ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

ミステリーで脳を活性化⁈(千種区 名古屋店)

2020.11.24

 

皆さま、こんにちは。名古屋店スタッフ I です。

三連休も終わり、徐々に冬の到来を感じる今日この頃ですね。

 

読書好きの方、今秋はどのような本を楽しまれたでしょうか?

今年はイギリスを代表する作家、アガサ・クリスティーの生誕 130周年のアニバーサリーイヤーです。

”ミステリーの女王” が56年の作家生活を通じて発表した長編小説は60作以上。

中、短編は150作を超えるそうです。

それらの多くが舞台化に加えて、映画やテレビで映像化されているのは皆さまご存知の通りです。

 

映画では前作『オリエント急行殺人事件』が記憶に新しいところですね。

映画人にもアガサのファンは多いらしく、「スターウォーズ/最後のジェダイ」の

ライアン・ジョンソン監督も大ファンのひとりとのこと。

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』(2019年)を生み出したのも、彼女の著作に影響を受けたと知り、スタッフ I は納得です。

 

映画界の話題作も公開延期が相次ぎ、まさに波乱の年になった2020年。

来年公開を控えている新作『ナイル殺人事件』は、今回2度目の映画化です。

旅好きだった原作者クリスティーは、世界中の多くの名所を舞台にしてミステリーを紡ぎました。

新作の舞台は、史上最も古い文明を生んだ地のひとつとして知られるエジプト。

同地でロケを敢行した本作では、有名な遺跡など荘厳な佇まいをそのまま収めているとのこと。

海外旅行もままならぬこのご時世、

せめて映画館でエキゾチックな旅情を体感できるといいですね。

そしてアガサの名作を読み返すおうち時間も、頭の体操に一役買ってくれるでしょう♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ