ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

新・名古屋名物⁈(愛知県名古屋市千種区・骨董 買取 古美術 風光舎より)

2021.07.01

 

本日は巷で注目のトピックスより…

まずはここ名古屋発のスイーツ「ぴよりん」が再び話題となっているようです。

名古屋駅でしか買えない、なんとも愛くるしいひよこの姿のご当地スイーツ。

ちょうど本日7月1日が誕生10周年ということです。パチパチパチ。

数年前に、SNS上で話題となりました「ぴよりんチャレンジ」。

ぴよりんは非常に柔らかいため形がくずれやすく、箱を開けたら顔面崩壊になっている!この難関、自宅まで無事にぴよりんを持ち帰ることができるか?とゲーム感覚でチャレンジする方が続出したものです。

成功しても失敗しても、むしろ失敗しグチャっとしてしまったちょっと無残なぴよりんのお姿…

その方がインパクトのある写真を投稿できるとSNS上では盛り上がっていたようですが。

ぴよりんが作られる工程の多くは手作業のため、完成まで随分な時間を要するとのことです。

チョコレートで作られたトサカや目、くちばし、羽根などを愛らしく見える絶妙な位置につけるのも大変な作業かと思います。

(パン教室にて、パンダの顔のパンを仕上げている時でした。小さなパーツをくっつける場所によって随分と表情が変わるものですね。私はなんだか不細工なカオに出来上がってしまうこと多々ありまして、残念な顔立ちのまま完成とさせていましたので…)

それから直近の人気に拍車をかけたのは、藤井聡太王位の”おやつ”としてですね。

先日の名古屋能楽堂での豊島将之竜王との対局。

1日目の午後のおやつに注文したスイーツがこの「ぴよりんアイス」だったことでネットがざわざわ。

公式サイトが一時サーバーダウンということで、みなさんの目の付け所の方に感心してしまいます笑。

こちらはコラボぴよりんとのことで、名古屋コーチンの卵を使ったバニラアイスと中はプリンではなく、マンゴーソルベになっているよう。

本日より名古屋マリオットアソシアホテルにて販売されるそうで、一日早く訪れたスタッフ I は残念ながらアイスぴよりんには会えずじまいでした泣。

この時世の中、こういったほのぼのとした話題にこそ癒されます。

ひよこってズルいぐらい無条件に可愛すぎですもんね。

名古屋市内・近郊在住の方はもちろん、県外からおみえの際も”新・名古屋名物” 上手に連れて帰ってことができるか、ゲットしてみるのも面白いかと思います。

 

愛知県つながりから次のトピックスへ。

”ジブリパーク、開園まであと1年” と題されたプレイベントが開催されるとのことで、全国のジブリファンの方々、今から更なるお楽しみが増えましたね。

7月17日~愛知県美術館にて『ジブリの大博覧会』実施予定とのことであります。

「ハウルの城」に焦点をあて、建築模型が一般公開されるのをはじめ、”ネコバスアトリエ”というエリアでは、古今東西から集めた美術品・工芸品を今回しか見られない空間で展示されるよう。

また名作の数々を観返したくなりますね。

世界で唯一ジブリのキャラクターを使った洋菓子も製造されるとのことなので、これまたネットでざわつく話題となるでしょうか。

見どころが少ない、買い物が不便などとちょっと悲しいことを言われがちな名古屋ですが、注目されれば一気に人気上昇のパワーも持っています。

当店スタッフたちでこちらのブログにて紹介させてもらっているスポットやおすすめなど、少しでも参考にしていただければと日々綴らせてもらっていますが、おでかけの計画やちょっと挑戦…手にとってみようかなと思われるきっかけになれれば幸いです。

気が付けば早くも7月、下半期突入でございます。

不安定な天候が続いたり、急に暑さがやってきたりと日々様々な変化に対応しないといけませんが、ひよこちゃんほどでもささやかな楽しみがどんどん増えていきますよう。。

*今日から明日にかけ全国的に警報級の大雨の恐れということで、皆さま十分に気をつけてお過ごしくださいませ。

 

Today from the hot topics in the streets .

First of all, it seems that the sweets “Piyorin” from here in Nagoya have become a hot topic again.

Local sweets in the shape of a lovely chick that can only be bought at Nagoya Station.

Today, July 1st is the 10th anniversary of our birth. Crackling crackling.

A few years ago, the “Piyorin Challenge” became a hot topic on SNS.

Piyorin is so soft that it easily loses its shape, and when you open the box, your face collapses! With this difficulty, can you safely bring Piyorin home? There were a lot of people who challenged like a game.

Whether it succeeds or fails, it’s rather a miserable appearance of Piyorin who has failed and messed up .

It seems that it was exciting on SNS that that person could post a photo with impact.

Many of the processes for making Piyorin are manual work, so it will take a considerable amount of time to complete.

I think it’s a difficult task to put the combs, eyes, beaks, feathers, etc. made of chocolate in exquisite positions that look lovely.

(I was finishing the bread on the panda’s face in the bread class. The expression changes a lot depending on where the small parts are attached. I’m sorry that I often end up with a ugly chaos. Because it was completed with a nice face …)

Then, what spurred the latest popularity was the “snack” of Souta Fujii’s throne.

A game with Masayuki Toyoshima Ryuo at the Nagoya Nogakudo the other day.

The sweets I ordered for the afternoon snack on the first day were this “Piyorin Ice”, which made the internet rush.

Since the official website is temporarily down, I’m impressed by everyone’s eyes.

This is a collaboration Piyorin, and it seems that the vanilla ice cream using Nagoya Cochin eggs and the inside are mango sorbet instead of pudding.

It seems that it will be sold at the Nagoya Marriott Associa Hotel from today, and staff I who visited early one day unfortunately could not meet Ice Piyorin and cried.

At this time, you will be healed by such a heartwarming topic.

The chicks are unconditionally too cute.

I think it would be interesting to get a good “new Nagoya specialty” when you see it from outside the prefecture, as well as those who live in or near Nagoya.

 

From Aichi Prefecture connection to the next topic.

The pre-event entitled “Ghibli Park, one year to open” will be held, and Ghibli fans all over the country will have more fun from now on.

From July 17th, the “Ghibli Exposition” will be held at the Aichi Prefectural Museum of Art.

Focusing on “Howl’s Castle”, architectural models will be open to the public, and in the area called “Nekobas Atelier”, arts and crafts collected from the east and west will be exhibited in a space that can only be seen this time. Yeah.

You will also want to look back at the many masterpieces.

It is said that the only Western confectionery in the world that uses Ghibli characters will be manufactured, so will this be a hot topic on the Internet again?

Nagoya is often said to be a little sad because there are few things to see and shopping is inconvenient, but if it gets noticed, it has the power to rise in popularity at once.

I am writing every day that our staff can refer to the spots and recommendations introduced on this blog as much as possible, but I think that I will try it for my outing plan and a little challenge. I hope you can get a chance.

If you notice it, it will be in the second half of July as early as July.

We have to deal with various changes every day, such as unstable weather and sudden heat, but I hope that even chicks will have more and more small fun.

And from today to tomorrow, there is a fear of heavy rain at the warning level nationwide, so please be careful.

 

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方もいらっしゃると思います。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL:052-734-8444

 

I think that some people are organizing important items as their lifestyle changes.

Here at Fukosha, we purchase various genres such as paintings, jewelry, and hobby items in addition to antiques and antiques.

Please feel free to contact us even if you have been tidied up and are wondering if this kind of thing is okay.

 

Fukosha is also strengthening business trip purchases.

We will make business trips not only to Aichi prefecture but also to Gifu prefecture, Mie prefecture and other prefectures.

No matter how close you are, we are looking forward to your call.

 

Chikusa-ku, Nagoya-shi, Aichi, antique purchase “Antique Fukosha Nagoya store”

TEL: 052-734-8444

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ