ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

春はまだ、おあずけですね。(風光舎 名古屋店より)

2021.02.03

 

昨日節分を迎えて、春を少し意識したなぁと思っていたのですが、

今日は朝から名古屋は小雨交じりの小雪が少し。春はまだまだおあずけか…。

と、がっかりしながら出勤しましたスタッフYです。

ですが、日本て季節がたくさんあって、

その季節の移り変わりもたくさんあって、

そこにこそ趣や気持ちを重ねていたのでしょう。次なる季節をたとえた季語がたくさんありますね。

その手の知識は薄いので、今日みたいな日を伝えるべく季語を検索してみました。

 

『春隣』(はるとなり)

晩冬の寒さが緩む日が多くなり、春の訪れを感じる日がおおくなる。春を待ちわびる気持ちに立った季語。

〝はるどなり〟と濁らない読みが控えめで、

「春はあなたのすぐとなりに、さりげなくいるからね」と、伝わってきますね。

春を待ちわびる季語は本当にたくさんあって、検索していましたら

何だか本当に春が待ち遠しくなりました。

 

ですが、本日はこの寒さ。

こちらの古伊万里の湯呑で温かいお茶を飲んでみたいな…と、

思わずこの器を手に取っていました。

春までもう少し。待ちましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ