ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

器局(風光舎 名古屋店より)

2020.12.05

 

皆さま、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。

 

今日は、この風光舎にある器局についてお話しします。

この器局は、清朝末期に作られたものだそうです。

 

清の期間は、日本でいえば、安土桃山時代から、江戸・明治時代にかけてでしょうか。

中国最後の王朝として有名ですね。

映画「ラストエンペラー」をご覧になった方も多いのではないでしょうか。

 

 

この器局が名古屋店にやってきたときから、堂々と書かれているその言葉が、気になって気になって…います。

翻訳機などを使って、何度も読み解こうとしていますが、難しいです。

 

器局は、茶道具を展示する用途で用いられますが、大切な品を飾ることもできます。

 

お近くにお越しの際には、ぜひ一度、ご覧になってください。

 

 

私は諦めずにもう一度、この文字について考えてみようと思います。

友人にも聞いてみようかなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

ページトップへ