ブログ

Blog

FROMKYOTOOSAKA

李朝家具の愛されポイント(覚王山 名古屋店より)

2020.12.13

こんにちは。そろそろ年末のお掃除も気になってきた方いらっしゃる

のではないでしょうか。『いや、まだ大丈夫よ。』

と、高をくくっているスタッフYです。

 

 

一時、李朝家具が気になった頃がありました。

いつ頃だったでしょうか、ちょうどチャングムのテレビ放送に

ハマったころだったでしょうか。

15年くらい前小さな李朝家具を購入したのですが、

意外とどんなテイスト、年代のインテリアにも合うことに気が付きました。

そう、今でも。

しかも、李朝家具は韓国のオンドルの生活様式ゆえに

この家具もそうですが、

足があるものが多く、これがお部屋のポイントとなったり、

なにより掃除しやすいという優秀さ。

また、こちらの材は松材と思われますが、

李朝家具、材もデザインも多種多様。

『なるほど、昔はこうやって使っていたのね。』

と、昔ながらの生活を偲ばせる作りがくすっと笑わせてくれたり、

李朝家具の愛されポイント、まだまだ語りつくせません。

 

年末のお掃除などで、どうしようかと悩まれている

品々などございましたら

お気軽に、古美術風光舎に名古屋店へご連絡ください。

 

名古屋店スタッフY

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出張査定可能エリア

ページトップへ