ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

様々な九谷焼(風光舎 名古屋店より)

2021.01.17

 

こんにちは。本日は、少しひんやりしますね。

先日に引き続き多様性を比較していただこうと、九谷のお皿を搭載してみました。

こちらは、幕末に作られた九谷焼(再興九谷)のお皿。

こちらは、昨日のお皿と打って変わって、豪快で潤達な線書きの上に

そうそう九谷ってこれよね、といった五彩で施されたお皿ですね。

スタッフYの実家は金沢の近辺なのですが、そういえば普通に日常使いの

古い九谷焼でした。

お皿の柄に盛り込まれた色柄がたくさんあって、

それぞれ手描き故に少しずつ違っている絵柄をみながら、

ときに笑いながら食事をしています。

 

昨日搭載のお皿とまた違った九谷焼、見比べてみてください。

 

***********************

ご自宅のお片付けの際に、行先に迷われたお品などございましたら、

お気軽にご相談下さい。

古美術風光舎 名古屋店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

ページトップへ