ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

気を付けながら(愛知県名古屋市千種区 古美術風光舎 買取強化中です!)

2021.03.21

春先はただでさえ慌ただしいものです。
昨年は今までにない春ではありました。

今年はそれでも少しずつ少しづつ、
いろんなことが動き始めているのを感じます。

スタッフTはもとよりインドア派なんで(体力がないだけ…?)、
未だに人混みになりそうな場所には出掛けられずにいたりしますが、
緊急事態宣言下の自粛期間中はZOOMやTeamsなんかが日常になり、
そこは便利な世の中になったなぁ、と思ったりです。
(一番最近は茶筅師・谷村丹後先生の「リモート茶筌講座」を受講してみました!
茶道の御社中の遠足で、実際に奈良生駒郡に伺ったことはあるのですが、
バスで2時間は掛かるんですね~大勢様だとそれもまた楽しかったですけどね。
リモートならば一瞬で長距離を越えることが出来ますね。、
すぐ耳元で竹を削る音をじっくりと聞けたり、
また違った良さもあると感じました。)

そして_心待ちにしていた茶道のお稽古が
ようやくと再開されました。
今回、丸二ヵ月はお休みでしたが、
半年以上も経っていたように感じるのですから、
どれだけ待ち遠しかったんでしょうか。

お稽古場の茶室の空気感、
先生にお点前を見ていただく緊張感、
お道具を挟んで交わす言葉の啐啄感(?)

日常と非日常の狭間が
そこにはあると感じます。

以前は午前・午後の枠のなかに、時には時間差で入れ替わりながら
7名程が集うこともございましたでしょうか?
他の方のお点前を見るのも勉強になったものです。
少しの合間に皆さまと近況を尋ね合ったりして
それもまた癒されるひと時でもありました。

それが昨年、一時再開された時から完全予約制となり、
区切られた時間内でのお稽古となりました。
外からお稽古場に入る時はもちろん、
水屋でも、茶巾は使用するごとに消毒液に浸し、
お道具は熱湯消毒、小まめな清拭など
非常に気を使いながらです。

少しずつ少しずつ、
日常が戻って来ますように。

Early spring is already busy.
Last year was an unprecedented spring.

Little by little this year,
I feel that various things are starting to move.

Not to mention Staff T, he’s an indoor sect (just lacking physical strength?),
I still can’t go to places that are likely to be crowded,
During the period of self-restraint under the state of emergency, ZOOM and Teams became everyday,
I think that it has become a convenient world.
(Most recently, I took a “remote chasen course” by Mr. Tango Tanimura, a chasen teacher!
I have actually visited Ikoma-gun, Nara on an excursion during your tea ceremony.
It takes 2 hours by bus ~ It was fun with a lot of people.
If it is remote, you can cross long distances in an instant. ,
You can immediately hear the sound of shaving bamboo in your ear,
I also felt that there was a different merit. )

The long-awaited tea ceremony lesson
It was finally restarted.
This time, I was absent for a full two months,
It feels like it’s been over half a year,
How long have you been waiting?

The atmosphere of the tea room in the rehearsal hall,
The tension that the teacher sees
A beak of words exchanged between tools (?)

The gap between everyday and extraordinary
I feel it is there.

Previously, in the morning and afternoon frames, sometimes with a time lag
Did about 7 people get together?
It was also a learning experience to see other people’s points.
In a short while, I asked about the latest situation with everyone.

When it was temporarily resumed last year, it became a complete reservation system,
It was a lesson within the separated time.
Of course, when entering the rehearsal hall from the outside
Even in Mizuya, the chakin is soaked in a disinfectant solution every time it is used.
Tools include hot water disinfection, small cleaning, etc.
I am very careful.

Little by little, little by little
May everyday life come back.

*********************

引っ越しの季節ですね!

いろいろ揃えた思い出の品も処分しなければならないことも…
そんな時は古美術風向舎名古屋店までご相談下さい。

出張買取もいたします。

名古屋近郊だけでなく、愛知・岐阜・三重・その他の地域へも伺えますので、
先ずはご連絡をお待ちしております。

古美術風光舎 名古屋店(店舗営業時間10:00~17:00)
052-734-8444

*********************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

ページトップへ