ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

一輪の花が与えてくれるもの(名古屋 覚王山より)

2021.01.28

 

瀬戸焼のこの豆皿。

(画像中央・白地に藍の3枚です)

とても小さい器ながら、健気に朝顔を咲かせています。

 

朝顔つながりとして、利休のエピソードからひとつ__

『利休の庭に朝顔が見事に咲いているとのことで、秀吉は楽しみに出かけた。

ところが、庭には朝顔がまったく見当たらない。

興ざめな思いで茶室に入ったところ、色も鮮やかな一輪だけが床の間に飾ってあった。

秀吉は上機嫌になり、利休はたいそうな褒美を頂戴した。』

(利休の逸話は数あれど、確かな史料は多くないそうですが…)

 

たとえ一輪のお花でも、ひとの気持ちを和ませる雰囲気を持っているのは、いつの時代も変わらないことですね。

ちょっとしたほっこりエピソードで、寒い日でもおだやかに過ごせますよう。。

 

スタッフ I

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

ページトップへ