ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

日本刀登録審査会(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取 古美術風光舎名古屋店)

2022.07.19

皆さま、こんにちは。スタッフNです。

 

先ほど昼ご飯を買いに行ったのですが、大雨により太ももまで水につかったかのようになって帰って参りました。

しかも、傘をさしているのに頭と肩が濡れておりまして、どうやらお気に入りの傘に穴が開いているようでございます。

さらに、周りの視線が気になると思い手元を見てみると、先ほど買った、かに玉が風で垂直になっておりました。

只今扇風機で乾かしておりますが、夏なのにとても寒いです。

普段は寒がりで扇風機もつけないのですが、こんなところで役に立つとは。

こんなに雨が続くなら、レインブーツを買うのもありかもしれません。

皆さまも急な温度変化、大雨にお気を付けください。

 

さて、先日貴重な体験をしてまいりました。

 

皆さま、刀剣の登録審査会というのをご存知でしょうか?

 

 

 

銃砲刀剣類登録証のない日本刀の所持や譲渡、売買は禁止されており、そのままではご実家から発見された日本刀をそのまま所持することも売ることもできません。

そんな刀たちをプロに見てもらい、登録するところなのですが、何も知らずについてきたNは、わくわくでございました。

 

広々とした会議室に数十組の一般人、その奥に刀をたたいて調べているプロのおじい様方。

中には何十本と日本刀を担いでいる方もいらっしゃり、異様な雰囲気でございました。

私、役所かどこかに行き、紙を書いて提出するだけだと勘違いしておりました。

 

古いもののため、中々開けず何分も格闘してやっと出てきたもの、審査の途中でもさやが割れてしまったものなど、審査会の方からしたら日常茶飯事なのかもしれませんが、Nはハラハラドキドキしながら見ておりました。

待つこと数分、私たちの番になり、奥の机へ。

登録とり5cm寸法が違ったとのことですが、昔は適当だったので、このような間違いがよくあるそうです。

市役所のお兄さんが隣のビルまで書類を探しに行ったり、ばたばたしてやっと登録することができました。

何十年も前の登録なので、ネットにも情報がなく紙で保存されている中から探すのは、さぞ大変だっただろうなと思います。

これでまた情報がない、刀が違うとなると全国照会するそうで、今回は寸法違いですんでよかったです。

刀を審査していただいている間、距離もございますし、プロだとわかっていながらも、審査員の方が刀の向きを変えるたびにハラハラしてよけてしまいました。

ここには何本刀があるんだろう、もし、変な人が来て切りあいになったらどうしよう、と待ち時間が長くなるにつれて、よからぬことも想像してしまいました。

刀と言えば、祖父の家のテレビの前に象牙と日本刀が飾られており、レプリカだと思っていたのが、実は本物だった、という出来事がありました。

祖父が亡くなって処分したそうですが、今頃どこにあるのか、何の刀だったのか気になります。

そういえば、刀剣乱舞というゲームも人気ですよね。

私もミュージカルが無料放送されていたのを見たのですが、イケメンと刀とコスプレと歴史が融合しておもしろくて、これはハマってしますのもわかるなーと思ってしまいました。

古美術男子も作ってほしいと一瞬思ったのですが、壺を持って踊るのはなんか違いますね(笑)

「蔵の整理をしていたら日本刀が出てきたけど登録証が見当たらない」「実家の整理をしていたら押入れの奥から未登録の日本刀が出てきた」「亡くなった父の遺品整理をしていたら登録証のない日本刀が出てきて困っている」という方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。

 

ではでは

 

Hello everyone. This is Staff N.

 

I went to buy lunch earlier, but I came back as if my thighs were soaked in water due to heavy rain.

What’s more, my head and shoulders are wet even though I’m holding an umbrella, and it seems that my favorite umbrella has a hole.

Furthermore, when I looked at my hand, thinking that I was worried about the line of sight around me, the crab ball I bought earlier was vertical due to the wind.

I’m drying it with a fan right now, but it’s very cold even though it’s summer.

I usually don’t turn on the fan because it’s cold, but it’s useful in such a place.

If it keeps raining like this, you might buy rain boots.

Please be careful of sudden temperature changes and heavy rain.

 

Well, I had a valuable experience the other day.

 

Do you know the sword registration examination committee?

 

It is prohibited to possess, transfer, or sell Japanese swords without a gun sword registration certificate, and you cannot own or sell Japanese swords found in your parents’ home as they are.

I’m about to have a professional look at these swords and register them, but N, who came with me without knowing anything, was excited.

 

 

Dozens of ordinary people in a spacious conference room, and professional grandfathers who are investigating by hitting a sword in the back.

There were dozens of people carrying Japanese swords, and it was a strange atmosphere.

I misunderstood that I would just go to the government office or somewhere and write a piece of paper and submit it.

 

 

Because it is an old one, it may be a daily occurrence from the judging committee, such as the one that I could not open in the middle and struggled for several minutes and finally came out, the one that the pod was broken even in the middle of the examination, but N is throbbing. I was watching while watching.

After a few minutes of waiting, it was our turn to go to the desk in the back.

It is said that the 5 cm dimension for registration was different, but since it was appropriate in the past, it seems that such mistakes are common.

The city hall’s older brother went to the next building to look for documents, and was finally able to register by fluttering.

Since it was registered decades ago, I think it would have been difficult to find it from the information stored on paper without information on the Internet.

There is no information again, and if the sword is different, it will be inquired nationwide, so I’m glad that the dimensions are different this time.

While I was judging the sword, there was a distance, and even though I knew that I was a professional, the judge got rid of it every time I turned the sword.

I wondered how many swords there are here, and as the waiting time became longer, I imagined that I wouldn’t know what to do if a strange person came and had a break.

Speaking of swords, ivory and Japanese swords were displayed in front of the TV at my grandfather’s house, and what I thought was a replica was actually the real thing.

I heard that my grandfather died and disposed of it, but I’m wondering where it is and what kind of sword it was.

By the way, the game Touken Ranbu is also popular.

I also saw the musical being broadcast for free, but I thought it was interesting that the good-looking guy, the sword, the cosplay, and the history were fused, and I couldn’t understand that I was addicted to it.

For a moment I wanted to make an antique art boy, but it’s something different to dance with a jar (laughs).

“When I was organizing the warehouse, a Japanese sword came out, but I couldn’t find the registration certificate.” “When I was organizing my parents’ house, an unregistered Japanese sword came out from the back of the closet.” If you have a problem with a Japanese sword without a registration certificate, please feel free to contact us.

 

See you soon

 

*********************

 

このところ、整理やお片付けなどをされている方のご相談などが多くございます。お暑い日が続きますのでくれぐれもご無理のないように、なさってくださいませ。風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

また風光舎は、出張買取も強化しております。ご近所はもちろん、愛知県内、岐阜県、三重県その他の県へも出張いたします。

まずは、お電話お待ちしております。

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ