ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

美術解剖学の試験を終えて…(愛知県名古屋市千種区 高価買取 古美術風光舎)

2021.07.31

皆さま、こんにちは。

いや、お疲れさまでしょうか?

わたしは昨日、大学で前期講義試験を受けてきたのでお疲れ様です。

 

 

試験は美術解剖学を受けてきたのですが、授業で使った手描きノートは持ち込みOKだったので、全体的に悪い点数にはなっていないと思います。(どうでしょうか…!)

試験の問題は全部で3問でした。

前面の全身骨格、後面の全身骨格、頭蓋骨を斜め上から描き、それらに詳細(名称など)をつけなさいという問題です。

わたしが予想していた試験問題は、洗礼者聖ヨハネなどの人物のいる絵画の上から骨格を予想して描く感じだと思っていました。予想していたものとはだいぶ違いましたが、持ち込みOKの資料のお陰で何とか乗り越えられました。

しかしこの試験、骨格を描くのにこだわりすぎると詳細(名称など)を書く時間が無くなります。

ソーシャルディスタンスということで、最後に一斉に全員が動くより「終わった人から提出して退出してください」ということになっていましたが、数人程度しか退出しませんでした。やはり他の方々もこだわりすぎて時間が足りなかったのでしょうか…。

実はこの講義、出席を1回も取っておらず、成績はすべてこの最後の試験の点数で決まります。焦らない人はいませんよね。

まぁ、終わった今となっては、なるようになれ!という感じですかね。

 

ところで、この美術解剖学の試験を受けて思い出したのですが、猫は人間とは骨格が違うので体が柔らかいんだそうです。

確かに猫はすごく狭いところでも頭が通ればそのまますすーっと通っていきますよね。

実際、猫のあの液体のような柔らかさは鎖骨に秘密があるんです。

猫の鎖骨は人間と比べると小さく、人間は肩甲骨と繋がっているのに対して、猫の鎖骨は骨ではなく肉と繋がっているのです。

ですから猫は、液体のようにとろ~んと可愛くなり、人間は癒されてしまうのです。

ですが、全体の骨の数は人間より猫の方が多いです。尻尾の部分が多いんですけどね…。骨がぎっしりと入った可愛らしい尻尾で猫はわたし達に感情表現をしてくれているんだなと思うと、それもまた愛らしいです。

わたしは絶対これは見る!というテレビ番組はありませんが、暇なときにテレビをつけて見るものはだいたい動物系の番組です。そこで、色々な動物の可愛い、面白い映像が流れていて、そこで猫の可愛さにやられたりしていますね…。

猫は冷たいイメージがありましたが、番組で人間の真似をする映像を見てキュンときてしまいました。

 

 

あ、猫派のように話していますが、わたしは犬派です。(最近猫の魅力にやられかけていますが…)

犬は猫や人間の骨格とも違い、そもそも鎖骨がありません。ここで、猫との大きな差が出てくるのです。

猫に鎖骨があるおかげで猫は猫パンチのような素早い動き、器用な動きができます。それに対して犬は、猫のように鎖骨がないので猫のような器用で素早い動きはできません。

しかし、鎖骨がないことによって犬は前足を早く動かすことが出来ます。すなわち、早く走ることが出来るということですね。足の速い動物は、鎖骨がないことが多いということになります。

もし、人間の鎖骨を取り除いたら器用な動きができなくなってしまうということなので大変ですね…鎖骨があって良かったです。

 

話は変わりますが、以前動物のテレビ番組を見ていたら、珍しい犬種ランキングがやっていて途中から見たのですが、第1位が狼の血が90%も入った犬でした。理由は、単純に90%も狼の血が入っているからです。

このように狼の血が入っている犬のことを「ウルフドッグ」と言うそうです。

番組で出てきたウルフドッグのご飯は普通の犬が食べるドックフードなどではなく、骨付き生肉でした…。

これが驚くことに、骨もバキバキと嚙み砕いていました。これは…犬なのか??と思いましたが、犬だそうです。見た目も狼に近く、とてもかっこよかったです。

もしご興味のある方は検索してみて下さい。

 

上の写真は東山動物園の狼ですが、こうやっていい子そうにお座りしていると犬にも見えますね!(強引ですかね…)

 

またまた話が変わってしまいますが、「ウルフドッグ」と聞いて思い出したものがありました。

それは「ウルフドッグス名古屋」というバレーボールチームです。

東京2020オリンピック男子バレーの中にウルフドッグス名古屋に在籍する髙梨健太選手も出場されています。男子バレーでは、愛知県出身の方やゆかりのある方々が多くとてもうれしい気持ちになります。

頑張って下さい!

 

色々な話ばかりしてしまいぐちゃぐちゃになってしまいまいたが、どうかご容赦くださいませ。

最後まで読んでくださった皆様、ありがとうございます。

 

Hello everyone.

No, are you tired?

Thank you for taking the first semester lecture exam at the university yesterday.

I took the exam in art anatomy, but I was able to bring in the hand-drawn notebooks I used in class, so I don’t think the overall score is bad. (How about that…!)

There were 3 questions in total on the exam.

The problem is to draw the front whole body skeleton, the back whole body skeleton, and the skull from diagonally above, and give details (names, etc.) to them.

I thought that the exam question I was expecting was like predicting the skeleton from a painting with a person such as St. John the Baptist. It was quite different from what I expected, but I managed to overcome it thanks to the materials that I could bring in.

However, if you are too particular about drawing the skeleton in this test, you will not have time to write details (names, etc.).

Because of the social distance, it was supposed that “please submit from the person who finished and leave” rather than moving all at once at the end, but only a few people left. I wonder if other people were too particular about it and didn’t have enough time …

Actually, I have never attended this lecture, and all grades are determined by the score of this final exam. There is no one who is not impatient.

Well, now that it’s over, be able to be! Is it like that?

 

By the way, when I took this art anatomy test, I remembered that cats have a different skeleton from humans, so their bodies are soft.

It’s true that cats can easily pass through even in a very narrow space if their heads pass through.

In fact, that liquid-like softness of cats has a secret in the collarbone.

The clavicle of a cat is smaller than that of a human, and humans are connected to the scapula, whereas the clavicle of a cat is connected to the flesh, not the bone.

Therefore, cats become cute like liquids, and humans are healed.

However, cats have more bones than humans. There are many tails, though … It’s also adorable when I think that cats express our emotions with a cute tail full of bones.

I will definitely see this! There is no such TV program, but what you watch on your TV in your spare time is mostly animal programs. There, cute and funny images of various animals are playing, and there you are struck by the cuteness of cats …

I had a cold image of a cat, but when I saw a video that imitated a human on the program, I was shocked.

Oh, I’m talking like a cat, but I’m a dog. (Recently, I’m getting caught up in the charm of cats …)

Unlike cats and human skeletons, dogs do not have collarbones in the first place. This is where the big difference with cats comes out.

Thanks to the clavicle of the cat, the cat can move quickly and dexterously like a cat punch. Dogs, on the other hand, do not have collarbones like cats, so they are dexterous and unable to move quickly like cats.

However, the lack of collarbones allows dogs to move their front legs faster. In other words, you can run faster. Fast-paced animals often lack the collarbone.

If you remove the human clavicle, you will not be able to move dexterously, so it’s difficult … I’m glad I had the clavicle.

 

To change the story, when I was watching an animal TV program before, I saw a rare dog breed ranking from the middle, but the first place was a dog with 90% wolf blood. The reason is simply that it contains 90% wolf blood.

A dog with wolf blood like this is called a “wolf dog”.

The wolfdog rice that appeared on the program was not the dock food that ordinary dogs eat, but raw meat with bones …

Surprisingly, the bones were also crushed. Is this … a dog? ?? I thought it was a dog. It looked like a wolf and was very cool.

If you are interested, please search.

The picture above is a wolf at Higashiyama Zoo, but if you sit like this, it looks like a dog! (Is it forcible …)

 

The story changes again, but when I heard “Wolfdog”, I remembered something.

It is a volleyball team called “Wolfdogs Nagoya”.

Kenta Takanashi, who is enrolled in Wolfdogs Nagoya, is also participating in the Tokyo 2020 Olympic Men’s Volleyball. In the men’s volleyball, there are many people from Aichi prefecture and people with connections, which makes me very happy.

good luck!

 

I’ve talked a lot about it and it’s been messed up, but please forgive me.

Thank you to everyone who read to the end.

 

**************************

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

 

It seems that many people are organizing important items as their lifestyle changes.

Here at Fukosha, in addition to antiques and antiques, we also purchase paintings, jewelry, hobby items, and other genres.

Please feel free to contact us even if you have been tidied up and are wondering if this kind of thing is okay.

Fukosha is also strengthening business trip purchases.

We will make business trips not only to Aichi prefecture but also to Gifu prefecture, Mie prefecture and other prefectures.

No matter how close you are, we are looking forward to your call.

Chikusa Ward, Nagoya City, Aichi Prefecture, antique purchase

“Ancient Art Fukosha Nagoya Store”

TEL 052 (734) 8444

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ