ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

街の匂い、街の音(愛知県名古屋市千種区姫池通 覚王山 古美術風光舎 名古屋店 出張買取いたします)

2021.10.05

みなさま、こんにちは。スタッフmです。

 

 

今日も午前中にチラシのポスティングに行ってきましたが、まだまだ昼間の名古屋は30度くらいあります(汗)

今日はスタッフYさんと手分けして配り歩いて参りました。

予定枚数を終わる頃には、ちょっとだけ意識が朦朧として、なかなかの汗です。

このように昼間はやはりまだ暑いのですが、時々軒先で金木犀の香りがすると、もう秋なのね…とつい立ち止まって匂いに浸ってしまいます。

 

 

私の友人にも、引っ越す前は金木犀の香りがしない街だったけど、次は金木犀が香る街がいいなと探し、今の街に越してきたわ、という子がいました。

その子は秋になるのが楽しみになったと言っていました。

金木犀も引っ越しの必須条件に入るくらい重要なポイントなんだなぁと驚きましたが、こうやって街を歩いてみるようになると納得します。

普段の移動は車ばかりの私には気づけないポイントだったかもしれません。

 

 

知らない街で、どこかの目的地に行くということなく歩いてみると(あ、ポスティングという目的はありますが)

普段とは違ったことが見えてくるような気がします。

家々にはそれぞれ匂いがあって、ポストの周りにお花が植えられていると、目にも鼻にも嬉しくなるということ。

特に、新聞屋さんや郵便局の方などにとってポスト周りを綺麗に保つことは、直接言葉は交わさないけれども、配達する方に対する心遣いをいただいているようで嬉しいよなぁ、とポストインする側になって初めて気づきました。

 

花が植えられていなくても、いい匂いのするお宅もあります。

きっとそういうお宅は、お家の中もいい匂いなのかな、とついつい素敵であろう暮らしを想像してしまいます。

 

 

また、学校の近くですと、給食室からミートソースのような美味しそうな匂いが漂ってきます。

なぜか、その日のメニューがミートソースでなくても給食室の近くはいつもそんな香りがするのが不思議です。

でも、その匂いに、お昼前のポスティングですと、かなりお腹が鳴ります(笑)。

 

 

幼稚園や保育園の傍を通ると、子ども達の元気いっぱいの声がたくさん聞こえてきます。

もう、体全体を使って喋っているであろう子どもたちの声は、全力で生きるってこういうことだよ、と教えてくれているような気さえします。

負けじと、そこに声掛けする先生の声も響き渡ります。

 

 

平日と休日でも街の様子は変わってきます。

 

休日は子供さんの声や、テレビ、掃除機の音など生活音がどこのお宅からも聞こえきて活気があり、どちらかというと人間主体の街。

でも、平日はみんなどこにいってしまったの?というくらい、ひっそりとしています。

そんな中、蝶や蜂たちが元気で、誰にも邪魔をされずにひらひらと優雅に飛んでいる姿をよく目にします。

平日の街は人間以外のものが主体のようです。

 

今回は街の匂いや音について、歩きながら感じたことを取り留めもなく書いてみました。

お付き合いくださり、ありがとうございました。

(スタッフm)

 

 

Hello everyone. It is staff m.

 

I went to the leaflet posting in the morning today, but there is still about 30 degrees in Nagoya during the daytime (sweat).

Today, I handed it out with staff Y.

By the time the planned number of sheets is finished, my consciousness is a little stunned and I am sweating quite a bit.

As you can see, it’s still hot in the daytime, but sometimes when you smell the scent of Kanagi sardine at the eaves, it’s already autumn … and you just stop and immerse yourself in the scent.

 

One of my friends said that before I moved, it was a city that didn’t smell like osmanthus fragrant, but next time I was looking for a city that scented osmanthus fragrant and moved to the current city.

The child said he was looking forward to the fall.

I was surprised that Kanagi 犀 is also an important point to be included in the prerequisites for moving, but I am convinced that I will walk around the city like this.

The usual movement may have been a point that I didn’t notice because I was only a car.

 

If you walk in a city you don’t know without going to any destination (Oh, there is a purpose of posting)

I feel like I can see something different than usual.

Each house has its own scent, and when flowers are planted around the posts, it makes your eyes and nose happy.

Especially for newspaper shops and post offices, keeping the area around the mailbox clean does not directly exchange words, but it seems that they are kind to the delivery person, so I am happy to post in. I noticed it for the first time.

Some homes smell good even if the flowers are not planted.

I’m sure that such a house has a nice smell inside the house, and I imagine a life that would be wonderful.

 

Also, near the school, a delicious smell like meat sauce drifts from the school lunch room.

For some reason, it is strange that even if the menu of the day is not meat sauce, it always smells like that near the lunch room.

However, the smell makes me very hungry when I post before noon (laughs).

 

As you pass by the kindergarten and nursery school, you can hear a lot of children’s energetic voices.

I even feel that the voices of children who are probably speaking with their entire bodies are telling us that living with all their might is like this.

When you lose, the voice of the teacher who speaks to you also echoes.

 

The appearance of the city changes on weekdays and holidays.

On holidays, children’s voices, TV, vacuum cleaners, and other living sounds can be heard from every house, making it a lively city.

But where did everyone go on weekdays? It’s so quiet.

Meanwhile, I often see butterflies and bees flying gracefully without being disturbed by anyone.

It seems that the city on weekdays is mainly non-human.

This time, I wrote about the smell and sound of the city without stopping what I felt while walking. Twice

Thank you for your relationship.

(Staff m)

 

**********************

 

少しずつ涼しくなってまいりました。

何をするにもいい季節ですね。

お家のお片付けをされていらっしゃる方もおいでではないでしょうか。

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ