ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

新しい茶道の在り方(愛知県名古屋市千種区 古美術風光舎 出張買取致します)

2021.04.05

こんにちは!古美術風光舎です。

こちら名古屋店にご来店下さるお客様の中にも

茶道を嗜まれる方が大勢いらっしゃいます。

 
そのような皆さまにおかれましては、
『各服点(かくふくだて)』についてのお聞き及びはございましたでしょうか?
(流派によっては違う呼称で同じようなお点前があるのかも知れません。)

いわゆる抹茶には濃茶・薄茶とありますが、

本来、厳粛な雰囲気の中、

その場に居る皆さまで喫み回していただく濃茶こそが

一座での絆を深める大切なものだと聞いております。

しかしながら、現在のこの世相ではその機会を持つことは大変難しいですね。

 

そんな世相の中でもお濃茶の精神を受け継ぐために

行われているのが『各服点』なのです。

濃茶各服点を考案されたのは、茶道裏千家第13代お家元・圓能斎鉄中(えんのうさいてっちゅう)宗室。

 
約100年前のこと、日本で、そして世界でもスペイン風邪が流行していました。

今日の新型コロナウイルスの流行で危惧されているように、

第一波よりも第二波で多くの尊い命が失われた厳しい時代でした。

そのような中で考案された新しいお点前なのでした。

 
裏千家 第14代宗匠 淡々斎 宗室の著書『風興集』の一節も紹介させていただきますが、成程と思います。

「濃茶は一碗の茶を各自喫み回すことが規定でありまして、すなわち親しみを増す意味で大切なことでありますが、時勢の進化に伴い、衛生思想が著しく発達してまいりまして、すでに宴会の献酬、すなわち盃の交換をするさえ問題にされる時代であります。そんな際に、幾ら厳粛な基調の下に行われるお茶にしても、連客の中には、老人もあれば病人もある、また常に在ってはならぬことでありますが、保健上から見ても、最も危険性の伴う人と同席した場合、いわず語らず気が臆して、同一碗で喫み回すことなどの、躊躇せられることもあります。これらのことに心をつけて、客に嫌忌の念を起こさしめないように謀らうのも、亭主の真情でありました、客に敬意を払った真実な所作でありましょう。 」(淡々斎 千宗室著/淡交社)

(ちなみに現在、茶道裏千家のお家元は第16代坐忘斎玄黙(ざぼうさいげんもく)宗室です。)


新しいことをすると批判されるのが常ですが、

それでも歴代のお家元が新しいお点前を考案されるのは、

やはり茶の湯の精神を守っていくためなのですね。

 

茶道だけでなく、今の生活全般において変わってしまった沢山のことがあります。

たとえ様式は変わったとしても、その本質を見失わなわずに大切にしていきたいものです。

Staff T

Everyone who comes to the antique art style building

There are many people who enjoy the tea ceremony,

About “each clothing point”

Did you hear from us?

 

So-called matcha is called dark tea or light tea,

Originally in a solemn atmosphere

The dark tea that everyone on the spot can enjoy

I hear that it is important to deepen the bond in the troupe.

However, it is difficult to have that opportunity in this current world.

 

Even so, in order to inherit the spirit of dark tea

What is being done is “each dressing point”.

 

It was the 13th generation of the tea ceremony Urasenke, Ennosai Tetsuchu, who devised each of the dark tea clothing points.

(Enno Usatechu) This is Somuro.

About 100 years ago, the Spanish flu was prevalent in Japan and around the world.

As feared by today’s epidemic of the new coronavirus,

It was a tough time when more precious lives were lost in the second wave than in the first wave.

 

Urasenke 14th Sect Master Tantansai Sect’s book “Fukoshu”

I would like to introduce it, but I think it is true.

 

“Dark tea is a rule that each person enjoys a bowl of tea, which is important in terms of increasing familiarity, but with the evolution of the times, hygiene ideas have developed remarkably, and already It is an era when even the exchange of sake cups, that is, the exchange of banquets, is a problem. At that time, even if the tea is made under a solemn tone, some of the guests are old and some are sick. There are some, and it shouldn’t always be there, but from a health point of view, if you are present with the most dangerous person, you don’t have to talk about it, and you can enjoy it in the same bowl. Sometimes I hesitate, such as things. It was the owner’s true intention to keep these things in mind and try not to cause dislike to the guests, paying respect to the guests. Let’s be a true act. ”

 

People is always criticized for doing new things,

Still, it is the reason why successive owners devise new points

After all it is to protect the spirit of the tea ceremony.

 

Not only in the tea ceremony, but in all aspects of life today

Even if the style changes

I want to cherish the essence without losing sight of it.
*********************

新しい生活様式にシフトしたことにともない、
思い出の品物を整理しなければならない、

そんな時は古美術風向舎名古屋店までご相談下さい。

出張買取も致しております。

名古屋近郊だけでなく、愛知・岐阜・三重・その他の地域へも伺えますので、
先ずはご連絡をお待ちしあげておます。

古美術風光舎 名古屋店(店舗営業時間10:00~17:00)
052-734-8444

*********************

You  have to organize your memorable items,

In such a case, please contact the antique art style building Nagoya store.

We also do business trip purchases.

You can visit not only the suburbs of Nagoya but also Aichi, Gifu, Mie, and other areas.
First of all, we look forward to hearing from you.

Antique Art Fukosha Nagoya Store (Store business hours 10: 00-17: 00)
052-734-8444

*********************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ