ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

南天の実に焦る(覚王山 名古屋店より)

2020.12.11

 

こんにちは。スタッフYです。

周りの木々がそろそろ葉を落とし寂しくなった風景の中に、

今年もみつけました朱色の艶やかな南天の実。

(写真がお粗末ですみません)

 

赤い実が、竹や松のお正月飾りにひときわ映える南天。

古くから「難転」の縁起木とされ、江戸時代には、「火災よけ」「魔よけ」として、

多くの家の庭に植えられていました。今も、植えていらっしゃるお宅ありますよね。

南天の文様は、着物や帯のモチーフに使われることも多く、

新春はもちろん、お祝いの席にもお料理に添えていたりしますね。

 

しかし、スタッフYはこんな優雅な気持ちで南天を見ていられない。

毎年、南天の実を見て焦るのです。

南天→年末→クリスマス→年賀状→お掃除→新年の準備→お年玉準備→帰省→

年末年始の食事→お疲れ満載の自分→まだ艶やかな南天

毎年この焦りまくったループだったのですが、

今年はいつもと違った年末年始となりそうなので、

この南天に申し訳ない『南天ループ』を解除しようと思います。

 

名古屋店スタッフY

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ