ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

陶芸作品を見に岐阜へ…(名古屋市千種区姫池通 骨董買取いたします 古美術風光舎名古屋店)

2021.10.16

皆さま、こんにちは。

Hello, everyone.

 

 

少し前に岐阜県多治見市にある「セラミックパークMINO」に行ってきました。

主に陶芸に関わる作品やイベントが開催されている施設です。

陶芸にはあまり興味はありませんでしたが、チケットを頂いたのでせっかくなら行こうかなと思い行ってきました。

 

「国際陶磁器フェスティバル美濃’21」と岐阜県現代陶芸美術館の「台湾現代陶芸の力」を見てきました。

しっかりと展示作品も見てきたのですが、それ以上に衝撃を受けたのは建物です。すごく広々としていて驚きました。

建物内も広いのですが、屋外がとても広く余裕のある空間でした。景色も良く、展望台もあり(登りませんでしたが)、自然に囲まれているからできることだなと思いました。

都市から少し外れた場所にある美術館(施設)はだいたい広くて余裕のある作りですよね。

施設内ももちろん美しいですが、特に屋外が魅力的なように感じます。

 

I went to “Ceramic Park MINO” in Tajimi City, Gifu Prefecture a while ago.

It is a facility where works and events mainly related to ceramic art are held.

I wasn’t very interested in ceramic art, but since I got a ticket, I thought I should go.

I have seen “International Ceramics Festival Mino ’21” and “The Power of Taiwanese Contemporary Ceramics” at the Museum of Modern Ceramic Art, Gifu Prefecture.

I have seen the exhibited works firmly, but what was even more shocking was the building. I was surprised that it was very spacious.

The inside of the building is large, but the outdoors were very spacious and spacious. The scenery is good, there is an observatory (I didn’t climb it), and I thought it was possible because it was surrounded by nature.

The museums (facilities) located a little outside the city are generally large and spacious.

The inside of the facility is of course beautiful, but I find the outdoors particularly attractive.

 

 

当日は天気も良く、雲がもくもくとしていました。

写真のように周りは木に囲まれているので空気もおいしい(はず)です。

屋内より屋外のスペースの方が広いような気もしましたし、それくらいの開放感があります。

施設が広いので、もちろん一日で施設すべて見ました!とはいかず、天気も変われば見える景色も変わると思うので何度行っても楽しめそうな気もします。ただ個人的には歩き疲れるかも…と思ったり…。

 

The weather was fine on that day, and the clouds were cloudy.

As you can see in the picture, the air is delicious (should) because it is surrounded by trees.

I felt that the outdoor space was larger than the indoor space, and I felt that much openness.

The facilities are large, so of course I saw all the facilities in one day! However, I think that the scenery you can see will change if the weather changes, so I feel like you can enjoy it no matter how many times you go. However, I personally think that I may get tired of walking …

 

 

陶磁器もたくさん見てきました。

「国際陶磁器フェスティバル」というだけあって、色々な国の作家さんたちの作品がありました。

少し物珍しい作品があり作者を見てみると海外の方だったり、そういう発見の面白さもありました。

食器のような日常的なものから作品です!と言わんばかりの迫力や繊細さのあるものまで幅広くありました。

 

I have also seen a lot of pottery.

As it was called the “International Ceramics Festival”, there were works by artists from various countries.

There was a slightly unusual work, and when I looked at the author, I found that it was from overseas, and that kind of discovery was also interesting.

It is a work from everyday things like tableware! There was a wide range of things that were as powerful and delicate as they were.

 

 

こちらの写真の作品は、暗めの部屋でライトアップした状態で展示されていたものです。

どうやって作ったんだろう…というものもあり面白いです。陶芸についてあまりよく知りませんが、見て楽しめるものが多かったので十分に楽しめました。

 

The work in this photo was exhibited in a dark room, lit up.

I wonder how it was made … It’s interesting. I don’t know much about ceramic art, but I enjoyed it enough because there were many things I could enjoy watching.

 

 

 

上から吊るされているものもありました。

小さい食器サイズのものから、自分より全然大きいものがあったり…。

途中で係の方が一つの作品について少し説明をしてくれたのですが、確か銀賞をとった作品に男性用の便器が使われているようでした。

とにかく本当に幅広かったです。

 

Some were hung from above.

From small tableware size to something bigger than me …

The person in charge explained a little about one work on the way, but it seems that men’s toilet bowls are used for the work that won the silver prize.

Anyway, it was really wide.

 

 

こちらはタイトルが「ヴィーナス」だったのですが、そのタイトルを見なくても女性的なイメージがこちら側にも伝わってきました。

 

The title of this was “Venus”, but even if I didn’t look at the title, the feminine image was transmitted here as well.

 

 

岐阜県現代陶芸美術館では、国際陶磁器フェスティバルとはまた違った作品がありました。

 

それを考えると、セラミックパークMINOに行ってわたしは想像以上にたくさんの陶芸作品を見ることが出来たのだなと思いました。

施設にあるショップでは陶磁器も買うことができます。本当にどれも素敵で欲しくなってしまいました。

わたしの行ってきた展示はすぐに期間が終了してしましますが、展望台があったり眺めが良かったりで、いつ行っても楽しめるのではないかなと思います。

もしご興味のある方はぜひ行かれてみて下さい。

 

At the Museum of Modern Ceramic Art, Gifu, there was a work that was different from the International Ceramics Festival.

With that in mind, I thought that I was able to see more ceramic works than I had imagined when I went to Ceramic Park MINO.

You can also buy pottery at the on-site shop. I really wanted them all to be nice.

The period of the exhibition I went to will end soon, but I think that you can enjoy it whenever you go because there is an observatory and the view is good.

If you are interested, please go.

 

*******************

 

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ