ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

駆け込みで古代エジプト展へすべりこみました。(覚王山 名古屋店より)

2020.12.07

 

 

こんにちは。スタッフYです。
すっかり忘れてたんです。名古屋県美術館で開催の古代エジプト展のことを。
皆様は、もう行かれたことと思います。
スタッフYは、最終日最後の予約時間帯にギリギリ滑りこむという、計画の無さを発動。

 

今回は、ライデン国立古代博物館(オランダ)所蔵のミイラやそれに纏わる品々、
そして、最新のCTスキャン技術の解析の資料などを堪能してきました。
ミイラもさることながら、ミイラの棺の中をじっくりみることができました。
棺には、おさめられた方への供養のための装飾や文字、

その方の在りし日の職業や行いがヒエログリフで書かれており、

文字や装飾の色がまだ鮮明に残っているのをみると、

よくぞここまで残っていたなと感動すら覚えます。

 

ミイラの中には、職業『主婦』という方もいらして、当時にもいらっしゃったのですね主婦。
このミイラに埋葬された方も紀元後2000年に、遠路はるばる海を渡って
海外旅行するとは夢にも思わなかったことしょうね。

しかし、古代エジプトと一言に行っても、紀元前3000年から紀元前30年と、
気の遠くなる歴史。
クフ王のピラミッドの時代とクレオパトラの時代とは、2000年以上も年代が違うとは、
また歴史のお勉強をせねばです。

そんな歴史に圧倒されたにもかかわらず、
展示の最後のあたりになると、どうも感覚がおかしくなって

紀元前30年くらいの展示物に『あ、これはまだ新しいんだね。』
と、おかしなことを言ってしまいました笑。申し訳ございません。

 

名古屋での開催は終わりましたが、

次は12月19日より静岡市美術館での開催となります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ