悪い私は、「どうやったらどのお家も忘れることなくポスティングできるのですか?」と収集車の運転手さんにインタビューしてみたいとよく思います。

「え?なんで?」とお思いの方もいらっしゃいますよね。

その理由は、名古屋のゴミの回収方法が独特で、各家の前にゴミが置いてあり、収集車がそれらをすべて回収していくスタイルだからです。

驚きませんか?!

全ての道を網羅していないと出来ない、職人技だとさえ思います。

 

私の実家や、名古屋に引っ越す前までは決められたごみ捨て場までゴミを出しにいっていました。

大半がそんな感じではないでしょうかね?

だから、以前は夏のスイカを食べ終わった後なんか、重い上に、ゴミ捨て場がちょっと遠かったので、指がちぎれそうだ…と泣きたくなることもありました。

また、子供が赤ん坊だった時は、寝ているタイミングを見計らってゴミを出しに行かないといけないプレッシャーも感じていましたし…。

 

そういった意味でも、名古屋に引っ越してきて本当にありがたいと思ったことの一つが、まさにゴミの回収方法でした。

各家でそれぞれのネットや網のケース、ペールボックスなど用意しなくてはなりませんが、こちらの方が断然ゴミが出しやすいですよ。

 

 

なんて、ポスティングの話から、名古屋のゴミ回収方法に移ってしまいましたが、元にもどりまして、今日も楽しくポスティングにいってきました。

そして、チラシをお渡しすると、みなさま口々に「就活したからね、モノはほとんどないわ。」だとか、「この間、色々なモノを全部処分してすっきりしたとこ。」とおっしゃっています。

本当に素晴らしいですよね。綺麗な空間で過ごされることが。

私もすっきりとした暮らしを切に望みますし、そうありたいとは思いながら、気を抜くとついついモノで溢れる家の中になっています。

きれいな空間をつくるには毎日の努力が必要なんですよね。

スタッフm、今後も頑張っていく所存です。(笑)

 

本日も、取り留めのない文章をお読みいただきありがとうございました。

 

 

狛犬さんが向き合う季節になりました。なんのこっちゃですよね。

西日が差すこちらの店内では、狛犬さんを劣化から守るためにも日差しの強い季節には向かい合わせて置けないわけです。

日差しが少しずつ緩むと、こうして並べるようになります。

やはり、狛犬さんは「あ」「ん」と、こうでなくっちゃ、ね。

 

 

Hello everyone.

It was raining all day in Nagoya yesterday. Even at night, the sound of rain did not stop, and I slept listening to the sound before I knew it.

And when I wake up this morning, it’s a clear blue sky!

The day after the rain, it feels like the whole city has been washed away and it’s very refreshing.

My car, which I’ve always been interested in, feels like some dust has flowed. (smile)

 

Meanwhile, I went to my usual routine, Posting, today.

Many people went out for a walk or shopping, so it was a posting while chatting with various people.

 

By the way, if you hand out leaflets in the morning, you will often batting with a garbage truck.

I often want to interview the driver of a garbage truck, “How can I make a posting without forgetting any house?”

Some people are wondering, “What? Why?”

The reason is that the method of collecting garbage in Nagoya is unique, and there is garbage in front of each house, and the collection truck collects all of them.

Are you surprised? !!

I think it’s even a craftsmanship that can’t be done without covering all the paths.

 

Before I moved to my parents’ house or Nagoya, I used to go to the designated garbage dump to get rid of garbage.

Most of them are like that, right?

So, before, after eating watermelon in the summer, it was heavy and the garbage dump was a little far away, so I sometimes wanted to cry because my fingers were about to tear.

Also, when my child was a baby, I felt the pressure to go to take out the trash at the right time to sleep …

 

In that sense, one of the things I really appreciate when I moved to Nagoya was how to collect garbage.

Each house has to prepare its own net, net case, pail box, etc., but this is by far the easiest way to get rid of garbage.

 

I moved from the story of posting to the garbage collection method in Nagoya, but I went back to the original and enjoyed posting today.

Then, when I handed over the leaflets, everyone said, “Because I got a job, there are almost no things.” Or “During this time, I got rid of all the various things and it was refreshing.”

It’s really great, isn’t it? Being able to spend time in a beautiful space.

I really want a clean life, and while I want to be that way, when I take it easy, I find myself in a house full of things.

It takes daily efforts to create a clean space.

Staff m, I will continue to do my best in the future. (smile)

Thank you for reading the rambling text today.

 

 

It’s the season when guardian dogs face each other. What a mess!

In this store where the west sun shines, in order to protect the guardian dogs from deterioration, they cannot be placed facing each other in the strong sunlight.

As the sun gradually loosens, they will line up in this way.

After all, Komainu-san must say “Ah” and “N”.

 

**********************

 

お寒くなってまいりました。冬物の入れ替えや、整理をされていらっしゃる方もおいでではないでしょうか。

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ