ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

金木犀の香り(愛知県名古屋市千種区姫池通 骨董買取いたします 古美術風光舎)

2021.10.09

皆さま、こんにちは。

 

 

最近ふと気づいたのですが、いつも香ってくる金木犀の香りがなくなっていました。

金木犀の木を見上げてみると、もう花が散っていました。早いですね。

短い間でしたが、金木犀の香りを浴びながら過ごし、少しだけリラックスすることができました。

個人的には金木犀の香りが好きなので、もう散ってしまって残念ですが、短いからこそ恋しくなるんですかね。

金木犀の香りの香水やお香、ハンドクリームなどが季節の商品として店頭に置かれているところは見たことはありますが、買ったことはありません。本当に金木犀の香りが好きでたまらない人はきっと購入されるのでしょう。

ですが本物には敵わないような気もします…。

 

歩いている時に予期せずふわっと香ってくる甘い香り…まるで美味しいパン屋さんの前を通った時に美味しそうな匂いがする現象と同じですね。

 

ですが、好き嫌いは別れるものでこの金木犀の甘い香りが嫌いな方もいらっしゃるようですね。

この甘い香りで気持ち悪くなったり、頭痛がする方も…。多くはトイレの香りみたいで嫌いと思う方々ですかね?

わたしはトイレ???と思うのですが、昔は今のように下水道が整備されておらずトイレが悪臭を放っていたようで、その臭いを消すために強い香りの金木犀が実際に使われていたそうです。

1970年代から1990年代前半まで金木犀が主流で「トイレの香り=金木犀の香り」になっていました。

正直、このイメージが定着してしまっている人は金木犀の香りがしたらトイレを思い出してしまうのでなんとも言えないですよね…。

 

他にも金木犀の香りを好まないのが昆虫です。

金木犀の香りに含まれる「γ-デカラクトン」という成分が昆虫を寄せ付けないようにするようです。アブラハムやダニ類、モンシロチョウなどを寄せ付けないことが分かっているのですが、唯一ホソヒラタアブというアブだけはこの香りの成分を好むそうです。

ちなみにγ-デカラクトンは甘いモモの香り成分で、ベリー類や乳製品などに含まれている成分だそうです。

 

 

また、金木犀を使った桂花茶というお茶もあるそうです。金木犀の香りを楽しみながら、金木犀に含まれる「オレキシン」という成分で食欲を抑えることが出来るかもしれませんね。

その他にも金木犀の花が入った金木犀ジャムや、料理に金木犀の花びらをまぜて和食などに甘味として加える方法もあるそうです。でも、金木犀の香りが嫌いな人(トイレを思い出してしまう人)からしたらとんでもないことですよね…。

 

そして、金木犀は中国原産の木なのですが、中国では金木犀を白ワインに着けて熟成させた桂花陳酒というお酒が有名です。

このお酒は世界三大美女と言われている楊貴妃が好んで飲んでいたという言い伝えがあることから、美容にいい、アンチエイジングの効果が期待できるなどと言われているそうです。

実際のところどうかは分かりませんが…。

楊貴妃になってみたい方は、試してみてはどうでしょうか?

 

今年は金木犀が早く咲き、早く終わってしまったように感じます。

少し名残惜しいのですがまた来年忘れた頃にきっと香ってくるのでしょう。楽しみです。

まだご近所に金木犀の香りが続いている方はぜひ癒されてきてくださいね。

 

Hello, everyone.

 

Recently, I suddenly noticed that the scent of Kanagi sardine, which is always fragrant, has disappeared.

When I looked up at the Kanagi-sai tree, the flowers were already scattered. It is early.

Although it was a short time, I was able to spend a little time relaxing while bathing in the scent of Kanagi.

Personally, I like the scent of Kanagi sashimi, so it’s a pity that it’s already scattered, but I wonder if it’s because it’s short that I miss it.

I’ve seen perfumes, incense, and hand creams with the scent of Kanagi sardines placed in stores as seasonal products, but I’ve never bought them. If you really like the scent of Kanagi, you will surely buy it.

However, I feel that it is not comparable to the real thing …

 

A sweet scent that unexpectedly scents when you are walking … It’s the same phenomenon that you smell delicious when you pass in front of a delicious bakery.

 

However, it seems that some people dislike the sweet scent of Kanagi-sai because their likes and dislikes are different.

For those who feel uncomfortable or have a headache with this sweet scent. Many people don’t like the scent of the toilet, right?

Am I a toilet? ?? ?? I think that, in the old days, the sewerage system was not maintained and the toilet seemed to give off a foul odor, and it seems that a strong scented Kanagi sardine was actually used to eliminate the odor.

From the 1970s to the first half of the 1990s, Kanagi scent was the mainstream and became “toilet scent = Kanagi scent”.

To be honest, people who have established this image will remember the toilet when they smell the scent of Kanagi, so I can’t say anything.

 

Insects also do not like the scent of Kanagi.

It seems that the component “γ-decalactone” contained in the scent of Kanagi sardine keeps insects away. It is known that Abraham, mites, and cabbage white butterflies are repelled, but it seems that only the marmalade hoverfly, Abu, prefers this scent component.

By the way, γ-decalactone is a sweet peach scent component, which is contained in berries and dairy products.

There is also a tea called Keikacha, which uses Kanagi sashimi. While enjoying the scent of Kanagi-sai, you may be able to suppress your appetite with the ingredient “Olexin” contained in Kanagi-sai.

In addition, there is also a method of adding Kinmokusei jam containing Kinmokusei flowers and adding Kinmokusei petals to Japanese food as a sweetness. But for those who don’t like the scent of Kanagi (people who remember the toilet), it’s ridiculous …

 

Kanagi-sai is a tree native to China, but in China, a liquor called Keika Chenshu, which is made by aging Kanagi-sai in white wine, is famous.

There is a legend that Yang Guifei, who is said to be one of the three beauties of the world, liked this sake, so it is said that it is good for beauty and can be expected to have anti-aging effects.

I don’t really know if …

If you want to become Yang Guifei, why not give it a try?

 

I feel that Kanagi 犀 bloomed early this year and ended early.

It’s a little regrettable, but I’m sure it will smell when I forget it next year. I’m looking forward to it.

If you still have the scent of Kanagi 犀 in your neighborhood, please be healed.

 

************************

 

少しずつ涼しくなってまいりました。

何をするにもいい季節にお家のお片付けをされていらっしゃる方も

おいでではないでしょうか。

生活様式の変化とともに、大切なお品を整理されている方も多いことと思われます。

ここ風光舎では、古美術品や骨董品の他にも絵画や宝石、趣味のお品など様々なジャンルのものを買受しております。

お片付けをされていて、こういうものでもいいのかしらと迷われているものでも、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

 

風光舎は、出張買取も強化しております。

愛知県内はもちろん、岐阜県・三重県その他の県へも出張いたします。

どんなにご近所の方でもお伺いできますので、まずはお電話お待ちしております。

 

 

愛知県名古屋市千種区・骨董 買取

『古美術 風光舎 名古屋店』

TEL 052(734)8444

10:00-17:00 OPEN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

その他の買取地域はこちらをご覧ください。

ページトップへ