ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

紅茶を飲みながら、ふと思いました。(古美術風光舎 名古屋店 買取いたしております)

2021.02.28

 

こんにちは。

スタッフYです。本来は珈琲がすきなのですが、ここのところ違うお茶にチャレンジしています。

今日は、紅茶にしてみました。

なぜ、紅茶にチャレンジしているのかと申しますと、日本生理人類学という学会の論文にて紅茶の香りが

女性の睡眠の質を高めることが明らかになったとのこと。

睡眠の質が良くない自覚がある健常な女性20名を対象に選出し、試験品は、紅茶の香り

(ダージリン紅茶の芳香蒸留水:アロマウォーター)とプラセボに水を用いての実験。

被験者の自宅寝室にて、超音波式ディフューザーを用いて、就寝時に紅茶の香りを揮散させる期間と水を

揮散させる期間の各1週間実施したそうです。

実験結果によると、なんと被検者の平均入眠時間が平均30分が15分以下となっており、睡眠時間も平均30分増えているとのこと。

とまぁ、こんな具合でスタッフYの人体実験が始まりました。

 

 

寝る前に紅茶の香りをかげばよいとのことですが、一旦紅茶派にシフトしてしまいますと、日中も紅茶生活になってしまった次第です。

最近いただいているのは、日本で生産された紅茶。

味覚を文章に落とし込むのは非常に難しいのですが、すっきりとした喉越しで、この紅茶のお里は日本だよねと、わかります。

日本茶の茶葉の記憶が私に沁みついているからでしょうかね、抵抗なく好きでした。

 

日本人と紅茶の出会いは、天皇でも将軍でもなく、意外なことに伊勢の船頭『大黒屋光太夫』という方。

1782年(天明2)12月、伊勢の白子浜(鈴鹿市)の出港し、江戸を目指していたのですが、駿河沖で暴風雨に遭遇し、

ロシアアラスカにある島に漂着します。その時の船積みの荷物が雛人形や、錦の衣装、陶器、金銀の品々だったため、

また、当時ロシアの船長や航海士は上流階級だったため、光太夫も身分ある行商人と誤解されたようです。

来賓待遇だったとか笑。

そこになんと、エカテリーナ二世に日本に帰る直訴ができるチャンスが到来、女帝も何度も光太夫を宮中へ招待して、

光太夫は日本について語ることがあったとか。後に、花柄の描かれたティーカップや&ソーサ―で紅茶でのおもてなしを

受けたとの報告が残っております。

光太夫さん、高価な船積みの荷物のお陰ですごく貴重な体験をされましたね。

 

というわけで、店主から早々にいただきましたホワイトデーのお菓子(ありがとうございます)と共に、

人体実験いやいや、おいしくお菓子と紅茶いただきます。

 

Hello.

This is Staff Y. Originally I like coffee, but recently I am trying a different tea.

I made tea today.

The reason why I am challenging black tea is that the scent of black tea is mentioned in a treatise of an academic society called Japanese Physiological Anthropology.

It has been revealed that it improves the quality of sleep for women.

Selected from 20 healthy women who are aware that their sleep quality is not good, the test product has the scent of black tea.

(Darjeeling black tea aromatic distilled water: aroma water) and placebo with water.

In the subject’s bedroom, use an ultrasonic diffuser to evaporate the scent of black tea at bedtime and water.

It seems that it was carried out for each week during the volatilization period.

According to the experimental results, the average sleep time of the subject was 15 minutes or less from 30 minutes on average, and the sleep time also increased by 30 minutes on average.

Well, the human experimentation of Staff Y started like this.

 

It is said that you should turn off the scent of black tea before going to bed, but once you shift to the black tea school, you will end up with a black tea life during the day.

Recently, I have been receiving black tea produced in Japan.

It’s very difficult to put the taste into the text, but with a refreshing throat, you can tell that this tea village is in Japan.

Perhaps because the memory of the tea leaves of Japanese tea is clinging to me, I liked it without any resistance.

 

The encounter between Japanese and tea is neither an emperor nor a shogun, but surprisingly a person named “Daikokuya Kodayu”, the boatman of Ise.

In December 1782 (Tenmei 2), I left Shirakohama (Suzuka City) in Ise and was aiming for Edo, but I encountered a storm off the coast of Suruga and encountered a storm.

He drifts to an island in Alaska, Russia. At that time, the cargo on board was Hina dolls, Nishiki costumes, pottery, and gold and silver items.

Also, at that time, Russian captains and officers were of the upper class, so it seems that Kotayu was also mistaken as a peddler.

He was treated as a guest, lol.

There came a chance to make a direct appeal to Catherine the Great to return to Japan, and the Empress invited Kotayu to the palace.

She said she had talked about Japan. Later, you can enjoy tea with a tea cup or saucer with a floral pattern.

There are still reports that it was received.

Mr. Kotayu, you had a very valuable experience thanks to the expensive shipping luggage.

So, along with the White Day sweets (thank you) that the owner gave me early

Human experimentation No, I will have delicious sweets and tea.

 

*********************

 

古美術風光舎名古屋店では、愛知県のみならず

伊勢の船頭『大黒屋光太夫』のお里、三重県や岐阜県など他近県にも

出張買取いたしております。

お気軽に、ご相談下さい。

古美術風光舎 名古屋店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ